スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
ポリス・ライヴ・イン・デトロイト!
The Police Live @ Palace of Auburn Hills July 17th, 2007

8週間も前にチケットを購入し、今か今かと待っていたのだが、ストーカー事件、身体の変調、仕事の悩み、そして家にネズミが出るなどなど、立て続けに色々なことが起こり、ぶっちゃけ「行きたくねーなー」なんて思っていたポリスのデトロイト公演。いやしかし、100ドル以上も払って、しかも最後のチャンスかも知れないのに、そんな一時の気まぐれでやめちゃいかんと自分を奮い立たせて行くことにした。


こんなTシャツが40ドルかよ~ボリだ!これと、迷彩カラーのとどっちにしようか悩んだんだが、やっぱ迷彩カラーにするべきだった。激しく後悔。
ところが当日、会社から家に帰る直前、もう解決したであろうと思われたストーカー事件のサイコ男から携帯に電話があり、家についてすぐ警察を呼ぶハメに。そのせいでうちを出るのが遅れ、しかも、会場が異常に遠いの~!何度か行ったことあったけど、自分で運転してなかったからわかんなかった。しかも曲がるところことごとく間違え、ハイウェイの出口はポリスを観に行く車で3マイルの渋滞!で、7時半の開場には間に合わず。

でもさ、普通ギグってのは、時間通りに始まらないじゃない。やっと駐車して時計を見るとまだ8時だし、余裕じゃんとか思っていたら、前座であるスティングの息子のバンドは1曲しか観れなかった。マジに7時半ピッタリに始めたのかよ?!ばかやろー、結構観たかったのになー。バカはスティングの息子のバンドじゃなくてサイコ男だけどな。こいつのおかげでいい迷惑だ。

1曲だけで感想ってのも申し訳ないけど、スティングの息子のバンドは、どこぞで読んだ通り、声はスティングにそっくり、バンドは3ピースだし、曲もまさにポリス崩れで、いっそポリスのトリビュート・バンドにしたら?という感じであった。ドラムはかなりスチュワート・コープランドしていたが、ギターがな。やっぱアンディ・サマーズって唯一無二よね。遠かったから容姿は良くわからず。

前座の後とりあえずトイレに行き、ビールを買う。出る前バタバタしていたので夕飯食ってなかったのだが、サイコ男の件で神経高ぶって何も食べる気しない。そもそもコンサート会場で売っているものなんて「とろけるチーズ付きプレッツェル」とか、ナチョスとか、ピザとか、ホットドッグとか、身体に悪いばかりか旨くもなんともないものしかないし。ビールもバカデカのカップに入っていて、これ全部飲んだらまたトイレ行きたくなっちゃうなーとか思いつつ、ちょっと飲んだら少し神経が落ち着いてきた。こういうときはアルコール効くな。

20070722005204.jpg
良く見たら、袋もポリス仕様だったりして少し嬉しい。
テツはパティさんに預けてきたが、寝る前にうちに戻すと言ってたので、サイコ男が夜ブレイク・インして、テツに悪さしたら心配だよー!とパティさんに電話をかけると「大丈夫だって!リラックス!コンサートを楽しみな!」と言われるが、心配だ~!

とか思っているうちに客電が落ちる。客電が落ちる、というのは幻想の世界にいざなう合図なのだな。今までの心配ごとが全部消えて、ステージに集中する。

スチュワートの銅鑼で始まり、メンバー登場。1曲目は『メッセージ・イン・ザ・ボトル』。わーなんかこれだけでありがとうございました、って感じなんだけど、音はイマイチ。続いては『When the World is Running Down, You Make the Best of What's Stood Around』。これがかっこいい!多分始まりは、他の曲のダミーでオープニングして、(『デモリションマン』か『オメガマン』かあの辺)「おお!この曲演るのか!」と思わせておいて、いつの間にか違う曲になっているという、ニクイ演出。やっぱ、ヒットした曲も演らないとならないので、他の曲の部分部分を使う、というのはこの曲以外にも結構あった。(うーん、もしかするとこの前に『シンクロ二シティ』演ったかもしれない)

しかも『Whan the World....』の間奏でのインプロビゼーションがむっさかっこいい!!スティングのベースもいかったし、やっぱ、アンディ・サマーズよ。この人さりげないから余り意識したことなかったけど、すごい人だね。スチュワートは、正直一番がっかりした。私は生ポリス観るの初めてで、ライブと言ったらフィルムかレコードしか知らなかったんだけど、いつもスチュワートのドラムが超かっこいかったので、すっげー期待していたのだが。ただ会場の音が良くなかったのもあるかなーと思ったけど。

20070722005140.jpg
関係ないけど今日遊びに来ているデビーさんちのオリバー君(右)とテツ
2曲終わったところでスティングのMC。「初めてデトロイトに来たのは78年12月11日だった・・・・なんちゃらはんちゃらというライブ・ハウスで演奏した。客は3人しかいなくて、そのうちの一人はうちのエージェントだったよ!あのライブに来た人いるかい?!」と言うと客はもちろん「イエー!」と返す。さすが元教師、ちゃんと宿題をしてきたね、スティングは。

お客さんたちは完全に「ポリス・ヒットパレード」を期待して来ている人たちばかりで、めっさかっこいいセッションの最中に携帯で写真撮って送ったり、ビール買いに行ったりしていた。そんでヒット曲になるといきなり立ち上がって踊ったりする、完全にノスタルジーで観に来ている人ばかり。もちろん年齢層は30から40歳くらいで、ティーン・エイジャーの娘・息子を連れている人もいた。

しかし、ミュージシャン集団であるポリスにがレコードそのまま演奏するわけがなく、インプロビゼーションがものすごく興味深いのに比べると、おなじみのヒット曲は期待はずれで、「知っている」というだけでぎゃーぎゃー言いながらノッてる観客にちょっと「??」。色々アレンジされているというだけでなく、スティング、声が出ない。スティングの声が一番良く響くノートが出ないのだ(「ぼいし~ず、いんさいまへ~~~」と『Voices Inside of My Head』の出だしとかあの辺の音程)。それと先ほども言及した、スチュワートのドラムにキレが失われていること、そして致命的だったのは、「速く演奏できない!!」

『So Lonely』や『Can't Stand Loosing You』など初期の頃の曲は、ライブのフィルムで観ると「だだだだだだだだ」というちょっとパンクがかった速いところが超かっこいいのだが、この勢いが全くなくてがっくーんと来てしまった。それと大ヒットした『Don't Stand So Close To Me』とか、『De Do Do Do, De Da Da Da』とかって、ライブ向きじゃないってゆーか、ライブで聴いてもあんまりありがたくない。

しかし『ロクサーヌ』は良かったし、ふ、不覚にも『Every Little Thing She Does Is Magic』では泣いてしまったよ。私もしっかりノスタルジーしているな。この曲のことを書いた記事に「むちゃむちゃ長いエンディングが、本編の歌のクオリティにまた輪をかけていい」と書いたけど、このむちゃむちゃ長いエンディングを、お客さんがぜーんぶ復唱できてしまうところは、さずがに感動的だった。それとか『白いレガッタ』の「いよー いえー いえーよ! いえーよ! いえーよ! いえいえいえいえいえいえいえいえ~~~~~~!!!!!!」の部分もみんな大合唱。

スタジアム・コンサートに今や欠かせない、大画面TVも付いていたので、メンバーのお姿も良く見えたのだが、ポリスの人たちは「いい年の取り方」はしていないなと思った。スティングはナルシストだけあって身体はグッド・シェイプだったけど、ミック・ジャガーとかみたいなかっこいいおっさんじゃないしね(つかミックが特殊とも言えるけど)。アンディ・サマーズは、昔可愛いなーと思ってたんだけど、なんかすげートシとった。まあ、彼だけ60代だから仕方ないんだけど。それにしても全然動かないし。相当体力的にキツそうだった。スチュワートはさー、昔、ひょろひょろでしなやかであの「するっ」としたところが大好きだったのだけど、どっちかっていうと「おばさん系」に年取ったね。んでまあ、そんな人たちが大画面にドアップになると、嬉しいんだか悲しいんだか良くわからないんだけど。でも、最近は大画面TVも良く趣向を凝らしてあって、昔みたくただ大写しにするんじゃなく、PVみたいにちゃんとコマ割とか考えてあって面白かった。

アンコールは2回あって、最初は何演ったか忘れちゃったけど、最後のアンコールで、な、な、な、なんと、「絶対演らないだろーな」と思った『Next To You』を演った!!!!「あ!ねくすとゆーだ!」とわかった途端に悲鳴を上げていた私だったのだが、周りの人はシラケ切っていた。知らねーのかよう、この歌!でもさー、速く演奏できないもんだから、あんまカッコ良くないんだよん。なんかさ、高校の文化祭で初めてライブやるバンドがさ、自分の好きな曲を演奏しているのに聴いててのれない気持ちってわかる?そーいう気持ちで聞いてしまいました。

■ポリス関連記事はこちら

Key Words
音楽 ロック ポリス ライヴ スティング スチュワート・コープランド アンディ・サマーズ
LIVE、イベント | コメント(11) | 【2007/07/22 01:22】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『不都合な真実』-人間に不都合な真実
NEXT: チュチュ姫の脳内を探る

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
ポリスって、ライブのカッコ良さよりも、やっぱりCDをヘッドホンで大音量で聴いた時の気持ち良さがいいのかも。といいつつもライブは見てみたい。
【2007/07/22 10:14】 URL | sano #-[ 編集] | page top↑
行って来たね!!!
会場がデカイとどうしても音は期待外れちゃうね。でも日本にもハヨ来い。

Tシャツは若かりし日の姿なのね
【2007/07/22 10:29】 URL | 茶 #-[ 編集] | page top↑
sanoさん、茶さん、
まーなにはともあれ、観れて良かったです。会社の人がコロラドで、デトロイトの一ヶ月暗い前に観たんですけど、そんときはみんな楽しそうに演奏していた、ということなので、ツアーが長くなってきて、デトでは疲れていたのかも。そうすっと、日本に行く頃にはボロ雑巾のようになった3人が観れて、それはそれで感慨深いかもしれない。

>Tシャツは若かりし日の姿なのね
今の姿では、売り上げに響くとでも思ったのでしょか。
【2007/07/22 22:00】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
レヴュー待ってました♪と思ったら、何だか大変だったのですね~(~_~;)
とりあえず、気をつけてくださいね。
さて、歳を取るのは仕方がないけど、演奏が遅くなるってやっぱりツライですよね……。
あぁ、スチュワートダメダメなんだぁ……と、ちょっぴり打ちひしがれてたり……。
見る時は多分ノスタルジーで頭の中を補完して見るのだろうけど、ポリスならでっかいホールだろうから音は期待できないなぁ。
【2007/07/23 17:21】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
ポリスっていいバンドだったから、年取ってまた違う味があるかと期待していたのですが、案外ダメでした。ポール・ディアノの方がずっと面白かった(ひー)。でも観ておかないと後悔するかもだ!
【2007/07/23 21:20】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
期待が大きいとガッカリ気分も大きくなりますしね。
でも、ナマで一度観てみたいと思っていたので何とかチケット手に入れて観たいと思います。
【2007/07/24 17:16】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
観てきました。
そうっすね、息子のバンドの方が、本当なら好みの音なんだろうけど……何だか『惜しい』感じが丸出しで…、そんでイマイチ、ドカーンと来ないのかと。でも、ま、ディランの息子も今いずこ?だしなぁ。
一曲目もラストも姫様の観たのと同じですね。中抜きしてるらしいけど。二曲目はシンクロニシティⅡでした。
最初いきなりアンディーのギターの音がおかしくて倒れそうになりましたけど、後はまぁ、大丈夫。スチュワートもちゃんと叩けてたし。
スティングの声はまぁ、仕方ないかな…(裏で息子にかぶせてもらったら?)とか、ちょっと毒舌(^_^;)
でも、スタンドで13,000円はやっぱ、ちょっと高いかな。
あ、POLICEの袋はパンフだと入れてくれなかったですよ。差別化してるのですかね。
【2008/02/12 16:57】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
1万3000円かあ・・・・まあ、アメリカも、いくら払ったっけ?ボリですよね、ボリ!

でもさ、老後のたくわえも必要だろうし・・・・
【2008/02/13 03:12】 URL | ちゅちゅひめ #-[ 編集] | page top↑
でも、セットも何もないし……
まさに、ボッタ・クリオ!
今までに十分蓄えられたはずだと思うんですが……
まぁ、人並みの蓄えじゃ駄目なんだろうな~
【2008/02/14 17:05】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん

ボッタ・クリオ!

私の友人達には評判いいですよ、ポリスのライブ。私は、コレを観に行って改めて「アタシって、ファンじゃないかも」と思ったんだけど。
【2008/02/20 07:55】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
最初の一音が合ってれば、醒めた目で観なかったかも。
私も、好きだけど、熱狂的なファンじゃないですからね。
【2008/02/22 16:42】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。