スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』-ストレートなミステリー・サスペンス
The Life of David Gale

死刑が合法で、しかも執行回数が異常に多いことで有名なテキサス州。大学で哲学を教えている教授、デビッド・ゲイル(ケヴィン・スペイシー)は、死刑制度に反対する活動家でもあった。その彼が、一緒に死刑反対の活動をしていた同僚のコンスタンス(ローラ・リニー)をレイプ・殺害した罪で死刑を宣告され、服役している。これまで全くメディアの取材を受けなかったデビッドは、死刑執行の直前に、突然人気誌の女性記者ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)を指名し、多額の報酬と引き替えに残りの3日間での独占インタビューをしたいと言い出す。ビッツィーはデビッドの有罪をこれっぽちも疑っていなかったのだが、話を聞くうちに冤罪を確信し、色々調べ出す。

lifeofdavidgaledvd.jpg
dvd on amazon.com
Produced: 2003
Directed by: Alan Parker
Writing Credits: Charles Randolph
Cast:
Bitsey Bloom: Kate Winslet
David Gale: Kevin Spacy
Constance Harraway: Laura Linney
Zack Stemmons: Gabriel Mann
Dusty Wright: Matt Craven
ケイト・ウィンスレットという女優さんは、古典的な美人顔といって褒める人もあれば、大作りでブス、と嫌う人もいて、不思議な女の人ですね。今回は女性ジャーナリストの役なのですが、適当にぽっちゃりしていて現実味があった。ニコマンとかアンジェリーナ・ジョリーとかって痩せてて綺麗なんだけど、普通の人の役をやるといかにも「女優が普通の人を演じています!」って感じするけど、ケイト・ウィンスレットは美人でありながらもどこか普通の人のクオリティを持っている気がする。

そういう意味ではローラ・リニーも同じですね。この人は笑うとへろへろな顔になるのに、なぜか大学教授とか、弁護士とか、キャリア・ウーマンの役が似合う。『エミリー・ローズ』での弁護士役では、スーツがビシバシ決まっててカッコ良かったけど、今回は、服装とかイマイチ気にしない、いかにも学者肌な大学教授って感じで、役作りも上手いよね。そう言えば『ルイーズに訪れた恋は・・・』でも大学教授だったけど、同じ大学教授でもあちらは美術の教授で、もっとソフトな感じを良く出していた。上手い女優さんなのね。

ケヴィン・スペイシーはなんか可哀想だったよ、今回は。すごくいい教授なのだけど、奥さんが浮気していて家を空けがち。小さな一人息子の世話をしながら孤独に耐えている。そんな心の隙に付け入ってきた、ヤリマンで有名な女子学生にパーティで誘惑され、やったはいいが女がレイプだと言い出し、告訴はされなかったがこれが元で大学はクビ、レイピストの汚名を着せられ他の大学にも受け入れて貰えず、街の電気屋で働くハメになり、奥さんは子供を連れて行っちゃって会わせてくれない。

こういう状態でどんどんアル中になって行くわ、服装は汚くなって行くわ、なんか本当に「冴えないおっさん」って感じで、もちろん、役としてはこれでいいんだけど、情けなかった。

私はたまたまジョニ伝でHiroさんが取り上げていたのを見て「ああ、こういうストレートなミステリー・サスペンスが観たい!」と思ったのでかなり面白く観れましたが、映画的にあっと驚くような目新しさはないので、そういうものを期待していたら退屈かも。死刑反対のデヴィッド・ゲイルが今は死刑囚であり、実はハメられたらしい、という展開は社会派ミステリーとしては王道中の王道ですし、このメンツで演ったらまあハズレはないですが。

Key Words
映画 ライフ・オブ・デビッド・ゲイル アラン・パーカー ケヴィン・スペイシー ケイト・ウィンスレット ローラ・リニー ガブリエル・マン マット・クレイヴン
映画レビュー | コメント(2) | 【2007/06/18 00:48】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ハンナとその姉妹』-巧みな人物描写が楽しい映画
NEXT: 『ディナーラッシュ』-騙されたと思って観てみましょう

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
cyucyuさん こんばんは!
自分は,この映画のラストに,やられました!目的達成のためなら手段を選ばない
から!ローラ・リニーが随分,体を張ってましたのが印象的でした~
ケビン・スペイシーは,確かに情けない役
を演じれば一級品でしたね~
【2007/06/19 01:36】 URL | hiro #-[ 編集] | page top↑
こんにちは。映画のストーリー以上に、特典映像のアランパーカー監督の解説に感動しました。彼の映画作りに取り組む姿勢は素晴らしい。イギリス人だからか、アメリカの実情をより客観的に捉えている視線も共感できました。素敵な作品との出会いに感謝です。
【2013/04/09 08:39】 URL | ETCマンツーマン英会話 #hfCY9RgE[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。