スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ウィッカーマン』-超駄作!
The Wicker Man

超ネタバレしてますので、気を付けてお読みください。

Produced: 2006
Directed by: Neil LaBute
Writing Credits:
Neil LaBute, Anthony Shaffer
Cast:
Edward Malus: Nicholas Cage
Sister Summersisle: Ellen Burstyn
Sister Willow: Kate Beahan
Sister Honey: Leelee Sobieski
えーっと、まず、ニコラス・ケイジが、白バイのおまわりさんで、道で止めた母親と娘の乗った車がタンカーに衝突されて、助けようとしたんだけど炎上しちゃって、それで神経症みたいになっちゃう。そこへ昔の彼女から「私の娘が行方不明になった。捜して欲しい」という手紙が来て、連絡を取ろうとするが、電話が通じないので、封筒に書いてあった住所を頼りに訪ねて行くんだけど、そこは住人がアーミッシュのように時代劇みたいな服を着て、自給自足している人里離れたコミューンのような島で、ちょっと変。で、みんなよそ者のニコラスに非協力的な中、なんとかいなくなった女の子の捜索をするのだが・・・・・

こっれって、ディズニーかなんかですか?ポスターにあるような白目剥いた女の子とか、そういう夜眠れなくなるようなイメージが多々出てくるものと思って覚悟していたのですが、恐い、もしくはショッキングなシーンは全然なし。しかも、映画特有のオーケストラ音楽がバックにしつこいくらいずーっと流れていて、あれはこの島の不思議さとか怪しさとかを現したかったのかもしれないけど、逆に緊迫感をすっかり奪っていた。

ストーリーもですね、ま、確かに「なんなんだろう?」と先が気になったりはしたんですけど、子供がいなくなったと手紙を寄越してきた元カノに話を聞こうとすると何も知らないのと、タイトルの『ウィッカーマン』というのが、生贄に使われるわらでできた人形でしかも「Man」だし、「こりゃー、ニコラス・ケイジが危ないんじゃないの」と、勘がニブいワタクシでも判ってしまったり。

で、最後本当に、生贄にするためにアマゾネス集団がニコラス・ケイジをこの島におびき寄せたということがわかると、一体今までの行方不明の女の子云々の謎解きはなんだったのか、子供が行方不明になったのなんだのと言っておびき寄せたりしないで、誘拐して来た方がよっぽど簡単じゃん、というくらい意味のないプロット・・・。

私、これDVDで観たんですけど、間違えて劇場公開されなかった「ショッキングなもう一つのエンディング」って言う方から観ちゃった(両面観れるDVDで、どっち面かわかんなかったので適当にかけてしまった)んですけど、何が"ショッキング"かと言うと、劇場公開された方でもニコラス・ケイジは生贄にされて、馬鹿でかいウィッカーマンにヤギだのハトだのと一緒に入れられて火で焼かれるのですが、その前に捕まって膝を砕かれ、顔に網を被せてその中に蜂を入れられる、という拷問(?)に合うシーンが、劇場公開されたエンディングではほのめかされているだけなんだけど、「もう一つのエンディング」では実写されているのですが・・・・

それがさー、笑うんだよ。膝を棍棒かなんかで殴られて、ニコラス・ケイジ

「あーーーー!!!まい・れーっぐ、まい・れーーーっぐ!!!!!」

て叫んだり、顔にかぶせた網に蜂が入れられるとき

「そ、それだけはやめてくれーーーー!!!!」

みたいに叫ぶところとか、すっげー大根!なんで?!ニコラス・ケイジって演技下手じゃないよね?

その拷問の後に、自分が入れられて焼かれる巨大なウィッカーマンを見た時、

「オーマイガーッ!オーマイガーッ!」

ってビビるとこなんて、「演技だー!」って感じで、観ている方は緊迫するというより笑う。

時々ニコラス・ケイジってこういうわけわかんない映画出るよな。ギャラ?なんか調べてみたらこれリメイクみたいだね。ネタバレなんて気を使うことなかったか。製作にニコラス・ケイジの名前が入ってるけど、観るに絶えない作品を製作しちゃいましたね。

Related Article
■出てるの全然気が付かなかったアーロン・エッカート出演作品一覧

Key Words
映画 ウィッカーマン ニール・ラビュート ニコラス・ケイジ エレン・バースティン ケイト・ビーハン リーリー・ソビエスキー
見た映画の感想 | コメント(5) | 【2007/09/12 09:21】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ブロークン・イングリッシュ』-男がいない女は不幸か?
NEXT: 『松田聖子論』-聖子ちゃんって、ぶっ飛びー!だったのね

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
そうなんや~
ちょっと、面白そうかな?と思ってたのに……
そんじゃ、天六までわざわざ行くことないか。
封切が天六という時点で怪しいとは思ってたけど(~_~;)
【2007/09/14 17:18】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
私もすっごい期待していたので、がっかり!
【2007/09/14 20:50】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
太字の文こんにちは「ヴィン・ディーゼル」で検索して見つけましたー。かなり面白いブログですね。これからこまめにチェックさせていただきます。色付きの文字
【2007/09/20 04:12】 URL | たける #-[ 編集] | page top↑
町山智浩って人がこの映画のことしゃべっててすげえ笑いました

http://59.106.15.152/mp3/tokuden31.mp3

ところで最近コメント入れようとすると禁止ワードって怒られて入力できないんですが。

名前をひらがなにしたらようやく・・・。俺の名前、禁止??
【2007/11/10 23:14】 URL | ごー #-[ 編集] | page top↑
ごーさん、
おかしいなあ、禁止ワードって1個しか設定してないんだけど。すみません、当分ひらがなでお願い致します。

聞きましたよ~。このリンクって、映像なくていいんだよね?

そう、この人の言っている通りなの
>ダチョウ倶楽部
その通りなの!

でも、この人のキリスト教の歴史とかすっごい勉強になりましたわ。この映画からはそういう深みが全然感じられないけど(爆)
【2007/11/11 04:17】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
- by
管理人の承認後に表示されます【2007/09/16 12 : 49】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。