スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ハード・キャンディ』-女の怨念がタマを蹴る!
Hard Candy

小学校4年生のとき、キンタマ蹴りにハマって、良く男子の股間を蹴り上げていたワタクシなんですが、なんでそんなことしていたんだろ?今考えて見るとあれって、男が大げさに痛がるのが可笑しかったみたい。

hardcandy.jpg
dvd on amazon.com
Produced: 2005
Directed by: David Slade
Writing credits: Brian Nelson
Cast:
Jeff: Patrick Wilson
Heyley Stark: Ellen page
Judy: Sandora Oh
Janelle: Odessa Rae
14歳の女の子が、30代の男に悪いことされる映画なんて怖くて観たかないのですが、「・・・しかしヘイリーは見た目ほど無垢ではなく、ジェフの過去を暴こうと・・・」なーんて、女の方が「ヤル」側に回ることを匂わす解説を読むと「おお~!これはいいな~!」なんて思ってしまうから不思議です。

それってキンタマ蹴りで得た快感と同じ次元のものなのか、それとも社会的に抑圧された女性の本能が「男を拷問しろ~本性を暴け~」と囁いているのかわかりませんが、いやー、面白かった!特にジェフがテーブルに下半身丸出しでくくり付けられて、わーわー泣き喚くところなんて、笑いが止まらなかったよ。

でも私だって鬼じゃないんだから、人の痛みっていうのもわかるし(実際、カンフーのクラスで股間にケリを入れられて、文字通りその痛さもわかったし)、「げー、これから素人さんにタマタマ取られるなんて、考えてみてもオソロチーだろうなあ、お気の毒に」とは思ったよ。それにうちのてっちゃんは去勢されているので、「あ、いけね!あんたは見なくてもいいよ!」と目をおおってあげた。てっちゃんも、普段は映画なんか観ないのに、私の膝にアゴをのっけてぼーっと画面を睨んでいたから、なんとなく気持ちが分ったのかしらん。

このジェフって男は、なんか悪いことしているらしいんだけど、はっきりはわからない。少女の写真を撮っているフォトグラファーで、家中にその写真が飾ってあるにも関わらず、どんな写真なのかあまりはっきり見せないし、少女達とセックスしたことがあるのと聞かれても否定しているが、本当かどうかもわからないし、「キンタマ切り取られるほど悪いことしたのか、こいつは?」というギモンが終始頭をよぎる。

まあ、ネットのチャットで14歳の女の子引っ掛けて、リアルで会おうって男だから、なんかあるんだろうなとは思うけど、でもなあ、今どきそんなのめずらしいんだろうか。それにこの人、なかなか色男で、そんな悪い人には見えないのよ。未成年とセックスとかしちゃうのかもしれないけど、傷つけたりはしなさそうな感じだし。

ヘイリーも、素性が良くわからなくて、ミステリアスだし。行方不明になって殺された少女の友達なのか、それとも何か他の個人的な恨みでジェフに報復したいのか・・・と思うのが自然じゃない?こんな大掛かりなことをして、彼を苦しめたいってんだからさ。しかし、物語が進んでいくに従って、この子は「いたずらされた全世界の女の子達の怨念が、塵のように集まってきて形をなしたもの」みたいで不気味。

真相が何かということより、真相が良くわからないから面白いという、緊張感のある映画だった。中年男の幼女趣味が背景になっているためか、「これからの大学の女性問題のクラスで鑑賞される映画になる」とか言っている人がいるらしいけど、そうなの?! なんかそういうマジメなスタンスで観る映画じゃないと思ったんだけど。キンタマ蹴りと同じノリで観ちゃいけなかったでしょうか・・・。

■14歳の女の子を好演!エレン・ペイジの出演作品一覧

KEY WORDS 映画 ハード・キャンディ エレン・ペイジ パトリック・ウィルソン
忘れられないあのシ-ン | コメント(10) | 【2006/12/03 09:31】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ラッキーナンバー7』-ネタは・・・言えない~!
NEXT: 『サンキュー・スモーキング』-コメディだけど、意外に教育的?

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
どーも!
私はこれ劇場に観に行ってしまいました。
いつもは弱い立場の女の子が男を恐怖に陥れる図が、心のどこかで快感だったりして私って鬼?と思ったりしました。
恐怖をあおるような大げさな音楽も何もないのに、こわ~~い雰囲気が漂っててすごいですよね。
でも、ラストがなんだか納得いきませんでしたけど・・・。
【2006/12/03 09:58】 URL | codomo #-[ 編集] | page top↑
チュチュさん こんばんは
小学校4年でキンタマ蹴りとは、恐れ入りました。将来、使い物にならなくなってたら、恨まれますよ(笑)
ところでもし良かったらバトンをやって貰えませんか?
【2006/12/04 01:26】 URL | hiro #-[ 編集] | page top↑
codomoさん、
私は、ラストを観て「この女の子は実在しない!」と思いましたよ。こ

Hiroさん、
そーなんですよ。私も今ではさすがにヒドイことをしたなあ~と反省しています。
【2006/12/04 01:37】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
姫、キンタマキンタマ言い過ぎです。
日本じゃひたすら女の子にキンタマ蹴りさせるビデオが売られてるんですよ。

ってか、すんません、このレビュー読んでませんでした。なかなか面白い映画でしたね。男の立場だったらおいらもああいう風に泣くと思うんだけど、キンタマじゃなくて指とかでも同じように泣くだろな。この映画だと、わざわざ氷で感覚無くしてから、って事になってるし、”切られる”より”蹴られる””つぶされる”方が死ぬほどゾッとする。ああ書いてるだけで耐えられない。
【2007/03/05 23:23】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
>キンタマ言い過ぎ
すんません、いい年して。

>指とかでも同じように泣くだろな
まあ、確かにそうですよね。でも、アノ部分って、敏感そうで、つか、単に身体の一部というだけでなく、いろんな価値観が付いてくるから、特別イタイのかなーと。

私だっておっぱい取られたら複雑な心境ですもん。
【2007/03/06 03:42】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
はじめまして。
>キンタマ蹴りにハマって
うーむ、女の子はそういう時期がくるものなんでしょうか…僕の彼女も中学くらいの時によく男子に試してたみたいです。
もちろん僕も蹴り上げられました。ジャストミートしたときの感触が好きらしい…
でも仲良しです。
【2007/04/06 13:39】 URL | きくらげ #-[ 編集] | page top↑
きくらげさん、
>女の子はそういう時期がくるものなんでしょうか

いいえ、来ません。あなたの彼女は稀です。

でも男は、蹴られる恐怖が特別な思いになってしまうのか、私も蹴っていた男の子達には好かれていました。



マゾ?!?!
【2007/04/06 23:53】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/12 23:30】 | #[ 編集] | page top↑
キンタマ蹴りのお礼は目潰しで良かったですかね?
【2008/12/16 20:35】 URL | Just being a dick #-[ 編集] | page top↑
いや~、礼にはおよびませんよ。
【2008/12/16 22:54】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。