スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
姉妹がいる人には他人事じゃあないらしい『イン・ハー・シューズ』
In Her Shoes

キャメロン・ディアス嫌いで避けていた『イン・ハー・シューズ』、旧友K姉妹のおねえちゃんが、正月休みに観てなかなか良かったと薦めてくれた。「他人事じゃあないわよおおお」って言ってたけど、この映画では妹が知恵遅れなんじゃないのか?どういうことだ!

in-her-shoes.jpg
dvd on amazon.com

Produced: 2005
Directed by: Curtis Hanson
Writing Credits: Jennifer Weiner, Susannah Grant
Cast:
Maggie: Cameron Diaz
Rose: Toni Collette
Ella: Shirley MacLaine
Amy: Brooke Smith
Simon: Mark Feuerstein
ブロンドでいい身体しているがおつむはからっぽ、という評価を受けることもあろうキャメロン・ディアスが、ブロンドでいい身体していて学習障害を持つマギーを演じているところに好感が持てる。なかなかガッツのある女優さんじゃないか。始まりのトイレでのエッチ・シーンなんて、本当にバカでヤリマンの女って感じで、体当たりの演技を評価したい。

あ!そうか、わかったぞ、なんでこれが他人ごとじゃないか。K姉妹はヤリマンではなかったけど、かなり酒飲みだったので、妹のYちゃんが酔っ払って、おねえちゃんが迎えに行かなきゃならないことが多々あったのかな?いや、でもねーちゃんも酔っ払って帰ってきて、自転車でコケて骨折とかしてたしなあ・・・

私は独りっ子だからわからないよ。K姉妹に対して私は、「Yちゃんのおねえちゃん」「Kさんの妹」みたいな感覚で付き合ってなかったので、時々2人の間に起こるテンションが不思議だったなあ。映画の中でも、姉のローズが「私の人生から消えてちょうだい!」と妹のマギーに怒鳴るところがあるんだけど、Yちゃんとねーちゃんもいっつも一緒にいたから、時にはそんな風に思うこともあったのだろうか。

かと思うと二人でレストランでバカ話しながらキャーキャー盛り上がっているところとか、やはりK姉妹も同じだったな。一緒に飲んでたりしても、時々2人で遠いところに行っちゃってたり。やっぱ姉妹っていうのは、うざったいけど、ベスト・フレンドなのだろうか。

この映画では、頭はいいけど冴えないお姉さんのローズ(トニ・コレット)と、容姿はいいがおつむが足りない妹のマギー(キャメロン・ディアス)という姉妹を描いているんだけど、お姉さんは冴えない割りに次々に男が見つかって、羨ましい限りである。最初の男は花かなんか持って謝りに来るし(そこで妹に誘惑されてやっちゃうんだが)、次の男は、この最初の男とローズのことを知っているはずなのにエラく積極的にアタックしてくる。

ローズが会社を辞めた後この次の男、ええい、めんどくさい、なんて役名だ?サイモン(マーク・フューアーステイン)だ!サイモンと道でばったり会って、強引にお昼に誘われ、ディナーも強引に誘われ、アパートにきていい雰囲気になり、電気を消すと、つけたままやりたがる男!こんな奴いねーよー。みんな大体男って奴は、拒否されるのが怖くて自分の方からこんなに積極的に迫ってこないって。

え?私がそれほど愛されたことがないって?大きなお世話だ!いやしかしマジで、このローズの展開もそうなんだけど、マギーも、二人のおばあちゃんのエラ(シャーリー・マクレイン)も、結構都合よく人生が好転して行ったりして、その点ではうそ臭かった。エラは老人ホームにいるんだけど、老人ホームって本当にあんなに楽しそうなんだろうか。まあ、アメリカの場合、フロリダの老人ホームに入っている人だったら、かなり金持ってリタイアしているから、無きにしもあらずって感じはするけど。

唯一共感したというか、物語には関係ないのだけど、マギーが仕事先から盗んでくるハニーバンという名のパグの仔犬(本名ハムレット)は、レスキュー(引き取り手のない犬を一時預かってくれるところ。一定期間中に引き取り手が見つからない犬は安楽死させられる)から引き取ってきて、演技を仕込んだんだそうです。こんな可愛い仔犬がいるってことを世間に知らしめて、レスキューにいる犬達の引き取り手が増えるようにと思って、そうしたんだって。DVDの特典に入っていた。レスキューの映像を見るといつも心が痛くなるよ。「犬達は、レスキューにいるといずれは安楽死させられると分かっているから、引き取ると本当に感謝してすごくなつく」と言っていたけど、犬って結構アタマいいから、ありうるなあ。

それからローズの友達のエイミー(ブルック・スミス)という人が、いつもさりげなくローズのことを励ましていて、こういう友達いいなあと思った。私もK姉妹にとってこういう友達でありたいが、かなり程遠いな。ま~、できるだけ努力はしてみるけど・・・。

追記:この「In Her Shoes」という題名、「彼女の身になって考えてみる」というようなイディオムなのですけど、日本の人たちには余り一般的ではないのかな?英語に非常に洞察の深い人たちのブログを読んでも、そういう風に解釈している人は余りいないように見えたので・・・。って知ったかぶりしているわけじゃありませんが、一応、情報として。

Key Words 
映画 イン・ハー・シューズ キャメロン・ディアス トニ・コレット
映画感想 | コメント(4) | 【2007/01/25 00:00】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 肩透かし食らった~『ナチョ・リブレ 覆面の神様』
NEXT: 『ザ・ヒストリー・オブ・アイアン・メイデン パート1 ジ・アーリー・デイズ』 ディスク2 - なんつー太っ腹!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
チュチュさん
これは,いい意味でキャメロン・ディアスらしくなくて,良かったです。トニ・コレットが、体重をわざわざ増やして役作りしたとか、気合いの入り方が違う!
【2007/01/26 12:55】 URL | hiro #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫さま、こんにちは。最近またTBがうまくいってるみたいでうれしいです。
圏外に落ちたから頑張るぞ(笑)!
私、シャーリー・マクレーンが元々好きなんですけど、この映画でも一番輝いていると思いましたわ。
姉妹って独特ですよ。私は姉も妹もいるんで、両方の気持ちがわかるかな・・(ナゼかしんみり)。
ではでは、また来ますね。ランクイン目指して(笑)
【2007/01/26 14:14】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集] | page top↑
懐かしい!この映画、去年観たんですよ。
で、最後の最後でいきなりフィルムが止まっちゃって・・・w
もう、映画館バカ受けでした。
まあ、結局「アーそういう風に終わるのね」って終わりだったので、そこで出てもよかったかなぁと。

キャメロン・ディアスは好きな女優さんです。ロマコメで終わってしまうのは本当に惜しい・・・。もう一歩、女優として花開いて欲しいです!
【2007/01/26 21:23】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
hiroさん、真紅さん、プリシラさん、

うわっ、この映画にこんなに反応があるとは思いませんでした。キャメロン・デイアスって人気あるんだなあ。悪くはないんですが、今まで「こ、これは!」というような演技を見せられたことないんで、あんまり好きじゃなかったんですが。

真紅さん、
やはり姉妹は特別ですか。知りたいような、知りたくないような世界・・・・。

ランク上位奪回目指して遊びに来てください!
【2007/01/26 22:50】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
自分の「靴」で歩くこと~『イン・ハー・シューズ』 by 真紅のthinkingdays
 キャメロン・ディアスを初めて観たのは、確かジュリア・ロバーツ主演『ベスト・フレンズ・ウエディング』だったと記憶している。ブロンドのショート・ヘア、碧い瞳、大きくてキュートな口元、真っ直ぐで長い長い手足 真紅のthinkingdays【2007/01/26 14 : 08】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。