スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
すっごい生き生きしているラモーンズの残骸(リメインズ)のライブ!
Live in NYC / Ramainzシェアブログ1130に投稿

Live in NYC
cd on amazon.com

1. Rockaway Beach 2. Commando 3. I Don't Care
4. Teenage Labotomy 5. Beat On The Brat 6. Chinese Rocks 7. Rock & Roll Vacation In L.A. 8. Listen To My Heart 9. I Don't Wanna Walk Around Without You 10. I Wanna Be Sedated 11. Cretin Hop 12. Hop Around 13. Sheena Is A Punk Rocker 14. I Just Wanna Have Something To Do 15. Gimme Gimme Shock Treatment 16. Wart Hog 17. Chain Saw 18. Judy Is A Punk 19. Loudmouth 20. Blitzkrieg Bop 21. 53rd & 3rd


普通ライブ・アルバムって、何年の何月何日に、どこで収録って書いてあるはずなんですけど、見つからない。CDの端っこの小さい字まで見たけど、ない!ライナー・ノーツが1999年になっているので、その辺かと思いますが。ディーディーが書いた『チェルシー・ホラー・ホテル』で、1997年頃に奥さんのバーバラをベースにしてバンドをやっていたという記述があるので、それがこのリメインズのことと思われます。

リメインズとはまた粋な名前をつけたもんです。「RamonesのRemains(残骸)」!!良く見ると綴りがRAMAINZになっているけど、綴り間違えた?!いや、ディーディーは本を書く位の人だから、Ramonesに引っ掛けたのでしょう。そうだ、そうに決まってる。

私はディーディーの、しゃがれたセクシーな声が大好きで(『I Don't Care』で、「ゆどんけー」と合いの手を入れる声なんか最高)、この人が歌を歌っているところを聴いてみたい、と常々思っていたところに、このアルバムを見つけたもんで、膝から力が抜けるくらい興奮しました。特にディーディーのボーカルで聴きたかった『チャイニーズ・ロック』も『53rd & 3rd』も入っている!イイェ~イ!

お馴染みの「わんつースリーふぉ!」で始まる『Rockaway Beach』のテンションが高い~!!カモン、ディーディー、ぶちかましてくれ~!

・・・・・

あれ?

・・・・・

ディーディー、あんまり歌上手くない・・・・

もともとあんまりキーの高いほうじゃないようですが、年取ってさらに高い声が出なくなったのか、一本調子なボーカル。私、前からディーディーってビートたけしに似てるなと思っていたのですけど、この歌を聴くとますますタケちゃんを彷彿とさせる。タケちゃんもしゃがれたいい声しているけど、ちょっとオンチじゃない?曲紹介で、「こまんどう!(Commando)」って言う言い方が「コマネチ!」と言っているタケちゃんを思い出しちゃったし。

当時のディーディーの奥さんのバーバラがベースを担当しているんですけど、半分くらいはリード・ボーカルを取っていて、ディーディーの一本調子に華を添えるべく、健闘しています!張りのある良く通る声で、初々しいところがいい!しかしキーが合わないらしく、低すぎて苦しそう。でもパンクだから、キーを変えたりできないしないのか?!

予想に反して、というか、考えてもみなかったことですが、マーキー・ラモーンのドラムがすっごい上手くて、それがこのアルバムの一番の収穫と言ってもいいくらい。音の大きさといい、タイトさといい、ラモーンズ独特のメトロノームのようにちきちきと叩きながらも、シンバルとかタムとかはエラいダイナミックでカッコいいの!あと、スネアを「とったたとった」って良くやるんだけど、そのタイミングが絶妙!

それにマーキーは、「ディーディーとはラモーンズの中では一番親しかったので、ディーディーが昔から演りたがっていたギターを弾き、リード・ボーカルを取って、イキイキとしているところをレコードに出来て嬉しい」とCDにわざわざコメントも書いている。ジョーイの遺作にも参加しているし、とても仲が悪かったと伝えられているラモーンズの中で、誰の側に付くのでもなく、すごい気さくな人なんではないかという印象を持った。

あら~、ディーディーったら、『チャイニーズ・ロック』と『53rd & 3rd』が一番ヘタだよ・・・・でもライブ自体はすっごいかっこいいから、買って良かった!

追記:Live at the Continental と書いてあったのをみつけたので、場所だけはわかりました・・・

■その他のディーディー関連記事はこちら

Key Words 音楽 パンク ラモーンズ リメインズ ディーディー・ラモーン
| コメント(1) | 【2006/12/29 20:00】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 日曜大工シリーズ:リビングの飾り棚
NEXT: 袋 ミュージック・インデックス-ディーディー・ラモーン

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
拍手をくれたネガティーさん、

拍手ありがとう!気が向いたらコメも入れてください。
【2008/07/29 20:56】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。