スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ブロウ』-こ、こんなジョニデ見たくねー!(ペネロペも)
Blowシェアブログ1573に投稿

この映画って、話題になった?ジョニデ・ペネロペのコンビなのにも関わらず、全然知りませんでした。基本的に実話に基づいているので、この主人公の人・・・・ねえ、こんなジョニデ、ファンの人ががっかりするだろうなあ。だから話題にならなかったのかしらん?まあ、実話に基づいているから、その実在の人に似せようとしたのだろうけど、わー時代です!時代!

blow.jpg
dvd on amazon.com
Produced: 2001
Directed by: Ted Demme
Writing credits: Bruce Porter,David McMenna
Cast:
George Jung: Johnny Depp
Mirtha Jung: Penelope Cruz
Barbara Buckley: Franka Potente
Ermine Jung: Rachel Griffiths
Diego Delgado: Jordi Molla
Fred Jung: Ray Liotta
マジメなだけがとりえで、働けど働けど生活楽にならず、稼ぎが悪いと母親(レイチェル・グリフィス)にしょっちゅう罵倒され、挙句に破産してしまった父親(レイ・リオッタ)を見て育ったジョージ(ジョニデ)は、「自分はこんな風になりたくない」と子供心に思う。成人して親友とLAに上京したジョージは、マリファナの売買で大金を儲けるも、一度はそれで刑務所に送られるが、そこで知り合ったディエゴ(ジョルディ・モラ)にコカインのことを一から十まで習い、出所後アメリカのコカイン流通の85%を占めるまでのビッグ・ドラッグ・ディラーになる。

ハリウッド王道「アメリカ犯罪者成り上がり物語」という感じできちきちっとまとまっていて、『グッドフェローズ』を意識しているのではと思いました(レイ・リオッタが出演しているのは偶然ではあるまい)。でも、出来としては遠く及ばないかなあ。何が悪いというのではないんだけど、殊更感心しなかった。ロジャー・イバートさんは「この実在の人物が、アメリカで85%のコカインを供給していたという以外にはさして面白みのない人間だからだ」と言っていた。

個人的にはこういうドラマって筋が読めちゃうから、あんまり面白くなかったのかなと思った。軽い気持ちで始めた商売が大当たり。しかし、違法であれば必ずいつかはツケが回ってくる。仲間割れも定番ね。そして登れるだけ登りつめて、がーんと落ちる。『グッド・フェローズ』のヘンリーは、いよいよ危なくなったら仲間を売って、自分は証人保護プログラムで生き抜くけど、『ブロウ』のジョージは反対に仲間に売られる。

ジョージの妻、マーサを演じたペネロペ・クルスは、『バニラ・スカイ』と『すべての美しい馬』でのコケティッシュで可愛い印象があったんだけど、コカイン中毒のスレた犯罪者の妻の役、ハマってるな~。車の中でジョージと口論して「ゆーまだふぁか!さのばびっち!」と叫んで暴れるところなんかあまりにハマり過ぎて、逆に見たくなかった!コケティッシュで可愛らしいイメージがぶち壊しだよぅ。でももしかしたらこちらの方が現実の彼女に近かったりして。

ジョニデはいつも通り確実な芝居をしていますが、んー、確かにこれはジョニデのせいじゃなくて、実在のキャラが面白く無い人なのかなあ、全然良くなかった。それになんたってあの茶髪がめちゃめちゃ似合わなくて、それでもまだ若い頃の描写は良かったんだけど、38歳の誕生パーティの頃からほとんど嫌悪感さえ憶えたよ。その後、中年太りし始めたところ、お腹にタオル入れました、というのがミエミエだし!絶望的だったのは、ジョージが仲間に売られるところとか、その後ずーっと刑務所で娘の幻想を見ながら服役しているところとか見ても感情移入できなかったこと。やはりキャラが魅力的じゃないのかな。



Related Articles
ジョニー・デップの映画偉人伝
■ペネロペ・クルス出演作品一覧

KEY WORDS
映画 ブロウ ジョニー・デップ ペネロペ・クルス
ジョニー・デップ | コメント(4) | 【2006/12/14 02:45】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 映画偉人伝 ~その2~ 小山田シン
NEXT: 『アイ・ラヴ・ユア・ワーク』-あなたの好きなあのセレブも危ない?!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
ちゅちゅさん ジョニー・デップには、手厳しいですね(笑) 最後の特典映像にでてた本人は、自画自賛してましたね。そっくりだとか。英雄ぽい扱いをされてましたが犯罪者なんですよね。
てきとうなとこで足を洗ってればとも思いましたが、負けるまでやるのは、ギャンブラーと一緒です。
【2006/12/15 22:35】 URL | hiro #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫様こんにちは~。
やましたの中では上記シーンのベネロペは大絶賛よ。おぉ~この顔でこの強烈パンチ。中途半端じゃないのが良いね!(^▽^)。アハハ、変態?
【2006/12/17 15:52】 URL | やましたかすみ #-[ 編集] | page top↑
hiroさん、
どもども。私って、ジョニデには厳しいかしら?それって、あるかもしれない。何故だろう。本当は大好きなのの裏返しだったりして。

やましたさん、
いや、このペネロペはハマってましたよね。やっぱ情熱的なラテン系なのかなと。
【2006/12/18 02:48】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
僕は”ロード・オブ・ウォー”見た時、”ブロウ”の兵器版みたいな映画だと思いましたよ。
【2006/12/24 22:50】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。