スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ツイン・ピークス第15章&第16章』-ローラ・パーマー事件の終焉
Twin Peaks -Episode 15 and 16-

ディスク6は本当は第15章から18章までなのだが、15&16章はローラ・パーマーの事件が解決する、ものすごい印象的なチャプターなので、それだけ書きたい!

こうして書いていると、サクサクと話が進んでいるように見えるけど、本当は色々な出来事が複雑に絡み合っていて、普段はほとんどイライラしながら観ている。例えば、オードリーが片目のジャックに潜入したときなんて、オードリーがどうなるか心配でたまんないのに、ドナとハロルド・スミスの成り行きや、アンディとルーシーの妊娠騒動や、シェリフとジョシーのソープ・オペラなんかが交互に出てくるので、なかなか話が進まない。

TwinpeaksGoldBox
dvd on amazon.com
Produced: 1990
Created by: Mark Frost & David Lynch
Cast:
Special Agent Dale Cooper: Kyle MacLachlan
Sheriff Harry S. Truman: Michael Ontkean
Benjamin Horne: Richard Beymer
Donna Hayward: Lara Flynn Boyle
Audrey Horne: Sherilyn Fenn
Deputy Tommy 'Hawk' Hill: Michael Horse
Deputy Andy Brennan: Harry Goaz
Shelly Johnson: Madchen Amick
Bobby Briggs: Dana Ashbrook
Norma Jennings: Peggy Lipton
Big Ed Hurley: Everett McGill
James Hurley: James Marshall
Lucy Moran: Kimmy Robertson
Leo Johnson: Eric DaRe
Nadine Hurley: Wendy Robie
Jocelyn 'Josie' Packard: Joan Chen
Leland Palmer: Ray Wise
Madeleine Ferguson: Sheryl Lee
Hank Jennings: Chris Mulkey

しかしこの謎解きの15章と16章はさすがにローラ・パーマー事件の解決に向けて話が凝縮されている。もちろん、アンディ・ルーシー・ディックの三角関係や、ノーマのきっついおっかさんや、ベンとジェリーの子供の頃の回想シーン(懐中電灯を持って踊っている女の子はオードリーじゃないか?)が出てくるけど。そんなわけで、ここが一番重要な、かつ超 fuckin' ネタバレなので、ツイン・ピークス未体験の方は、読まない方がよろしいかもですので、この先反転いたします。

(ぷる 
ぷん ぷん ぷるるる 
ぷん ぷん ぷるるる 
ぷん ぷん ぷるるるるん

ぷん 
ぷんぷるるんるん
ぷんぷるるんるん 
ぷんぷん ぷるるん)

さて、前回で犯人はリーランドだと割れているのだが、それをどうクーパーが解決するのか?第15章では、リーランドは完全にボブになっていて、最初の娘を失って泣いてばかりいた父親、髪が真っ白になって、狂ったように歌い踊っていたリーランドとも違って、怖い!そしてマディの死体が見つかる。

で、16章がもう息切れしそう・・・。クーパー、ホーク、アルバート、シェリフの4ショット、スローモーションでかっちょ良く始まり、アルバートがクーパーに「この殺人鬼を止められるのはお前しかいない」と言うところがかっこいい。さらに「どうしていいかわからない」と言うクーパーに「解決しようとするな。道をたどって行け」とアドバイスするホークもかっちょいい!

ハロルド・スミスがドナに残したローラのシークレット・ダイアリーの最後のページから、ローラも赤い部屋と小人の夢を見たことを知ったクーパーは、片腕の男に会いに行く。片腕の男は「答えは頭の中じゃなく、心にある」と助言する。

ロード・ハウスに関係者一同を集めて謎解きをするクーパー。雷が鳴り響き、ドラマチック!!!ルーム・サービスのおじいさんがガムをすすめる・・・・全てがクリックし、ローラが囁いた言葉が蘇る・・・・

My father killed me....

おお~~~!!!!ドキドキしてしまう展開である!

しかし、ここがクライマックスではないのだ!警察署でリーランドを力ずくで部屋に閉じ込めるとボブに変身し叫んだり暴れたりする。そして尋問の際には、白髪がおっ立っちゃって、奇怪な形相をしたリーランドが!「ほーっ、ほっほっほっほー!」とかいきなり叫び出したり、みんなボーゼン。

朴訥でシンプルなシェリフはボブの存在を受け入れられない様子で、「リーランドは狂ってるだけだろ?」というと、部屋の中でリーランドが例の詩を唱え始める。

Through the dark of futures past 過ぎ去った未来の暗黒を通し
The magician longs to see  魔術師が見たがるもの
One chants between two worlds  2つの世界の間で呪文を唱える者
Fire walk with me  火よ、我とともに歩け
I'll catch you with my death bag  俺のデス・バッグがお前を捕らえる
You may think I've gone insane  俺を狂っていると思うのか
But I promise I will kill again!  見てろよ、俺はまた殺す!

すると消火栓の水がぱあーっと出て、リーランドが叫ぶ!そしてドアに頭をぶち付け始める!早くドアを開けてくれ、シェリフ!

やっと鍵を開けて突入すると、リーランドは頭から血を流して重症。クーパーの腕の中で、小さい時にボブに獲りつかれる話をし、ローラを殺したのは自分だと泣きながら告白し始める。

「ローラ、許してくれ、愛しているよ」

と泣くところで、例のエンディング・テーマにもなっているローラの音楽が盛り上がるところがかぶると、もう私はぐずり始めてしまう。しかしこれでもまだクライマックスではないのだ!!!

リーランドがもうダメだと判断したクーパーは、リーランドを安らかに逝かせようとする。

「リーランド、光が見えるかい?光を探すのだ・・・光の中に入りなさい・・・」

リーランドが

「光の中にローラが見える、とてもビューティフルだ・・・・ローラ・・・・!」

と言うところで、またもやローラのテーマ曲が美しく盛り上がり、その絶妙のタイミングにもう涙が怒涛のように流れ落ちる!このローラのテーマ曲の威力はすごくて、これがかかるといつもグッと来てしまうのだが、このリーランドが死ぬシーンは本当に涙がボロボロ出てしまう。

とにかくこのシーンがすっごく感動的なのだが、この後森の中で事件について話し合うクーパーたち。ブリッグス大佐やアルバートよりも、ツイン・ピースク土着のシェリフが一番ナイーブなところが笑う。

しかし、リーランドから抜け出したボブは今、何処にいるのだろう?ドーナツ食ってる場合ではないっ!


Related Article
ディスク1 ツイン・ピークスパイロット
ディスク2 ツイン・ピークス第一章~第四章
ディスク3 ツイン・ピークス第五章~第七章
ディスク4 ツイン・ピークス第八章~第十章
ディスク5 ツイン・ピークス第十一章~第十四章

Key Words
映画 ツイン・ピークス デヴィッド・リンチ カイル・マクラクラン
DVDニューリリース情報 | コメント(0) | 【2007/12/25 09:04】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 2007年を振り返る
NEXT: 『ツイン・ピークス第十一章-第十四章』-観るなら読むな!シーズン2のクライマックス

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。