スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ツイン・ピークス第五章-第七章』-ファースト・シーズンの締めです
Twin Peaks -Episode 5 to 7-

さて第五章から七章は、ファースト・シーズンの締めということで大事なところなんですが、本題に入る前に一つ。このボックス・セットですっごい気に入ったのは、DVDごとに最初の背景が違うということ。ほら、DVDかけるとまず、"Play""Set Up""Chapters"とかいうのが出てくるじゃない。その背景に使われているのがディスク1はパッカード・ミル、2がビッグ・エドのガソリンスタンド、ディスク3はグレートノーザン・ホテル、とディスクごとに趣向を凝らしています。デヴィッド・リンチ自らリマスターしたらしいこのボックス・セット、このイントロのページもリンチの案なのかしら?

TwinpeaksGoldBox
dvd on amazon.com
Produced: 1990
Created by: Mark Frost & David Lynch
Cast:
Special Agent Dale Cooper: Kyle MacLachlan
Sheriff Harry S. Truman: Michael Ontkean
Benjamin Horne: Richard Beymer
Donna Hayward: Lara Flynn Boyle
Audrey Horne: Sherilyn Fenn
Deputy Tommy 'Hawk' Hill: Michael Horse
Deputy Andy Brennan: Harry Goaz
Shelly Johnson: Madchen Amick
Bobby Briggs: Dana Ashbrook
Norma Jennings: Peggy Lipton
Big Ed Hurley: Everett McGill
James Hurley: James Marshall
Lucy Moran: Kimmy Robertson
Leo Johnson: Eric DaRe
Nadine Hurley: Wendy Robie
Jocelyn 'Josie' Packard: Joan Chen
Leland Palmer: Ray Wise
Madeleine Ferguson: Sheryl Lee
Hank Jennings: Chris Mulkey
第五章のツボはなんと言ってもジャック・ルノーのキャビン。ジャックの家を家宅捜索して、夢と同じ赤いドレープがかかったキャビンの写真を見つけるクーパー。森にあるこのキャビンを探しに行くと途中、丸太おばさんの家に招待され、ローラが殺された夜、丸太が何かを聞いたという。「女の子が二人、男が二人・・・・もう一人男がいる!」と丸太を通訳するおばさん。

丸太おばさん家を出てまた森の中をしばらく歩くと、音楽が聞こえてくる。ツイン・ピークス特有のドリーミーで不気味な音楽・・・・。赤いドレープのキャビンに突入したときは、なにか一つ謎が解けたような気がして身震いものよ!!ローラを縛ったと思われる紐や、ポーカーチップの破片、そしてジャックの飼っていた鳥、ウォールドーが見つかる。

また、リーランドの奇行に拍車がかかり、ベン・ホーンが、ゴースト・ウッドの契約の接待のためにグレートノーザンで開いたパーティに、呼ばれてもないのにやってきて、踊りながら泣いてしまうリーランド!それをカバーアップするために一緒に踊らされるキャサリンが可笑しい!

第五章の終わりにオードリーがクーパーのベッドで裸で待ち伏せ!しかし第六章の始めに「君に今本当に必要なものは、友達だよ」と諭す、とっても誠実で、いい人で、優しいクーパー。泣けるぜ!

しかし、ここら辺から特にオードリーは可愛くなってくる。ローラとロネットが働いていたパフューム・カウンターに潜入するため、ホーンズ・デパートに父親のコネで無理矢理入り込み、仕事そっちのけで大胆にマネージャー・バティスのオフィスを調べまくるところなんか超かっこいい!クロゼットの中でタバコ吸いながら爪のチェックしているところなんか最高!で、まんまとブラック・ローズの電話番号を手に入れ、片目のジャックに面接に行くのだが、クーパーと連絡が取れない。仕方なくクーパーの部屋のドアの下から手紙を滑り込ませ、覚悟を決めて行くオードリー・・・。

そしてクーパーも、、ジャック・ルノーを誘い出すために片目のジャックに潜入する。このとき一緒に行くのはビッグ・エドなのだが、カーリー・ヘアのカツラにちょび髭、ウエスタン・シャツという変装がすごい。ブラッキーとのセクシー・トークもなかなかキマって、田舎の金持ちみたいなところが面白い。

オードリーは、ブラッキーと面接するのだが、この時が超可愛い!黒いドレスに真っ白な肌。履歴書はウソだとすぐバレてしまい、高校生なんか雇う気はないブラッキーを説得するために、チェリーの茎を舌で結ぶのだが、ちょおおおおセクシーっすよ!惚れたぜ!

と、片目のジャックの全貌を明かす一方で、私のキライなドナとジェイムスは、マディにローラの変装をさせてドクター・ジャコビーをおびき出し、ジャコビーの家からローラが生前にジャコビーにあてて吹き込んだテープを盗もうとするが・・・・・

第七章では、片目のジャックでクーパーが、「リオを雇ったのは俺だ」とウソをつき、ジャックに近づく。ジャックの口から語られる、キャビンでの狂乱の夜。この話といい、ローラが吹き込んだテープや、ボビーがカウンセリングで泣きながら語ったローラ像など、性的に倒錯し、ヤク浸けになった女子高校生の赤裸々な実態が少しずつ明かされていく!

ジャックはクーパーにまんまと騙され、仕事がもらえると思ってやってきたところを、待ち伏せしていたシェリフ・トゥルーマンに逮捕されるが、手錠をかけようとした警官から銃を奪い、シェリフを撃とうとするジャック。シェリフ、危機一髪だ!そこへばーん!という銃声!倒れるジャック!誰だ!一発でジャックを仕留めたのは?!

と振り返ると、アンディなのである!!!射撃訓練が功を奏したのか、「大丈夫かい、ハリー。救急車を呼んだほうがいいな」と渋くキメるアンディが微笑ましい。

この武勇伝をわざとルーシーの前で語って聞かせる、気のいい警官たち。感銘を受けたかのように見えたルーシーと仲直りして来い!と言われ、勇気を出して行くアンディだが、「実は、妊娠したの」と言われてボーゼンとしてしまい、却ってルーシーを怒らせてしまう。

一方、片目のジャックでは、真っ白いコルセットに仮面をつけた「ニュー・ガール」が自分の娘、オードリーとは知らず、いやらしく迫るベン・ホーン!あわやのところで危機を逃れるオードリーだが、父親の実態を見たその目は異常に冷めている。この白いコルセットのオードリー、抜群に可愛いし、父親を見送る冷めた目が名演技!

さて、この第七章は、シーズン1の最後なので、この章が終わったら、お茶の間のみなさんは半年間、続きが見れないのであるが、最後は怒涛の30分である。

まず、リオがパッカード・ミルに放火するのだが、その時、ボビーと浮気した上に自分を撃ったシェリーをミルに置き去りにして殺そうとする。ハンクはキャサリンをミルにおびき寄せ殺そうとするが、キャサリンはシェリーの縄を解いてやり、一緒に逃げる。キャサリンてビッチ・キャラなんだけど、この時はおいおい泣いてばかりの情けない(でも可愛い)シェリーを助けて上げて、なかなか頼りになる人だなあと思った。

ネイディーンはカーテンレールが特許を取れなかったことを苦に睡眠薬自殺を図る。片目のジャックのおとり捜査から戻ったエドが倒れているネイディーンを見つけ、「死なないでくれ、俺を置いて行かないでくれ、ネイディーン」とかいうあたりが優しいというかなんというか。

ボビーは、のこのこシェリーに会いに行ってリオに殺されそうになるが、ハンクがリオを撃ったために危機から逃れる。今考えてみると、ベン・ホーンはリオにミルを放火させた後、ハンクにリオを殺させる手筈だったのだな。

リーランドが、アンディに撃たれて入院していたジャック・ルノーを殺してしまう。枕で窒息させている手からズームしてってリーランドの顔が映ったとき「ええ~~~!!!!」とひっくり返っちゃうところだ。

しかし駄目押しは、片目のジャックから帰ってきたクーパーが何者かに至近距離で撃たれる!!!ええ~~~~!!!!どういうことだ!?画面が暗くなり、どさっと床に倒れる音、そしてクレジットに「マーク・フロスト&デヴィッド・リンチ」と出て、第七章は終わってしまう。そんな~~~殺生な!!!続きはどうなるのだ?!


Related Article
ディスク1 ツイン・ピークスパイロット
ディスク2 ツイン・ピークス第一章~第四章

Key Words
映画 ツイン・ピークス デヴィッド・リンチ カイル・マクラクラン
心に残る映画 | コメント(0) | 【2007/12/05 10:39】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ヘアスプレー』-ヴィヴァ!おデブちゃん!!!
NEXT: 『ツイン・ピークス第一章-第四章』-すでに超ウワッキー

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。