スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
B級バンドの愛し方-サムソン 『ショック・タクティクス』
Shock Tactics / Samson

静かなマイ・ブームになっているサムソンですが、こんな記事ばっか書いているとどんどんアクセス数が減っています。映画が好きで遊びに来てくれていた皆さん!ごめんね、最近あんま映画観てなくて。私って、こういう気まぐれなところがあるので、大成出来ないんだよなあって、ブログで大成も何もないもんだが。とにかくね、映画のことは他に書いているサイトがごまんとあると思うので、読むものにはことかかないと思いますが、サムソンのこと書いてるのなんて私とメタ馬鹿さんしかいないんじゃない?んだからこれは使命みたいなものなのです。全うさせてください。




1. RIDING WITH THE ANGELS
サムソンを聞いてるとB級メタルバンドとはなんぞや、というのが良くわかる。一流のバンドってのは、勢いつーか、こっちがヤル気がなくてもノセられてしまうものだが、B級バンドというのは、ノッて当然の曲がダサかったりする。この曲なんて、タイトルといい、リフといい、リズムといい、モーター・ロック(って勝手にジャンル作ってますが)とも言える、フリー・ウェイで飛ばすのにぴったりな曲なのに、なんとなくもっさりとしている。こちらがお約束的に無理やりノッて上げないといけない。しかし、それがB級バンドのいいところなのだ!「私がいなくちゃダメなんだわ」と愛情を思う存分注げる。

2. EARTH MOTHER
この曲もだ~!本来ならばノリノリのリフ+リズムなのになぜこんなにもっさりしてるんだ!でもブルースの声は良く伸びていて、この辺は『ヘッド・オン』の頃より、段々ヘビメタ風になってきているような。『ライブ at レディング 81』でも書いたけど、「あ~すまだ~~~!!!!」っていうハイトーンが若々しい!

3. NICE GIRL
これ、むっさベタなブギーなんですけど、ブルースが歌っているというだけで、好きになってしまう!

You're a nice girl, just a tight girl

っていうサビが、

くー!いい女だねえ。身体の締りがいいよ!

って言っているのかと思って、バーでねーちゃんナンパしているブルースを想像していたんだが、よくよく歌詞を読んでみたら、「just a tight girl」じゃなくて、 「just-a-type girl」だった。夜の繁華街で女を買う男、そして買われる女を風刺している曲で、「just-a-type girl」というのは「そういうタイプの(尻が軽い)女だな」と言っているみたい。

4. BLOOD LUST
これもさー、70年代後半のB級臭漂ってきますよ。こういうのって、ギターに相当見せ場がありそうな気がするんだけど、あんまロクなことできないポール・サムソンさんが別の意味で泣かせます。

5. GO TO HELL
おお~これはいい!これはノリノリだ~!サムソンって、女から金をふんだくるって歌詞が多いのですけど、やっぱ売れてなかったのかしら。

6. BRIGHT LIGHTS
これも、こっちがサムソンとはなんぞや?が解っていれば、すっごいノリのいい曲です。ブルースこぶしまわしちゃったりして。

「Blight Lights - Running faster than you」ってそりゃあんた、光は人間より早いがな。ベタな歌詞。

7. ONCE BITTEN
これは重たい曲のはずなんですが、重ささえ中途半端というのが面白い。あんなもっさりしてるんだから、重い方は良くできそうな感じなんですが。歌詞はまたもや不実な女のことで、ブルース(もしくはポールさん)は、女にだまされるか、だますか、いつも不毛な恋愛をしているようだ。

8. GRIME CRIME
またもやベタなブギ。冴えねえなあ、ポールさんのギター・・・・。おかずとかもかっこ良くないもんなあ・・・。

9. COMMUNION
なかなかしんみりと、心に染みる曲です。ブルースって、こういうの上手いのよね。ドラマチックに歌い上げるつの。四つに折って、ポケットにしまいたくなる・・・。

10. LITTLE BIG MAN - 11. PYRAMID TO THE STARS - 12. LOSING MY GRIP -
この3曲は、アマゾンで引いたアルバムのソング・リストには入っていたのですが、私の持ってる複製には入ってませんでした。あしからず。

■サムソンのの関連記事はこちら

Key Words 音楽 ロック メタル サムソン  
HR/HM | コメント(0) | 【2007/03/11 09:52】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 体力に自信のある人向け-レイヴン 『ワイプト・アウト』
NEXT: クライヴ・バー 多発性硬化症基金アップデート

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。