スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『サンキュー・スモーキング』-コメディだけど、意外に教育的?
Thank You for Smoking

ロビイストとは何か?:ロビー(「政治家の控室」の意味)で活躍する者の意味。政治的圧力団体の代理人として、政党や議員や官僚、さらにはマスコミや世論に働きかけて、その団体に有利な政治的決定を行わせようとする者。

thank-you-for-smoking.jpg
dvd on amazon.com
Produced: 2005
Directed by: Jason Reitman
Writing credits: Jason Reitman, Christopher Buckley
Cast:
Nick Naylor: Aaron Eckhart
Polly Bailey: Maria Bello
Joey Naylor: Vameron Bright
Jack: Adam Brody
Lorne Lutch: Sam Elliot
Heather Holloway: Katie Holmes
Bobby Jay Bliss: David Koechner
Jeff Megall: Rob Lowe
Senator Ortolan K. Finistirre: William H. Macy
BR: J.K. Simmons
The Captain: Robert Duvall
主人公のニック・ネイラー(アーロン・エッカート)はロビイストと呼ばれており、タバコ産業が作った、タバコは害がないということを証明するための研究をしている「アカデミー・オブ・タバコ」に所属し、スポークスマンとして世間に「タバコはそんな恐ろしいものじゃないですよぉ~」と言ってまわり、タバコ産業の利益に貢献している。

非常にテンポのいい映画で、観ているときはあはあは笑いながら観ていたのですが、後から振り返ってみると、ニックの仕事ってなんなんだ、と「そこがわからなくて良く納得して観ていたな」というギモンが浮かんできたんでググッてみたら、はてなダイアリーで上記のように定義されていたのだけど、この定義を見てもイマイチ良くわからんな。

ニックは、喫煙のために癌になったティーン・エイジャーと、「子供を喫煙から守る会」みたいなとこの活動家のおっかさんたちとTVのトークショウで渡りあったり、タバコのイメージアップのために、映画の中でセレブに喫煙させようと、その筋の人に裏金渡したり、癌になった元マルボロマンが余計なこと言わないように口封じしたりするのだけど、それ全部「ロビイスト」の仕事なんスか?

どう考えても胡散臭い仕事にしか思えないんだけど、企業は堂々とこういう人を雇っているの?ニックが週一回、ディナーを共にするボビー(デヴィッド・コーチナー)は銃、ポリー(マリア・ベロ)はアルコールのロビイストで、ニックと3人で自らをMODスクワッド(MOD=Marchant of Death:死の商人)と呼び、誰の商品が死亡率ナンバー・ワンかを議論し合い、自分らが職業のせいでいかに世間から嫌われているかを自慢し合っているのですが、えらく愛すべきキャラクターたち。

それに引き換えニックの対抗勢力として、タバコの箱に「喫煙は身体に悪いです」と書く変わりにドクロのマークを入れようとしている上院議員がいるのだけど、これをウィリアム・メイシーが胡散臭げに演じてるんで、こっちの方が悪者に見える。

この映画の中で、ロビイストや政治家が、事実や真実を自分達の都合がいい様に巧みに言い換えることを「スピン」と呼んでいて、例えば、メイシー演じる上院議員が、古い白黒映画でタバコを吸っているシーンを、CGでタバコ以外のものに変えたりすることを「それって歴史を変えることではないんですか?」と質問され「いや、歴史を改善しているんです」と答えたり、ほら、良くブッシュがやっているようなしゃべりですよ。

こういう「スピン」満載なんだけど、ニックを「善」、上院議員を「悪」にしたことで、実はこの映画自体がスピンなのかなーと思った。なんでかっつーと、ニックはなんだかんだ言いながら「Freedom of choice」要するに「選択の自由」を提示しているのだが、上院議員はタバコに悪いイメージをくっつけて、排除しようとしている。

ニックは、タバコが身体に悪いってことはもう証明されているのに、わざわざドクロのマークをつける必要なんかないと言うのだけど、上院議員は「子供達をタバコから遠ざけるためには必要なんじゃないか」と迫る。その時ニックが言った「そのために教育というものがあるんじゃないか。親や大人たちが、いいものや悪いものを子供達に説明して、子供達が自分の意思で正しい選択を出来るようにしていくべきなんだ」というのを聞いて「いいこと言う!」と思った。ドクロのマークつけて、要するに怖がらせて近づけない、というやり方は、大人の怠慢なんだよね。そもそもさ、私が子供だったら、ドクロのマークなんてかっこいいから余計興味を持つと思うけどな。なんであんなにヘビメタがメジャーになったか考えてくださいよ。そういう点一つとっても、上院議員のような人たちが、本当に子供のことを考えて、理解しているとは思えないよね。

ロビイストが大企業のバックについて、利益のためには手段を選ばない人たちであるというイメージを見せながらも、案外正しいことを言っていたりして、物の見方にチャレンジされるような面白い映画でした。

KEY WORDS
映画 サンキュー・スモーキング

余談:邦題の『サンキュー・スモーキング』、原題から「For」を取り除いたことに何か意義はあるのでしょうか?「for」とか「on」とか「in」とか「of」などの前置詞は使い方で意味がビミョーに変わるし、日本人が英語を学ぶときに感覚として分りにくい分野なのに、こんな風にあっさり切り取っちゃうと、日本の英語教育に悪いと思うんだけどなあ。
DVDレビュー | コメント(3) | 【2006/12/03 09:30】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ハード・キャンディ』-女の怨念がタマを蹴る!
NEXT: ラモーンズの『イッツ・アライヴ』であなたも生き返る!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
chuchuさん、コメ&TBサンクスでした。
で、S.キングですが、『イリュージョニスト』を2006年個人的ベストの6位に挙げていて、絶賛したらしいんですよ。
そのリストもくっつけときますね。
↓こちらです。
http://www.allcinema.net/prog/news_details.php?NsNum=2961

http://thinkingdays.blog42.fc2.com/blog-entry-407.html
【2008/06/13 09:04】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集] | page top↑
真紅さん、

へえ~、そうだったんだ!

早速リスト見てみましたけど、私キングさんとは全く趣味が合わないと思いました(笑)。
【2008/06/13 20:59】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
私もこの映画を観終わって、同じような感想を持ったんですが、
チュチュ姫さんなりに結論に達したようですね。
なるほど、物の見方を考える事ができますね。
ロビイストというのはアメリカ的だなあと思いましたが、
スピンみたいな事は日常茶飯事だから、気をつけなくちゃ。

http://yanrock.blog78.fc2.com/blog-entry-415.html
【2009/03/11 17:35】 URL | YAN #9L.cY0cg[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。