スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
ジャック・ホワイト 映画偉人伝 ~その5~ 
映画偉人伝 ~その5~ 

jack.jpgJack White

全然、映画の偉人じゃないんですけど、関連記事が2つ以上の人は、偉人伝、書くことにしてるんで。

1975年7月9日、デトロイト生まれ。本名 John Anthony Gillis 。音楽好きなカソリックの子だくさんファミリー(10人兄弟!)で育つ。ギター、ドラム、ピアノを習い、 The Go, Two Star Tabernacle など、いろいろなバンドでプレイし、17歳のとき、室内装飾業 Muldoon Studio の見習いになり、そこの社長の Muldoon さんとバンドを結成し、『室内装飾業者(Upholsterers)』というシングルを発表。21歳で自分の室内装飾会社 Third Man Upholstery を創業。この頃バーテンダーをしていたメグ・ホワイトと知り合い1996年に結婚。ジャックは、ギターの練習をしているときにメグがふざけて子供みたいにドラムを叩くのが気に入ってバンドを結成。ホワイト・ストライプスのバンド名は、メグの好きなキャンディーにちなんでつけられた。イノセントなバンドイメージを作り出した二人は、姉弟を偽るようになる。二人は2000年に離婚したが、バンドは続け、現在に至る。ジャックは2003年にヒット・ムービー『コールド・マウンテン』に役者として出演、音楽も担当する。

■現在の奥さんはKaren Elson という女優さんで、2児の父親。Karenとはホワイト・ストライプスの『Blue Orchid』のPVのセットで出会い、一ヵ月後には結婚したそう。メグ・ホワイトは、二人の結婚式で花嫁のBridesmaidsの一人だったそうです。

■2003年の中旬、『コールド・マウンテン』の収録後、レネー・ゼルウィガーとドライブ中に交通事故に合い指を骨折。手にスクリューを埋め込まなければならない大怪我をし、ホワイト・ストライプスのコンサートを大幅にキャンセルした。

■趣味は、古代人の骨と剥製を集めること。

サウンドトラック
■イエスマン “YES”は人生のパスワード (2008) (writer: "Old Enough")
■Karaoke Revolution Presents: American Idol Encore 2 (2008) (VG) (writer: "Seven Nation Army")
■007/慰めの報酬 (2008) (writer: "Another Way to Die") (performer: "Another Way to Die") (producer: "Another Way to Die")
■Shine a Light (2008) (performer: "Loving Cup")
■"Life" (1 episode, 2007)
■Full of It (2007) (writer: "Go It Alone")
■"Jam & Jerusalem" (1 episode, 2006)
■School for Scoundrels (2006) (writer: "Blue Orchid")
■La science des rêves (2006) (writer: "Instinct Blues")
■"Ha-Shminiya" (1 episode, 2006)
■Om Gud vill (2006) (music: "Dead Leaves and the Dirty Ground") (lyrics: "Dead Leaves and the Dirty Ground")
■Coachella (2006) (V) (writer: "Hotel Yorba")
■White Stripes: Under Blackpool Lights (2004) (V) (writer: "When I Hear My Name", "Black Math", "Dead Leaves and the Dirty Ground", "I Think I Smell a Rat", "Astro", "Hotel Yorba", "Do", "The Hardest Button to Button", "Truth Doesn't Make a Noise", "The Big Three Killed My Baby", "Wasting My Time", "You're Pretty Good Looking (for a Girl"), "Hello Operator", "Apple Blossom", "Ball and Biscuit", "Let's Shake Hands", "I Fought Piranhas/Let's Build a Home", "Seven Nation Army")
■バス男 (2004) (writer: "We're Going to be Friends")
■コールドマウンテン (2003) (lyrics: "Christmas Time will Soon be Over") (performer: "Christmas Time will Soon be Over", "Wayfaring Stranger", "Great High Mountain") (arranger: "Christmas Time will Soon be Over")
■The Hot Chick (2002) (writer: "You're Pretty Good Looking")

出演作品
■ウォーク・ハード ロックへの階段 (2007) .... Elvis Presley
■コールドマウンテン (2003) .... Georgia
■コーヒー&シガレッツ (2003) .... Jack (segment "Jack Shows Meg His Tesla Coil")
■Mutant Swinger from Mars (2003) (V) .... Mikey
■The Rosary Murders (1987) (uncredited) .... Altar Boy

↓2005年10月、ホワイト・ストライプスの地元デトロイト・コンサートのレヴューはこちらで↓
http://princesschu.blog23.fc2.com/blog-entry-19.html

↓2009年6月、ジャック君のニュー・バンド、Dead Weather のデトロイトでのシークレット・ギグはこちら↓
http://princesschu.blog23.fc2.com/blog-entry-689.html

※この記事は、IMDb (Internet Movie Database) の記事をチュチュがテキトーにサマって訳したものです。もしこの偉人伝で取り上げてもらいたい映画の偉人さんがいたら、教えてください。がんばって翻訳しま~す。

Key Words
音楽 映画 ジャック・ホワイト ホワイト・ストライプス
気になるアーティスト | コメント(0) | 【2005/11/21 07:01】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 映画偉人伝 ~その6~ チャールトン・ヘストン
NEXT: 映画偉人伝 ~その4~ レネー・ゼルウィガー

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
The White Stripes - Get Behind Me Satan by ロック好きの行き着く先は…
 男と女が二人でユニットとしてシーンに出てくるってのはこれまでにもカーペンターズやユーリズミックスなんてのがあったので意外でもないが、その構成が実にヘンなのがホワイト・ストライプスという最近のバンド。 ロック好きの行き着く先は…【2006/08/09 20 : 50】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。