スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『タロットカード殺人事件』-人を選ぶかも
Scoop

これビミョー。私的にはウッディ・アレンのナンセンス・ギャグ炸裂で結構面白かったのですが、炸裂し過ぎてうっとおしいと思う人もいるのではないかな。「君が(プールで)溺れているのがわかったので、スコーンと紅茶をゆっくり食べてから、慌ててやって来たんだ」とか、文字で書くと面白くないけど、場面で観ると噴き出すよ。

Scoop
Produced: 2006
Directed by: Woody Allen
Writing Credits: Woody Allen
Cast:
Scarlett Johansson:Sondra Pransky
Hugh Jackman:Peter Lyman
Woody Allen:Sid Waterman
Ian McShane:Joe Strombel
それとか、冒頭で死んだイギリスのジャーナリスト、ジョーが、天国と地獄に行くのを決める審判に向かっているのか、暗く、ストーミーな海を、死神が船頭さんをしている船でどんぶらこっこ、どんぶらこっこ、と流れて行く。船に乗っている人たちは「なんで死んだの?」なんてカジュアルに交流しているし、ジョーは死神に賄賂を渡してどこへ向かっているのか聞こうとするし、なんかそういうナンセンスさが可笑しい。死神も、マント羽織って顔見えなくて、カマ持ってる、タロット・カードのイメージそのままだし。

スカヨハは、ジャーナリストを目指す大学生で、インタヴューしに来た大物映画監督の部屋で飲まされて、インタヴューできないままエッチだけして帰ってきちゃうというマヌケな女の子の役。服とかも可愛くないし、肉体爆弾炸裂もない。水着のシーンもありますが、セクシーな水着じゃないし。代わりに、ウディ・アレンのギャグの世界に自分も足を踏み入れて健闘しているのですが、「健闘しているスカヨハ」という以上には盛り上がってないな。この人すごい好きなのだけど、役者としてはどうなんだろ、って感じ。

ヒュー・ジャックマンもさー、見れば見るほどキライになって行くなー。『プレステージ』の時は結構いい男だなーと思ったんだけど。身体もあんまり好きじゃないし、それにこの人、ブリティッシュなんでしょ?しかもイギリス人の役なのに、あの脊髄を直撃するようなイギリス訛りがない。この人の英語聞いて「あ~イギリス訛り!」って思う?アメリカ訛りでもないけど、特にイギリスっぽくもない、なんかそこですでにポイント低いんですけど。

ストーリーは一応推理モノではあるのだけど、犯人が割れて「ああ!」とか思うより、コメディだね。面白かったけど、2回観ようとは思わない作品ですな。

Key Words
映画 タロットカード殺人事件 ヒュー・ジャックマン スカーレット・ヨハンソン ウディ・アレン イアン・マクシェーン
映画紹介 | コメント(8) | 【2007/10/07 12:07】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『グッド・シェパード』-KGBってなんだ?!
NEXT: バトン-子供の頃に読んだ本を教えてください

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
ウッディ・アレンかぁ…
いつも、一応…と思って見てみては、やっぱりちょっと違うような…と思う帰り道。なパターンが多いのですが、何故イギリスに行っちゃったのだろう?もうNY(でしたよね?)は描きつくしたのかな?
ところで、ヒュー・ジャックマンは確かオージーだったと思います。
だから、マイケル・ケインみたいなしゃべり方は無理だと思う。してみて欲しいけど。
【2007/10/09 17:22】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
ああ~そうなのか!ヒュー様はエゲレスの人ではないのね。
でもさー、イギリスの俳優は、アメリカ人の役やるとき結構アメリカなまりでやるじゃん、ちゃんと。ヒュー様もがんばって欲しいんだがなあ。
【2007/10/09 20:56】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
う~ん、見ていないのでどんな風に喋っているのか分からないのですが、イギリス英語といっても色々だし……
監督にそこまでのこだわりがなかったからかも…ですね。
【2007/10/10 17:16】 URL | まーちゃん #NvFnyfv2[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
というか多分、私の中の「イギリス英語」って、コックニー訛りなんだと思うわ。時々、会社で、国際電話会議を設定するとき、業者に予約の電話を入れるんですけど、なぜか出る人みんなコックニー訛りで、朝っぱらからコーフン。ある日、とうとう我慢できなくなって、「これ、どこにかかっているの」と訊いたら、

「予約の電話は、全てイギリスのロンドンか、アメリカのヒューストンで承っています、ミス・チュー」

「あなたは、ロンドンでしょ?」

「Yes, mam」

とか言われて、鼻血出そうになったよ。
【2007/10/11 21:25】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
鼻血でそうって……
そうですか……
個人的にはヒュー様にはクイーンズ(つか、キングズ)イングリッシュでお願いしたい。
【2007/10/12 17:24】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
初めて予告を見ました。
…が、ヒュー様は名前ぐらいしか言わないので……
でも、イギリス訛りではなさそうな……
【2007/10/25 17:46】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
ついに観て参りました。
ヒュー様の英語はXメンの時とかよりはかなりヨーロッパ的。
周りの人たち(ジャーナリスト連中とか)の英語がガツガツッとしているので、ギャップが目立つかもしれませんが、上流階級の人ってあぁいう(語感が)ガツガツした話し方はしないと思うのでこれでいいのかも。
チャールズ皇太子とか、こんな風なんじゃないでしょうか?
映画はウディ・アレン自身の出番が多すぎて、私はちょっと胸焼け気味(~_~;)
あの2/3~半分位でよかったのでは……と。
【2007/11/22 17:05】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
そっかー、上流階級の人はああしゃべるのね。すると私は労働者階級の人たちが好きなのかしら??あの腰に来る訛り・・・・

ウッディ・アレンは好き嫌いあるかもしれませんね。まーちゃんにはぜひ『ハンナとその姉妹』を見ていただきたい。
【2007/11/23 06:14】 URL | Just being a dick #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。