スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
クリストファー・ノーラン映画偉人伝 ~その48~ 
Chu's Favorite Movie Personage No.48: Good job on The Prestige!


Christopher Nolan

■1970年7月30日、ロンドン生まれ。本名クリストファー・ジョナサン・ジェームス・ノーラン。ニックネームはクリス。7才の時から父親の8ミリカメラとアクション・フィギュアを使って映画を撮り始める。

■トレードマークは、1)映画の始まりに登場人物を紹介するところで、役者の手を撮る、2)アメリカ人の役に、アメリカ人でない役者を使う、3)回想シーンで映画を始める。

■1999年の香港フィルム・フェスティバルで、『フォロウィング』(1998)を発表しつつ、観客に次の作品『メメント』(2000)への寄付を頼み、大金を集めた。

■赤と緑の色盲

■ジェームス・ボンドの大ファンで、一番好きなのは『女王陛下の007』



■チュチュの映画偉人伝~INDEX~

※この記事は、IMDb (Internet Movie Database) の記事をチュチュがテキトーにサマって訳したものです。もしこの偉人伝で取り上げてもらいたい映画の偉人さんがいたら、教えてください。がんばって翻訳しま~す。
■「小さい頃、リドリー・スコットの大ファンだった。『エイリアン』や『ブレードランナー』は衝撃的だった。ものすごい世界観を創作したよね、もうどっぷり浸かったよ。同じ理由でスタンレー・キュービックも大好き」

■好きな映画ベスト10:『2001年宇宙の旅』(1968)、『ブラックホール』(1979)、『ブレードランナー』(1982)、『チャイナタウン』(1974)、『ヒッチャー』(1986)、『アラビアのロレンス』(1962)、『女王陛下の007』(1969)、『スターウォーズ』(1977)、『王になろうとした男』(1975)、『トプカピ』(1964)

■『インソムニア』の後、ハワード・ヒューズの自伝的映画をジム・キャリー主演で計画し、脚本も書き上げた(今まで書いたものの中で最もデキが良い物の一つ、と本人)が、マーティン・スコセッシの『アビエイター』(2004)が同じテーマなのを知り無念ながら企画を棚上げ、『バットマン・ビギンズ』(2005)の監督を引き受ける。

■小さい頃イギリスとアメリカを行ったり来たりして生活していたため、どちらの市民権も持っており、またどちらのカルチャーにも精通している。イギリス英語をしゃべるが、時々アメリカのアクセントが混じったりする。

■「バットマンは非常にチャーミングかと思えば次の瞬間には氷のように冷酷になれる、驚くほど複雑なキャラだから、クリスチャン・べイル以外にあまりたくさんあの役を演じれる人はいないね。」

■「イギリスってのは、正直言ってとても排他的なところだ。ハリウッドはオープンで、新しい人材には貪欲だよね。イギリスでは、新しいものを疑いの目で見る。それは、文化的にはいいことだと思うけど、映画界に進出したいと思う人には、マイナス点だ。『フォロウィング』を撮っているとき、興味深い人材には恵まれなかったし、イギリスの映画界からはいかなる援助も受けられなかった。エマ(現在の奥さん?)が働いていたWorking Titleっていう会社だけが、いろいろ力を貸してくれた。コピー機を使わしてくれたりとかさ。小さなことだけど、重要なことなんだよ。」

■「自分がラッキーな人間だと思ったこと一度もない。僕は本当にものすごーく悲観論者なんだ」

■「みんな朝起きて、今日を自分のあるべき一日として生きたい、と思うよね。でもなかなかそうは行かない。小さな歯車が狂ったりしてさ。それがバットマンのようなキャラクターを魅力的にしている要素だと思うんだ。彼はそんな誰もが持ってるジレンマを、もっと大きな規模で表現しているんだ。」

■チュチュノート■
バットマン・ビギンズ』、『メメント』では、それほどスゴイとも思わなかったのですが、『プレステージ』の構成が素晴らしかった!

監督作品
■The Dar Knight Rises (2012) (pre-production)
■インセプション (2010)
■ダークナイト(2008)
■チュチュ的ミステリー・オブ・ジ・イヤー!『プレステージ』(2006)
■暗い感じの一風変わったヒーロー物『バットマン・ビギンズ』(2005)
■Cinema16: British Short Films (2003) (V)
■Insomnia (2002/I)
■これもクリスチャン・ベイルでやれば良かったのに『メメント』(2000)
■Following (1998)
■Doodlebug (1997)

Key Word
映画 監督 ディレクター ノーラン バットマン プレステージ プレスティージ メメント
プレステージ | コメント(0) | 【2007/06/11 08:09】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『デモリションマン』-昔、大好きだったんですがねえ・・・
NEXT: スカーレット・ヨハンソン映画偉人伝 ~その47~ 

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。