スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
バトン-子供の頃に読んだ本を教えてください
What did you read when you were a little kid?

赤毛のアンの秘密』によると、『赤毛のアン』は『若草物語』『小公子』『アルプスの少女』と並んで、日の小・中学の女子に長く読み継がれる「洗礼」なのだそうですが、私はこのうちのどれも読んだことがないのに気付き、「あたし、何を読んでたんだろう?」と考えてみたら、下記のラインアップが浮かんできました。

アンネの日記/アンネ フランク
「生理のことが事細かく書いてある」という触れ込みで読んで、確かにアンネが初潮を向かえるくだりがありましたが、それよりもアンネが隠れ住んでいた屋根裏の描写や、そこでの生活がなんだかとてもロマンチックに感じられたことを憶えています。当は、ナチに殺されるから隠れているのだけど、子供だったからそういう背景より、隠れ家生活にロマンを感じてしまった。

シートン動物記/アーネスト・トムソン・シートン
これを読んで獣医さんになりたいと思った。図書室にあったシリーズは全部読んだけど、内容は一切憶えてません。ただエラク惹き込まれる話だった。

古典落語
文庫で全十何巻と出ていたのですが、片っ端から読んで、練習しました。『寿限無』とか『饅頭こわい』とか、良く人前で無理矢理語って聞かせたりして、すごい迷惑な子供であった。

女の一生/モーパッサン
これも図書室から借りてきたのだが、私のかばんの中に『女の一生』が入っているのを見て家族が大騒ぎしたのを憶えている。小学校4年生くらいだったのかなあ?これも内容は忘れちゃったけど、そんなにやらしいだったかしら?確かにマイルドなセックス描写があったような気がするけど、それより主人公の女の人が色々苦悩していたな、という印象がある。

俺の空/本宮ひろ志
これはやらしーから読んでいたよ。これも4年生くらいのときだったからなあ。ほとんどエロビデオと同じ扱いでした。

野球狂の詩/水島 新司
野球が大好きだったので、なぜ女はソフト・ボールなんだ、と不満に思っていた私のバイブルでした。水原勇気という女の子のピッチャーがプロ野球に入り、男と対等に勝負する!一番印象に残っているエピソードは、水原を打てないのに業を煮やしたとあるチームの監督が「ピッチャー返しを胸に向かって打て。女は無意識に胸を守るから」と精神的ゆさぶりをかけてくるやつ。「なるほど!」とか思ったけど、今考えてみると、いかにも男が描きそうな女性像だよな。

ドカベン/水島 新司
これも野球好きだったから面白かった。チームのキャラが最高。高校野球だから、ピッチャーが里中くん一人しかいなくて、彼がなんかの理由で投げられなくなったとき、キャッチャーであるドカベンが投げるしかなくなった。どうしていいかわからないドカベンは、「そうか、盗塁されたときに二塁に投げる要領で投げればいいのか!」と気付き、スクワットの姿勢からガバッと立ち上がって投げると、ものすごい速球!そりゃそうだよね、普段はホームベースから二塁に投げてる球なんだから、その半分の距離では超高速、ってわけだ。このエピソードは「おお!すごい!」と感動した。

とこんな感じなのですが、アンどころかベルばらもスルーしてしまってるな、ワタクシ。友達はみんな、ベルばらの単行本をベッドの本棚に仰々しく飾っていたけど。このリストは小学校の時に読んだ本で、中学校の時っていうと、何も思い浮かばないんだよね。もっと他の事に忙しくて、読書なんかしてなかったのだろうか?

あなたはどうでしたか??コメ残してくれるも良し、バトンとして御自分のブログで展開してくれるも良し・・・・・

Key Words 本 バトン
バトン | コメント(5) | 【2007/10/07 09:15】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『タロットカード殺人事件』-人を選ぶかも
NEXT: 『赤毛のアンの秘密』-違う角度から見る楽しさ

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
野球狂の詩は、読んだんじゃなくてアニメで見た記憶しかないんですけど、初めて渡辺俊介(ロッテ)を見た時、「おぉ!!野球狂の詩みたい!!」と思ったのを覚えとります。
すんごい下からボールが出るんすよ。(何の話だ;;)
【2007/10/09 17:27】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃんとは同世代かと思ってたけど、私より若いのね。『野球狂の詩』のアニメなんて知らないもん、わし。
【2007/10/09 20:57】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
う~む。姫様のバンドの好みとか、実際にコピーしてた(って以前どこかで読んだ記憶が…)という記述からすると、ちょっとお姉さまかな?と思っていたのですが、だんだん年下かもしれないと思ってきた今日この頃だったんですけど、どうなんでしょう?
まぁ、私は中身がかなり子どもなので(^_^;)
【2007/10/10 17:20】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
ということは、私の方が実年齢は上だけど、精神年齢は下ってことね。良く言えば「気が若い」(爆!)

【2007/10/11 21:20】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
あれ?そうなります??
う~んと……
私の実年齢>姫様の精神年齢≧私の精神年齢
てことか……な?
【2007/10/12 17:26】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。