スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
親バカみたいなもん?-アイボリー・ゲートのCD
Beginning 1981 - 1987 & 2005 Underground Live Bootleg / Ivory Gate

ivory gate
Disc1
1. LIKE A MIDNIGHT SUN
2. NEW DAY
3. THE MEMORY
4. TIME IN YOUR LIFE
DISC2
1. NEW FRONTIER
2. MOUNTAINS~LIKE A MIDNIGHT SUN
3. NEW DAY
4. THE GLASS BALL


Van Halenのライブ・レポートを書いたとき、私はデイヴ・リー・ロスのせいでアメリカに来てしまったと言ったけど、このアイボリー・ゲートにもかなりの責任がある。今、16、7の思春期のみなさん・・・この時期に出逢う人達とは一生切れませんから、人を選んで付き合うんですよ・・・・。アメリカのおばちゃまからの忠告です。当時、ロックもメタルも、男も夜遊びも、全てが処女だったこのアタシを、マッハの速さで悪の世界に引きずり込んだバンド・・・・・

あの頃、ラウドネスはすでにメジャー・デビューを果たし、ジャパメタの先駆けとして君臨していたんですけど、私は「見た目と曲はメタル、歌は歌謡曲(下手すっと演歌)」みたいなジャパメタ大嫌いで、日本のバンドはほとんど関心なかった。そりゃー、アタシは白人文化崇拝の気があるからしょーがないんだけど、でもさあ、100%日本語の曲って逆にほとんどないでしょ?みんなサビの一番カッコいいところは英語で歌ってない?

私はなんでも極端なんで、そーゆう中途半端なことするなら全部英語で演れよ!と言う発想だったわけなんですが、そんな私のフェチを満たしてくれるバンドだったな、ゲートは。全部英語の歌、バタ臭い顔のメンバー、湿り気のない乾いたサウンド、テクよりフィーリング重視のギター・・・・・衣装も当時出てきたスパンデックスとかじゃなくて、クリーム色のベストとベルボトムとか(爆)!フリンジ付きで(爆)!、逆に今ならカッコイイかもしんないけど、80年代当初は、かっこいいかどうかは置いといて、他のジャパメタとは一線を画していたなあ。

で、この2枚組みCDのDisc 1は、81年に自主制作されたLike A Midnight Sun / Time In Your Lifeが入っているんですけど・・・・・今聴くと

「なんでそんなに入れ込んでたのよ?!」

って感じで、当時ものすげーと思っていたのを考えると、歌も英語も演奏も・・・・騙されたか!!だいたいさー、なんであの頃ゲートってツェッペリンみたいって言われてたん?どの辺がツェッペリンなんだろうか?ギターソロに「ぴきっぴきっ」とピッキングし損ねた音がたくさん入っているからか?あの頃、速弾きテクニカル・ギタリストが大流行だったから、Rommyのギターはペイジのように「上手くないけど、味がある」ギターだったからか?(だったのか?!)

とにかく、超すげえバンドだと思っていたもんだから、今、このCD聴いて「へっ?」って感じよ。歌に問題あり、ってのは当時からも言われていたことなんだけど、バンド自体問題ない?!録音技術のせいもあろうかとは思いますが、あの頃超パワー・ドラムだと思っていたレオのスネアの音が結構しょぼいとかさ。(Like A Midnight Sunの「ちゃららら ららららら」のあとに「たんっ!」って入るのがしょぼい)

それと、この一枚目には、Jayが抜けて一時解散した後、87年にRayをボーカルに迎えて発表したLP、New Frontierからも2曲入ってるんだけど、驚いたのは、スタジオ録音で聴くとJayとRayの声に見分けつかないの。Rayが入った時のライブ観に行って、コーフンし過ぎてベース側のモニターぶっ壊しそうになったアタクシですが、

「やっぱりゲートはJayじゃなくっちゃ・・・・Rayなんかダメよ~」

と思っていたのに、今聴くと全然違わねーじゃん。(レベルも一緒なのよ!)

あと、この頃流行だったシンセかなんか鍵盤モン入れてんだけど、今聴くと笑う。似合わねー。まー歴史あるバンドだからいろんなこと演ってる時代があるもんですが、この鍵盤もあんまり上手くないところが味ですな。

Disc 2は2005年のクロコダイルでのライブなんですけど、これ、生で観たらいいのかもしれんけど、録音がラジカセで一発録りっぽくって、パワーあるという言い方もできるんですが、最近は素人さんの録音技術も上がっていることを考えると「ちょっとなんとかならない?!」って感じです。

それと、今はボーカル特にいなくって、トリオで演ってるみたいだけど、ちゃんと歌専門の人がいたら、格段に良さそうだなあ、とちょっと残念。

なんてさー、今んなって冷静に聴いて批評してもしょーがないわよね。やっぱりどのバンドも旬の時期があって、あの頃のゲートは勢いあったんだろうなあ。ライブなんかすっげー楽しくて、毎回通ってたし。

お、べいべ、しぇいきん、しぇいきん、しぇいきん、なんちゃら~

って曲でファンをステージに上げて踊らしたりとかさ。ゲート命だったもん。もし入れ墨流行ってたら、若気の至りで、背中一杯に『Ivory Gate』なんて入れちゃって、一生後悔してたかもな。

まーとりあえず、とんでもないCDなんすけど、色々言っても、アタシはやっぱりファンだったんだなーと思ったけどね。だってTime of Your Life聴いて泣いちゃったもん。英語は稚拙だし、歌もめちゃ下手だし、感動的なハズないのだけど、ファンなのよ。親バカみたいなもん?ああ~Jayどうしてるかなあ。もう一度会いたいなあ!

Ivory Gate Info
3月18日、渋谷のクロコでギグだそうです。
日本にいたら、行きたいよ~!誰かあたいの代わりに行ってやってください!



Key Word
ロック アイボリー・ゲート アイボリーゲート
HR/HM | コメント(11) | 【2008/03/08 21:28】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 白人至上主義って日本人だけじゃない?!-Blind Dating
NEXT: 手間ヒマかけた良質のコメディです『俺たちフィギュア・スケーター』

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
全然知らないなぁ、このバンド。
まぁ、日本のバンドって全然知らないんですが……(^_^;)
でも、そんだけ入れ込めるバンドがあるっていいですよ。確かに後で冷静になるとちょっと考えちゃいますけどね(笑)
【2008/03/11 17:26】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/03/15 20:01】 | #[ 編集] | page top↑
まーちゃん、

いやー、このバンドはねー、本当に特別なんですよ。考えてみるとすごく短い期間だったんですけど、大好きだったから。(遠い目)
【2008/03/16 03:43】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/05 11:26】 | #[ 編集] | page top↑
センター街の屋根裏が懐かしいね。
【2009/04/17 03:18】 URL | tokyorose #-[ 編集] | page top↑
Tokyoroseさん、

どなたかわかりませんが、私の知ってる人かしら?

そうなんです!良く、ロンドンの客引きのお兄さんにうとましがられました。
【2009/04/17 03:59】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/10 22:43】 | #[ 編集] | page top↑
アイボリーゲート、最高!
こんなバンドが、日本にいたなんて!
【2011/06/10 23:45】 URL | NOB #-[ 編集] | page top↑
NOBさん、

今読むと、ひっでーこと書いてるなあ、アタシ。でも、素直なこと以外とりえなので・・・・。

ゲートはもちろん最高です!
【2011/06/12 22:07】 URL | ちゅちゅ #-[ 編集] | page top↑
ジェイはどうしてるのかと思い検索した結果偶然このサイトにたどり着きました。。
ロミーがいまだ現役でやっててびっくりです。
私は50越え、子供達も成人になりました。
椿ハウス、ビブロス、レキシントン
不思議でエネルギーあふれる時代でしたね。
【2015/10/02 21:26】 URL | ジェニー #-[ 編集] | page top↑
ジェニーさん、

私も今年50です!いや~今でもゲートでつながれる人がいるなんて、すごい!やっぱ音楽ってすごいね。
【2015/10/02 22:42】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。