スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『フェイ・グリム』-もっと続編作ってくださーい
Fay Grim

フェイ(パーカー・ポージー)は、14歳の息子・ネッドと暮らすシングルマザー。弟のサイモン(ジェームズ・アーバニアク)は著名な詩人で、フェイとネッドは、サイモンの本の印税で生活しているが、サイモンは10年前、フェイの旦那ヘンリー(トーマス・ジェイ・ライアン)の国外逃亡を手助けしたために刑務所暮らし。サイモンのパブリッシャーのアンガス(チャック・モンゴメリ)に、ヘンリーが書いた「Confession(告白)」をお金のために出版したらどうかと勧められるフェイ。

Produced: 2006
Directed by: Hal Hartley
Writing Credits:
Cast:
Fay Grim: Parker Posey
Father Lang: D.J. Mendel
Ned Grim: Liam Aiken
Angus: Chuck Montgomery
Simon Grim: James Urbaniak
Agent Fulbright: Jeff Goldblum
Carl Fogg: Leo Fitzpatrick
jallal: Anatole Taubman
Henry: Thomas Jay Ryan
Bebe: Elina Löwensohn
時を同じくしてCIAがフェイを訪ねてくる。ごみ収集を生業とし、クソにもならないものを書いていたヘンリーの「Confession」が、実はアメリカ合衆国の機密に関わる内容で、ヘンリーは実はテロリストだったらしい!逃亡先でヘンリーは死亡し、ヘンリーの「Confession」が綴ってあるノートはフランス政府の手にある。それをヘンリーの未亡人であるフェイが、遺品として受け取って来い、とCIAに頼まれる。

息子のネッド(リーアム・エイケン)が、校長室の前で年上の女学生におふぇらさせて学校を退学になってしまって、思春期の男の子を一人で育てきれるか不安だったフェイは、サイモンを刑務所から出してくれれば、フランスまで行く、とCIAと取引をし、これまで着る機会のなかったロング・コートをフランスで着ようとスーツケースに詰め込み、旅立つのだが・・・・・

ってあらすじを書くと、なんだかサスペンス・アクションって感じですが、で、実際そうなんですけど、一貫してインディー的な、オフビートな雰囲気で流れて行きます。特に主人公のフェイがすっごい脱力系で、国際的なテロだのスパイだのの話に巻き込まれているのにぼーっとしているところが可笑しい。

しかし、アクション・サスペンスの方もそれなりにマジで、筋書きがちゃんとあるんだけど、ものすごい早口の英語で説明されるのでイマイチ良くわからない。とにかく、ヘンリーの書いたノート8冊にも及ぶ「Confession」がすっごく重要なモノで、北朝鮮だのロシアだの、あっちこっちが争奪戦を繰り返しているのだけど、一冊、また一冊と、フェイのところに集まってきてしまう。

***ここからネタバレ***

ネタバレ、って言うほどごっついオチがあるわけではないのですが、この辺から話が面白くなってくるので、一応。

これまでは他人に踊らされてふらふらしていたフェイなのですが、実はヘンリーは生きていると確信するや、自主的に行動し始め、スパイたちの目を欺いてイスタンブールかなんかにヘンリーを探しに行く。そこでヘンリーをかくまっているテロリストの隠れ家に連れて行かれ、テロリストの親玉、ジェラールと面会するハメになる。

このジェラールがオサマ・ビン・ラディンを髣髴とさせるんだけど、反オサマの風潮がものすごいアメリカで、このキャラを非常に愛すべき人物に仕上げてあるのがすげえと思った。自分はアメリカ合衆国の敵だ、アメリカの民間人を何百人と殺し、兵隊だったら数え切れないほど殺した、とフェイに言う(とフェイは「・・・オウ」としか言わないところがとぼけている!)。しかしヘンリーをかくまってあげて、横暴なヘンリーにも紳士的に対応するジェラール。「君を殺さないのは、上から殺せと言われないからだ。」とか言いつつ、「・・・俺は(テロの)道具だからだ」とちょっぴ悲哀も見せたりする。自分がアフガニスタンに帰らなければならないためヘンリーをかくまってあげれなくなるので、わざわざフェイをここに導いてきたのは、この人なのよ。自分はアフガニスタンに帰って殺されるかもしれないのに、人のことを考えてあげれるなんて、できた人でしょう?で、フェイに、「君は夫のことを守れるものなら守りたいと言ったね。今、そのときが来たのだよ・・・。君の夫は逃亡者なのだよ。彼と一緒にいたいなら、もう国に帰ることはできないよ。それでもいいのかい?」とすごく優しく訊くのである!!

で、フェイもステキなのは、ヘンリーが逃亡の際に関係を持ったために身を落とした女の子を一緒に連れて行こうと、時間がないのに迎えに行くところなの。しかし女の子は殺されてしまい、フェイは約束の時間に間に合わず、ヘンリーに会えないどころか、一緒に逃亡する船にも乗り遅れてしまう。最後、船を見送るフェイのアップで終わるこの映画、また続編が作られるのではないかとちょっと期待。

ああ、言い忘れるところだったけど、この映画は1997年の『ヘンリー・フール』っていう映画の続編なんだそうです。これも観たくて探したのだけど、そこら辺にあるビデオ屋には置いてないので、またオンライン・レンタルを始めないとならないなあなんて思ってたんだけど。んで、初回は『ヘンリー・フール』、今回は『フェイ・グリム』でしょ。妥当に行ったら、弟の『サイモン・グリム』が続々編かな、と思うのだけど、個人的には息子の『ネッド・グリム』にして欲しいなあ。すっごい可愛い子で、母親思いで頭が良くて、年の割りに落ち着いているところがいい。あと10年経ったら、この子が24歳になってるわけで、この子に両親を探しに行かせるとか、面白そうかも!

Key Words
映画 フェイ・グリム ハル・ハートレイ パーカー・ポージィ リーアム・エイケン ジェームズ・アーバニアク ヘンリー・フール トーマス・ジェイ・ライアン パーカー・ポージー
気になる映画 | コメント(0) | 【2007/10/21 21:47】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『シャッフル』-観なきゃ良かった
NEXT: 『1408号室』-スティーヴン・キングの話にしちゃあ・・・・なあ

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。