スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『フィクサー』-淡々とした話
Michael Clayton

この映画で良かったのは、悪者であるカレン(ティルダ・スウィントン)を同情できるキャラにしたことじゃないでしょうか。痛々しいほどに緊張しちゃって、脇の下にじっとり汗かいて。大体、自分の会社が悪いことしているとわかっていながら平然と世間に嘘をつき通すというのは、そうとう神経図太くないとできないんだろうな。

フィクサー
dvd on amazon.com
Produced: 2007
Directed by: Tony Gilroy
Writing Credits: Tony Gilroy
Cast:
Arthur Edens: Tom Wilkinson
Marty Bach: Sydney Pollack
Karen: Tilda Swinton
Michael Clayton: George Clooney
大きな訴訟を抱えるほどの敏腕弁護士でありながら逆噴射してしまうアーサーを演じるトム・ウィルキンソンも熱演でありました。こちらも、悪者の弁護をしているというのが耐えられなくなったのか。しかし、年齢から言ってかなり経験があるのではと思うし、逆噴射の理由が良くわからない。原告団の一人である女の子にホレたのか?どちらにしろ、アーサーは、「もう汚いことをしたくない」という限界に達したのかしら?という印象を受けました。

アーサーの所属する弁護士事務所の経営者(っていうの?)であるマーティ・バック(シドニー・ポーラック)は、私のお気に入りのキャラでした。感じのいい初老のおじさんで、若い頃はそれこそ、キリキリ、ガンガン働いてきたのだろうけど、今はいいおじいちゃんで、弁護士事務所の合併だかの心配していて、部下であるマイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニー)にさらっと大金貸してくれたりとか。

で、そのマイケル・クレイトンなんですが、弁護士事務所のフィクサーという仕事・・・。「もみ消し屋」という日本語を当てているのを見ましたが、イマイチわからんかった。冒頭にこのフィクサーがなんたるかを説明するためのエピソードがあって、議員だかなんだか、弁護士事務所の大口の客が、ひき逃げをしてしまい、それの「もみ消し」にマイケル・クレイトンが駆り出されるのだが、議員に警察へ行った方がいい、と勧めていた。なんかこの状況ではそれしか手はない、みたいな。これも一種のもみ消しであるわけなのかな、ひき逃げの。

この映画に関しては、邦題の方が興味が沸きますね。原題の『マイケル・クレイトン』では、観ようとは思わなかった。しかしどちらにしろインパクトの強い映画ではなく、なんだか地味さがTVドラマみたいで、俳優さんたちはいいのだけれど、ストーリーに余り緊張感がなかった。マイケル・クレイトンが40代半ばにして借金を背負い、仕事嫌いでギャンブルにハマっている、という哀愁はあるのだけど、なぜか感情移入できないキャラなのよね。

Key Words 
映画 フィクサー トニー・ギルロイ ジョージ・クルーニー トム・ウィルキンソン ティルダ・スウィントン
見た映画の感想 | コメント(0) | 【2008/04/05 23:15】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: ローラ・リニー~映画偉人伝その50 ~
NEXT: 『アンダーカヴァー』-スルーして構いません

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。