スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『結婚の条件』-オモロい女はどう生きるべきか
Why can't we admit marriage sucks?

に里帰りしたときは、必ず御茶ノ水の三省堂と新宿の紀伊国屋に行って、平台に置いてあるをざざーと見て、良さそうなものはタイトルだけでどんどん買っちゃうんですけど、この『結婚の条件』もそうやって内容を知らずに買ったの中の一冊でした。

結婚の条件
book on amazon.com
Issued:
Written by: Chikako Ogura
CHAPTERS
東京で起こることは全国で起こる/「純愛」の消滅/生存・依存・保存/母と娘の間/勝ち組の主婦たち/「Very」な生き方/「Very」から「Story」へ/新しい働き方/創刊号の謎/だめんず・うぉ~か~/腰掛け総合職/娘の結婚は父親と国で決まる/恋愛とフェティッシュ/「うっかり・しっかり・ちゃっかり」の法則/拝啓、西村知美様/夢追う男
なんでこのが目に留まったかと言うと、

「うちの子がなぜ結婚しないのか、このを読んで全てわかりました!」

という帯が目を惹いたからです。

私は自分がなんで結婚しないのか知りたいよ。厳密に言うと私は一度結婚していたことがあるのですが、あれはノリつーかなんつーか、たまたまチャンスがあったからしてしまったって感じで、それまでは結婚なんかに縛られるの絶対イヤと思っていたし、その後も何人か付き合った人もいるのですが、段々結婚以前に恋愛自体も面倒くさいなと感じるようになってきた。そういう心理がこのを読んでわかるのだろうか!?と思ったわけです。

読んでみたらすっげー面白くって、一気に全部読んでしまい、もっと読みたくて『セックス神話解体新書』もすぐ買っちゃったくらいなのですが、今までこの本について書けなかったのは、イマイチ何が言いたいのかわからないからだったの。一応、話の大筋としては、日本には少子化問題ってのがあって、それの原因は、子供を生む年齢の女性たちが「適当な相手が見つからない」という理由で結婚しないからだ。では、その女性たちの「結婚の条件」というものを検証してみよう、という感じでしょうか。

多分この人、すっごいロマンチストで、「恋愛と結婚は別よ」とか、「三高」とか言って、結婚を経済的な手段と考えている女の子たちにムカついていたのだろうな。それでそういうことを色々調べているうちに、女性のそういう結婚観(恋愛観)は社会の構造や文化が生み出すもので、女は基本的に男に依存しないと生きて行かれないという構図で社会が動いている以上、こういう女の子たちはいなくならず、逆に「それだったらその恩恵を最大限受けてやろうじゃないの」と、開き直るヤツが出てきたのも尤もだと。

で、なんでみんな結婚しないかっていうと、この「最大限の恩恵」を与えてくれる「適当な相手」がいないからだと。結婚は社会的、経済的契約であり、愛とか恋とかで流されてするとロクなことにならない(こうしたいわゆる純愛を表現するのにスーパーの前で今川焼きを売っているヤンキーの若い夫婦が出てきたりするところがすっごい可笑しい)。

こう考えて見ると私が結婚しない理由は、経済的にも社会的にも男に依存するのがイヤだからだな。この本で書かれているように、学歴や生活環境でとても一人では食べていけない人が結婚によってしか生き残って行けないというのはわかるので、自分もそこまで追い詰められれば考えちゃうけど、理想は自分で自分を養って行くことだな。一人で不安、って気持ちはあるのだけど、二人が安定してるかって言ったら、それも疑問だしね。要するに私にとっては結婚の恩恵って全く意味がないのだな。子供も欲しいと思わないし。

で、じゃあなんで最近恋愛もめんどっちいかと言うと、小倉さんが下記のように表現してくれた。

"あの谷に行くとショッカーがいるから絶対行ってはいけないとさんざん言われているにもかかわらず、「あ、あそこにきれいなお花が」とか言いながらショッカーのいる谷にのこのこ行ってしまう。そういう「うっかり」した女がいないと、仮面ライダーは変身して敵と戦えないのだから、仮面ライダーと「うっかり女」は「共依存」していると言えるだろう。

一方、言われるまでもなくショッカーの谷には行かず、行かないのにもかかわらずなぜかショッカーがやってきて、それをまた仮面ライダーに頼る方法を知らないので、自分の力だけでやっつけてしまう女を「しっかり」した女と言う。

「うっかり」して「ちゃっかり」した女は、いつも仮面ライダーに守ってもらえる。しかし「しっかり」した女は、仮面ライダーに守ってもらえないし、実際仮面ライダーを必要としないのである。恋愛がそういう「うっかり女と仮面ライダー」の関係なら、恋愛はしたくないと思っている女は実際たくさんいると思う。"

そうなんだよなー!私がしっかりしていると言ったら友人がみんな笑うだろうけど、男といると、ことさらしっかりできなくなるよ。男は頼られてないと思うとがっかりするみたいで、傷つけるのも可哀想だと自分を作っているうちに段々自分らしくなくなってきて、それでイヤになっちゃうのだ。逆に「しっかり」女が好きな自虐的な男もいるんだけど、そういうヤツはそういうヤツでべったり頼ってくるからうざいし。

それと致命的だなと思ったのは、"女はギャグの「受信機」でなければいけないが、「発信機」になってはいけない"。特に美人は少しでもハメをはずすと

「キミってイメージと違う人なんだね」

と言われ、「これは否定的なメッセージである。がっかりしたという意味である」と小倉先生は言っているんだが、これって本当なんだよー!私の場合は美人だからじゃなくて、

「お前は黙ってれば可愛いんだけどなあ」

って言われるんだよ!小倉先生の故郷大阪でさえ、オモロイ女はXなんだって。合コンの帰りの大学生が

「○○ちゃんて、カワイよなあ」
「せやけど、あいつオモロかったやん」
「そやねん・・・・」(重い沈黙)

という会話をしていて、小倉先生は、

「オモロかったら、なんであかんのん?オモロい方がええやんか」と、会話に加わりたくてウズウズしたんだって。私もウズウズするよ!

という風に最後、恋愛観に移っていくところが一番面白いのだけど、ここより後の話は命題から少し逸脱しているような感じで、それでまとめて感想を書こうと思ってもなかなか書けなかったの。でも今まで「おかしい」「なぜだ」と思っていたことを分析してくれ、「こうに違いないのに説明できない」と思っていたことには言葉を与えてくれ、また自ら世間の女性像に囚われて打破できなかったところを指摘してくれ、読み終わったあと清々しい気持ちになることには間違いないよ!

小倉先生のほかの本
■赤毛のアンの秘密
■松田聖子論
■セックス神話解体新書

Key Words 本 結婚の条件 小倉千加子
幸せな結婚しよう | コメント(8) | 【2007/08/19 21:51】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『全思考』-なんつーありがたみのない・・・
NEXT: 『天使のくれた時間』-天使じゃなくて悪魔だよ!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
chuchuさん、
この本が出た頃、丁度『負け犬の遠吠え』って本も出て、そっちのほうが「負け犬、勝ち犬」って女性をカテゴライズする内容がシンプルだったのか宣伝し易かったのか、話題になって売れたんだよね。
でも私もこの『結婚の条件』のほうがず~~~っと面白かったと思う。と言うか、なんとなく思っていたことを文章にしてくれた感じ、そうそう。
文庫になったのね、再読しようかな。。
【2007/08/20 01:41】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集] | page top↑
真紅さん、
読んで読んで~!
私はたまたまお盆で日本に帰った友達に、小倉千加子の本を4冊持って帰るように任命しました。『松田聖子論』と『赤毛のアンの秘密』が一番読みたかったんだけど、もうアマゾンにさえなくて、マーケット・プレイスで中古を注文したのでつ。友よ、早く帰って来い~!
【2007/08/20 08:31】 URL | ちゅちゅ #-[ 編集] | page top↑
この手の本てあんまり読んだことないんですけど、なかなか面白そうですね~。
さっきamazonへ飛んでみたら最新刊?の『宙飛ぶ教室』も面白そうかな~と。子どもの頃は毎週宝塚歌劇の放送があったんですよね~。今は全然見ないけど嫌いじゃないので。(余談ですが、子どもの頃「過激派」と言うのを聞いて「歌劇派」かと思ってた;;)
私の場合何故結婚しないかより、何で人をそういう風には好きじゃないのか知りたい気もしますが…(分かってる気もするけど…)
とりあえず、ちょこっと立ち読みしてみようかな~。と思いました。
【2007/08/20 18:30】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
立ち読みと言わず・・・

>…(分かってる気もするけど…)
まあそうなんですけど、こういう気持ちを小倉さんみたいな人にズバリ言ってもらえるってのが気持ちいいんですよ~
【2007/08/20 22:37】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
ここにも結婚していない女がひとり。
この本知らなかったな~「負け犬~」はシッカリ読んだ。ナナメ読みして、言いたいことはわかるけど、ちと自分とは違うなと思っていたのですがこっちは面白そう。

>男は頼られてないと思うとがっかりするみたいで、傷つけるのも可哀想だと自分を作っているうちに段々自分らしくなくなってきて、それでイヤになっちゃうのだ。

ここ、激しく同意です。
自分が、もう少し男に頼ったり、甘えたりの演技がうまくできたらねぇ~。
もう、結婚してたかもね~。
とにかく、面白そうなので買って
読んでみます。


【2007/08/20 23:50】 URL | codomo #-[ 編集] | page top↑
codomoさん、
なんだかお久しぶりです!みんなコメしてなくても結構続けて遊びに来てくれているんだね。うれし~

案外反響が多くて驚いているこの本。是非、読んでみてください!私の書評なんてこの本の100分の1も表してません。すっごい面白い本ですよ!

・・・しかし、特に「独身女の~」とか宣伝しているわけでもないのに、似たような人が集まってくるってことは、類は友を呼ぶ、って本当なのね。
【2007/08/21 01:53】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
さっそく読みました。
この人面白いね~!読みながら笑いそうになったり、そうそう!そうなんだよね~と思ったり、(あまりに当てはまっているので)うーんと唸ったり。ここまで詳しくはっきりと書かれているとは、はっきり言って参りました。
愛読してる雑誌によって女性のタイプ分けしてたけど、あれはホントにそう。私間違ってもJJ派じゃなかったし。
それと、私はやっぱりしっかり女です。仮面ライダーには絶対助けてもらえないどころか、仮面ライダーの姿をちらりとも見てないかもなぁ。だいたいショッカーがいるところには近寄らないし、もし出てきたらなんとかして自分でやっつけちゃうから。自ら望んでそういう役割を背負っているわけではないのに、何故か周りの人間が持つ私のイメージは「しっかりした人」。本当にもともとそうなのかもしれないけど、そう言われ続けて、そのイメージにどんどん自然と近付いていってしまったような気もする。しかし、この話にはすごく納得した。うっかり女は私も嫌いだし、ちゃっかりもダメ。まず、自分を騙すことから始めないとダメだって書いてありましたが、私はそれができないから結婚は遠いのかもな~~。
(長文失礼しました)
【2007/09/01 11:08】 URL | codomo #-[ 編集] | page top↑
codomoさん、
わー読んでくれたんですか!うれしー。私は今、小倉先生の他の本も読んでるんだけど、やっぱコレが集大成的に可笑しいよ!
【2007/09/02 19:50】 URL | ちゅちゅ #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
- by
管理人の承認後に表示されます【2007/08/23 16 : 45】
- by
管理人の承認後に表示されます【2007/08/22 18 : 53】
- by
管理人の承認後に表示されます【2007/08/22 01 : 08】
- by
管理人の承認後に表示されます【2007/08/21 23 : 07】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。