スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『Murder One』-ポール、あんた間違ってるよ!
Murder One / Killers

ポールよ・・・・・

あんた、間違ってるよ!

murderone.jpg
Produced: 1992
Line-up
Paul Di'anno - Vocals
Steve Hopgood - Drums
Cliff Evans - Guitar
Gavin Cooper - Bass
Nick Burr - Guitar, Backing vocals
Tracklist
1. Impaler
2. The Beast Arises
3. Children Of The Revolution
4. S&M
5. Takin' No Prisoners
6. Marshall Lokjaw
7. Protector
8. Dream Keeper
9. Awakening
10. Remember Tomorrow
女の「きゃー」という悲鳴で始まる1曲目、アルバム・タイトルの『Murder One』、銃鉄が「かちっ」とあがる音が大量殺人を思わせる『Marshall Lokjaw』と、安っぽいメタル/ハード・コアのイメージで、曲もメタル・クリシェをつぎはぎしただけ。オリジナリティも何もないじゃなの!

それに、あんなに力んで歌っちゃ、あんたのいい声が台無しよ!なんでああいうマッチョなイメージにこだわるわけ?そもそもメイデンの後、なんでメタル演り続けたのかわからない。あんたの声だったら、ニュー・ウェーヴでも、ポップでもなんでもできちゃったのに!!!! あんた、本当はすごく繊細で、すっごく歌上手いのに!!!!

・・・と、ポール・ディアノをそこに正座させて、とくとくと説教したくなっちまうようなアルバムなんですが・・・

やっぱり声フェチって、あるんだよ・・・

怒りながらもかけずにはいられない・・・そうして毎日聴いているうちに、あ、そこに、ああ、あそこにも、ポールの繊細な「漂うドライ・アイス」のような声が・・・

特に3曲目『Children of the Revolution』の

おぅ ゆぅ をぉ~ん ふぅぅぅる!
(ちるどれん おざ れぼるーしょん)
のぅ ゆぅ をぉ~ん ふぅぅぅる!
(ちるどれん おざ れぼるーしょん)
のぅ! のぅ! のぅ!

の「ふぅぅぅる!」の「ぅぅぅ」ってのどを震わすところとか、か、官能!

しかも、この曲、T-Rexらしいじゃない?ポールのメタルじゃない一面を見るたびに、妄想がどんどん膨らんでくる。それってさ、いきがってる男のソフトな一面を見せられて、ついフラフラっときちゃうのと一緒なのよね。だめだな~、スケこましの常套手段にカンタンに犯られちゃ!なんで私は人の面倒みるの大嫌いなのに、こういう繊細な男に魅かれてしまうのだろう?『Dream Keeper』では、ポールが明らかに精神的および生活の支えとして女が必要かということを歌っている。私そんな女になるのイヤだも~ん。

Key Words 音楽 ロック メタル キラーズ ポール・ディアノ
お気に入りミュージシャン | コメント(0) | 【2007/04/06 21:35】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『Manic』-問題意識だけでテーマがなくてつまらん
NEXT: 『スネーク・フライト』-愛し方がわからない!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。