スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
俺達ニュース・キャスター:男の本質ですかこれ?!

Anchorman - The Legend of Ron Burgundy


実はこの映画、公開と同時に観たのですが、ちょうど同じ頃観た『ドッジ・ボール』のベン・ステラーのマッチョマンぶりが強烈すぎて、こちらの方はかすんでしまってましたが、今回DVDで観たら、思っていたより面白かったちゅーか、『ドッジボール』に負けず劣らず馬鹿馬鹿しかったです。

benstiller.jpg
このヒゲ、この髪型、このモッコリ!ドッジボールのベン・ステラー!この人変装したほうが可笑しい
主演のウィル・フェレルが脚本も書いているようなんですが、なんで70年代のニュース・ステーションで繰り広げられるアンカーマン(ニュース・キャスター)の実態がコメディになると思ったのか良くわかりません。が、当時この職場は男性社会で、女性のアンカーマンなんてとんでもないという時代。しかし時代は確実に変わりつつあり、 Diversity(多様性)を求める世間の声に逆らえず、女性アンカーを加えたチャンネル4のニュース・チームの男性達が、野心的で才能もあり、しかも美人な女性アンカーマンに嫉妬し、嫌がらせをするところは真実味があり、その辺の目の付け所がなかなか面白いのです。

コメディですから、一般の人を誇張して表現してあるのでしょうが、私から見ると、男ってのは、ここに出てくる「チャンネル4・ニューズ・チーム」そのままです・・・・。ま、男性の方々は男性の方々で女性に言いたいことは山ほどあろうかと思いますが、それはご自分のブログでダイナミックに展開していただくとして、今はとりあえずワタクシの話を聞いてください。

「チャンネル4・ニューズ・チーム」の面々、リーダー格でメイン・アンカーのロン(ウィル・フェレル)、マッチョでスポーツ担当のチャンプ、レポーターで洒落者のブライアン、お天気担当の知恵☆れのブリックは、女性アンカー・ベロニカがチームに加わったことに激爆して、ディレクターのフレッドのオフィスで「女にアンカーマンなんかできるかぁ!」と叫びまくります。マッチョのチャンプは「んー水も滴るいい女・・・バーべキュー・ソースかけて食べちゃいたいあのケツ・・・」などと下品なジョークを延々と飛ばし続け、その上ベロニカに惚れてるはずのロンまでゲラゲラ笑ってしまう。なんかこういうおゲレツさって男子特有っていうか、女子は「なんでこんなくだらないことが面白いんだろう?」と思うのですが、男子はホント、心底可笑しいようで。こういう男子のピーカン☆なところが「バカで~」と思いながらなんとなく羨ましいチュチュなのですが。

Anchorman-Poster.jpg
DVD on amazon.com
CAST & CREDITS
Produced: 2004
Directed by: Adam McKay
Writing credits:
Will Ferrell, Adam McKay
Cast:
Ron:Will Ferrell
Veronica: Chiristina Applegate
Brian: Paul Rudd
Brick: Steve Carell
ベロニカはキャリア・ウーマン目指していて、職場の男と関係を持ったためにキャリアを棒に振った経験があるらしく、ロンに惹かれていながらもあがらおうとするのですが、結局落ちてしまう。しかし、伝説のアンカーマン、ロン・バーガンディの女、なんていうイメージがついたら、そういう風にしか見られなくなってしまう。で、ロンに「私達が付き合っていることは、内緒にしておきましょう」と言うと、ロンも「うん、その方がいいね」とか言っておきながら、その夜のニュースで、「ところで最近チームに加わったベロニカとワタクシは交際中です。彼女はベッドではとても情熱的です。」なんて言っちゃって、ベロニカが怒ると「だって、うれしかったんだも~ん!みんなに言いたいんだよぅ~!」。これってホントに犬的に「うれしー」というか、ベロニカの仕事うんぬんには全く無頓着なところが「男だよな~」とか思ってしまいました。

その後、ロンとベロニカが真剣になっていくにつれ、面白くない他のチャンネル4・ニューズ・チームの面々はベロニカを目の敵にします。「あの女がロンのアタマの中に入り込んでしまった! これではいかん!」なんていって嫉妬したり、ベロニカに嫌がらせしてロンに近づかないようにしたり。よく「女の友情は、男ができると終る」なんていうけど、男はどーよ。ビートルズが解散したのはオノ・ヨーコのせいだと堂々と言っている男の人がいますが、この映画で描かれる男の精神年齢のことは考えたことはあるのでしょうかっ?

ここで起承転結の「転」が起こる。ひょんなことからロンがニューズの時間に間に合わず、ベロニカがメイン・アンカー代行することに。今までくだらないレポートしかさせてもらえなかったベロニカは、「これがチャンス」とばかりに張り切るが、面白くないチャンプとブライアンは、ベロニカがニューズを読み上げている脇のカメラに写らないところで裸踊りとかして邪魔立てをする。(これがまた男だよな!)しかしベロニカは大成功で番組を終える。そこへ遅れてきたロンは、ベロニカに自分の代理が務まったと知ると、逆上!ベロニカが「私の夢はメイン・アンカーになることだって言ったでしょう?どうして喜んでくれないの?」と言うと「本気で言ってるとは思わなかったんだよぅ!『ベロニカは本当に面白いヤツだ。女のくせにメイン・アンカーになりたいなんてジョークを言った』って日記にも書いてある」・・・なんかこの、男と女がお互いの真意を全く分かり合ってないことって、良くあるような気がするんですけど!

これで一気にロン対ベロニカの図式が出来上がり、ニューズ・チームの面々はハッピーだが、ベロニカも負けてはいない。局に勤める女性達は、ベロニカが女でも出来ると証明してくれたことで、ベロニカの味方に。そして、ロンがカメラの横に備え付けてあるアンチョコに書いてあることは全て読んでしまうという情報を入手。一番最後の挨拶のところに「Go fxxk yourself, San Diego(なんて訳そうか・・・意訳になっちゃうけど、日本的に言うなら『みなさん、ごきげんよう』と言う代わりに『みなさん、死んでください』みたいな?あまりうまい訳じゃないが・・・)」と書き込んで置く。ロンは、全く考えないでそれを番組中で堂々と読んでしまい、TV局をクビになってしまう。

女を落とし入れるために男が裸踊りをするのに対して、女はこう出ますよ!男のおバカなところを利用して落とし入れる!こういうところを男が「やだな~」と思うのはわかる気がしますが、裸踊りする気はないんで!

この一件でTV局をクビになったロンは急速に転落して行き、ベロニカは念願のメイン・キャスターになって成功への道をまっしぐら!と思いきや・・・・

ま、映画の出来としては、絶賛て程じゃないと思いますけど、この手のおゲレツ映画好きな人にはたまんないと思いますよ。メンツも豪華ですから。お天気担当の知恵☆れのブリックを演じるのは『40 Year-Old Virgin』で一躍有名になったスティーブ・キャレルだし、その他にも『スクール・オブ・ロック』のジャック・ブラックや、今、ブラッド・ピットの元妻ジェニファー・アニストンの恋人で、『Break up』という映画でも共演しちゃっているヴィンス・ヴォーン、いまやアダム・サンドラー級のベン・ステラー、『チャーリーとチョコレート工場』にも教育ママ役で出ていた謎の大女、そしてなぜかティム・ロビンスまで、ノークレジットで出演しています。これもサタデー・ナイト・ライブのコネの力?!

Related Article
■ヴィンス・ヴォーンが出ています『ウェディング・クラッシャーズ』
■出演者がほとんど一緒『40歳の童貞』
■確かカメオ出演しているジャック・ブラックの出演作品一覧


Key Words
映画 俺たちニュース・キャスター ウィル・フェレル スティーヴ・キャレル
ビミョーな映画 | コメント(6) | 【2006/04/15 21:55】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 蹂躙されてみたい男優 クライヴ・オーウェン
NEXT: ヴィゴ・モーテンセン 映画偉人伝 ~その32~ 

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント&TBありがとうございます!!
このバかさ加減は男子中高生によくみられる
感じですねぇ。くだらないことが凄くツボにはまっちゃうんですよね、男って・・・
話は変わるんですが、このページの
怒涛のカンフームービー!
やばい、かっこよすぎです。
US版のジャケット!!
【2005/10/24 09:17】 URL | kung-fu-master #-[ 編集] | page top↑
Kung Fu Master さん、
気に入っていただけてうれしいです。
【2005/10/24 21:18】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
Kung Fu Master さん、

「このバかさ加減は男子中高生によくみられる感じですねぇ」

中学生以上でも良く見られると思うんですが・・・。
【2005/10/26 01:49】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/04/16 10:46】 | #[ 編集] | page top↑
面白い映画なんだから素直に見りゃいいのに
【2010/12/09 21:11】 URL | Just being a dick #-[ 編集] | page top↑
Just Being A Dick さん、

色々言うのが楽しいんじゃない。
【2010/12/10 00:27】 URL | ちゅちゅ #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
アンカーマン...エミー賞...ジョシュ・ルーカス。 by Welcome.
皆さん連休は楽しく過ごせましたか?寒かったですよねー。あんなに暑かった夏が懐かしい...大好きな秋ももうそろそろサヨナラしそうです凹冬ヤダー!!!ってことで、どうでもいい私の週末のご報告を。金曜日は\"Switchfoot\"のLiveに行ってきました!\"A Wa Welcome.【2006/05/19 22 : 47】
俺たちニュースキャスター (Anchorman:The Legend Of Ron Burgundy) by Subterranean サブタレイニアン
監督 アダム・マッケイ 主演 ウィル・フェレル 2004年 アメリカ映画 94分 コメディ 採点★★★ “Goodevening I'm Chevy Chase And You're Not.” たまには一休みした方がいいんじゃないかと思えるほどの快進撃を続けるベン・スティーラー一派。彼ら“フラット・パック” Subterranean サブタレイニアン【2006/04/15 15 : 37】
俺たちニュースキャスター Anchorman: The Legend of Ron Burgundy by travelyuu とらべるゆうめも MEMO
ウィル・フェレル主演14th MTV movie awards 2005 に4部門ノミネートされていたBest Musical PerformanceBest FightBest Comedic PerformanceBest On-Screen Teamウィルを探し求め観ました 観たかったアンカーマンですそれにしてもロン・バガディーの伝説とは(笑)どうし travelyuu とらべるゆうめも MEMO【2005/11/16 18 : 41】
■俺たちニュースキャスター アンカーマン:ザ・レジェンド・オブ・ロン・バーガンディー by ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
★本日は晦日だ!笑いで突っ走ろうぜッ、というわけで、公開未定の映画ですが笑っちまうコメディを1本、参ります。ま、その~好きデスナ。こーいうのは、観ないではおられんのデス。~♪早~く、こ~いこ~い、アンカァ~マン~♪今年一等観たかったコメディ映画だ。■ ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY【2005/11/01 10 : 17】
ウィル・ファレル by 「USAのんびり亭」映画情報
「奥様は魔女」への多くのトラックバックありがとうございます。皆、丁寧に読んでおり 「USAのんびり亭」映画情報【2005/10/24 14 : 08】
俺たちニュースキャスター(120) by Absorbed in a movie
原題:ANCHORMAN: THE LEGEND OF RON BURGUNDY (2004)◎ 製作国:アメリカ 監督: アダム・マッケイ 製作: ジャド・アパトー 製作総指揮: デヴィッド・O・ラッセル 脚本: ウィル・フェレル、アダム・マッケイ 撮影: トーマス・E・アッカーマン   出演: ウィル Absorbed in a movie【2005/10/24 09 : 08】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。