スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ダブリン上等!』-ユニークな群像劇
Inter'Mission

ブラック・ユーモアとオフ・ビート、ヴァイオレンスとコメディがない交ぜになっていて、ストレートなアメリカ映画を観ることが多い自分には変わってんな~という印象でした。

ダブリン上等!
dvd amazon.com
Produced: 2003
Directed by: John Crowley
Writing Credits: Mark O'Rowe
Cast:
Jerry Lynch: Colm Meaney
John: Cillian Murphy
Waitress: Kerry Condon
Lehiff: Colin Farrell
Sally: Shirley Henderson
もちろん、キリアン・マーフィー目当てで観たんですけど、コルム・ミーニイケリー・コンドンと、アイルランド系映画How Harry Became a Tree』と3人も役者さんがかぶっている。コリン・ファレルはあまり興味なかったので出ているなんて知らなかったのですが、アイルランドの人だったのね!

DVDのカバーだけ観ると、ヴァイオレンス満載のクライム・ストーリーっぽくって、いきなり冒頭のシーンでカフェのウエイトレス(ケリー・コンドン)が不良(コリン・ファレル)に生々しく殴られるシーンから始まるので、かなり覚悟して観ていたら、彼女の愛を試そうと別れを切り出したジョン(キリアン・マーフィー)の話はラブ・ストーリーだし、ジョンの友達で、彼女ができなくて夜な夜なアダルト・ビデオ観ながらマスかいてる男の子なんてモロ、ティーン・エイジ・負け組み映画だし、コルム・ミーニイ演じる、自分がスーパーヒーローかなんかだと思っている刑事さんはブラック・コメディ風、男にこっぴどく振られて世をすね、口ひげの処理をしないサリーはロマコメ。

お目当てのキリアンは、スーパーでバイトする、日本で言えばフリーターみたいなえーかげんそうな若者を好演。別れると言ったらあっさり自分の元を去っていった彼女に新しい彼氏が出来たと知ると、彼女の家に乗り込んでいって、ジェラシーが噴出するままにののしるところなんか、んー、また違う一面!!!全く観る度に色々な面を見せてくれる人だ。

ケリー・コンドンも、色々な映画で見れば見るほど可愛い。あの『ダニー・ザ・ドッグ』での老け加減は一体なんだったんだろう?今回は、名前もついてない役で単に「カフェのウエイトレス」というクレジットしかないのだが、冒頭のシーンでコリン・ファレルと会話し、ものすごい勢いで殴られるのでインパクト強い。

この映画で一番印象に残ったキャラは、シャリー・ヘンダーソンが演じるサリーだな。可愛いんだけど、ブリティッシュにありがちな濃い~眉毛の持ち主で、上唇の上にうっすらヒゲ生やしててさ。一見ブス風。どのシーンのどんなところが、とはいえないんだけど、全身から漂う怒りっつーか、オーラが出ていたよ。そしたら、サリーは、付き合ってた男にベッドに縛られて、胸の上にウンコされ、ガバガバだのなんだのと性的なことでさんざんののしられ、金を持ち逃げされた、という過去がある女の子なんだな。しかも、胸にウンコされたまま何日も発見されなくて、お母さんが見つけたときはハエがぶんぶんたかってた、ってんだから。そりゃー世もスネますな。

いわゆる群像劇で、『ラヴ・アクチュアリー』とかに通ずる乗りなのだけど、なんか変わってる。個人的にはそれなりだったけど、アメリカ人のパティさんは「エクセレント!」ってエラくウケてたから、本当はギャグが満載なのに、英語が聞き取りづらくて多分私が聴覚できなかったのかもしれない。

Key Words
映画 ダブリン上等! コルム・ミーニイ キリアン・マーフィー ケリー・コンドン シャーリー・ヘンダーソン コリン・ファレル
映画紹介 | コメント(0) | 【2007/07/01 21:59】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: ポリスのライヴまで後2週間
NEXT: 『Next to You』-ポリスのライヴまで、あと3週間でちゅ~~~!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。