スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ロック・スター』-メタルうんぬんではない良く出来た映画
Rock Star

この手の映画がコケる要因は、どう見てもギターなんか触ったこともなさそうな人がギタリストの役をしていたり、逆にスーパー・ギタリストを配役したら異常に演技が下手だったり、製作者が全くこの世界に精通していなかったりなどがありますが、この映画はパーフェクトにこれらの問題をクリアしています!


dvd on amazon.com
Produced: 2001
Directed by: Stephen Herek
Writing Credits: John Stockwell
Cast:
Chris "Izzy" Cole" Mark Wahlberg
Emily Poule: Jennifer Aniston
-Steel Dragon-
Bobby Beers: Jason Flemyng
Kirk Cuddy: Dominic West
A.C.: Jason Bohnam
Jorgen: Jeff Pilson
Shode: Zakk Wylde
Mats: Timothy Spall
-Blood Polution-
Rob Malsolm: Timothy Olyphant
Donny Johnson: Blas Elias
Xander Cummins: Mick Catanese
Ricki Bell: Brian Vander Ark
ミュージシャン役の俳優さんたちは、一応何らかの形でバンドをやっていたとか楽器をやっていた人たちらしく、演奏しているシーンでも全く違和感ない。クリス"イジー"コール役のマーク・ウォールバーグは、ヒップホップのヴォーカルだったらしいけど(『Good Vibration』ってこの人のバンドの曲なんだって?知らなかった!)、あれはやはり、役者根性でメタル・シンガーの生態を研究して演じたのでしょうか。完璧!

エクステンションで昨日今日髪を長くしたような人はしぐさがぎこちないので、撮影の3、4週間前から長髪で過ごしたそうで、様になってたよ。髪型や化粧に気を使いながら、後ろから見るとガニ股で歩いてるところなんか

いる、いる、こういうの!!!!

とゲラゲラ笑いながら観てしまった。また、クリスがポニーテールにネクタイ締めて「コピー機の修理屋さん」を生業としているところとかは、リサーチで観た素人メタル・バンドのドキュメンタリからヒントを得たとか。それに、メタラーってかなり無邪気で好青年が多いんですけど、クリスが子供や家族と仲が良いところとかもかなりありがち!

対する演技しなくちゃならないミュージシャンの人たちも、なかなかイケてました。ブラッド・ポリューションのドラムの人なんて、叩く姿はかっこいいし、顔はすっげーいいし、台詞回しもなかなか様になっていたし、ザック・ワイルドの「動くものはなんでも撃つ」クレイジーなハンティングの話も可笑しかった。

しかしなんといっても一番感心したのはジェイソン・ボーナムの「Dream big, live the life」のアドバイスのところ。エミリー(ジェニファー・アニストン)が去ってしまい傷心なクリスに「Can I give you advice, mate?」と、楽屋裏で血の入れ替えをしながら語るのだけど、この世界は、他のやつらが夢にしか見ない幻想の世界なんだ。だからLive the life、その世界を生きろ、要するに現世的な幸せを求めるな、Dream big、と言っているのですが、説得力ありましたよ。ちょっとウルっときちゃったもん。

このシーンに関しては特に、監督のスティーヴン・ヘレクがコメンタリーで、「多くのミュージシャンが酒やドラッグに走るのは、孤独だからだと思うなあ。華やかな世界に見えるけど、実際はライブ会場からライブ会場へ、毎日毎日同じ曲を繰り返し演奏して、バスの中で移動中に寝る、という味気ない生活なんだよ。それじゃあ彼女や結婚生活も維持して行けなくて、他のことを犠牲にしても音楽を取るか、という辛い決断をみんなしてきているんだ」と言っているんだけど、そういう私たちファンには直接わからない洞察なども織り交ぜてあり、単なるメタル・バンドとその時代のパロディ以上の映画だと思う。

そして、シアトルでクリスとエミリーが再開するシーンなんか、結構深いよ。愛はある、お互い好きなのだけど、既に生きている世界が違くて、どちらかが犠牲にならないと続けられない。無名時代を支えてくれたガール・フレンドと別れる、というケースは良く聞くが、それがなぜなのかこれを見ると良くわかる。

この男女関係、友情、また色んな人間の生き様などの、メタルうんぬん、音楽うんぬんではない普遍的な人間描写もあり、すごくいい映画だなと思う。一つだけ気に入らないのは、クリスがたどり着いた音楽がパール・ジャムを髣髴とさせ、あれじゃあいかにもメタル=虚構の世界、グランジ=本当の音楽みたいでムカつく!まあ、メタルが産業ロックに成り下がり、それにうんざりしてグランジというのが出てきた、というのは実際の流れだったので、それをああいう形で表現したのは映画的には上手いなと思うけど。

Key Words
映画 ロックスター ロック・スター マーク・ウォールバーグ ブラス・エライアス ジェイソン・ボーナム
お気に入り映画 | コメント(6) | 【2007/04/15 10:12】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ロッキー・ザ・ファイナル』-なんだか哀れ
NEXT: アメリカのビートたけし?!-ジョージ・カーランのスタンダップ・コメディ

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
この映画大好きです。
サントラもいいですよ。

ブラス・エライアスかっこいいですよね。
私はてっきりスローターはとっくに解散したものと思っていましたが、まだ現役ですって。

アメリカ版のDVDは表紙が違うのですね。日本版はグランジに堕ち果てた姿なんだもん。
【2007/04/18 22:07】 URL | yukarich #AU4Zni/6[ 編集] | page top↑
Yukarichさん、
コメとリンク、サンクスです!

実は、この写真はポスターで、DVDのカバーではありません。私はあの「グランジに堕ち果てた姿」キライなので、こっちにしたんです!
【2007/04/19 02:01】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
ハッキリ言ってブラスを観に行ったんですね。この映画。
公開が延びた映画の代りに急遽公開されて宣伝とかも殆ど出来ないままだったから興行的には(日本では)大失敗だったと思います。
宣伝してても客入りは期待できなかったと思うけど……
ラストは今も引っ掛かってます。
何でグランジやねん!と。
同じ土俵でやり直して、業界とかに挑んで欲しかったな~と思います。
でも、当時のことも振り返ると仕方ないのかな?
【2007/04/19 17:24】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
でしょでしょでしょ?!?!?!
「なんでグランジやねん」でしょ?!?!
でも、クリスがエミリーの15歳の誕生日に作った曲を恥じているシーンがあったじゃない?あれは、クリスが、自分が自然にできる音楽はメタルじゃないってことを示唆しているんじゃないかなあ。私もメタルの曲なんて作れなかったし、知ってる人でも、自分で曲書いて歌うとなるとニルバーナみたいなのばっかりになってしまう、と言っている人がいるって聴くし。
【2007/04/19 21:19】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
おぉ!?なんと曲もお作りになるとは、さすが姫様…才能が溢れてますな。
確かに、メタルやってる人のソロとかでも、バンドと変らないな~という人と、「え?こんなの作るの!?」って人がいますもんね。
【2007/04/23 18:31】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
いや、音楽の方は全く才能がなくてやめたんです!つーか、人の評価がどーであろうと、自分の作った曲を「ステキ!」って思えたら続けていたのかもしれないけど。
【2007/04/23 21:05】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。