スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ザ・センチネル 陰謀の星条旗』-全く新鮮味のない映画
The The Sentinel

なんだかなー。今週は「王道週間」でしょうか。観るもの観るものセンスが80年代後半って感じのものばっかりです。

sentinel.jpg
dvd on amazon.com
Produced: 2006
Directed by: Clark Johnson
Writing credits: George Nplfi, Gerald Petievich
Cast:
Pete Garrison: Michael Douglus
David Breckinridge: Kiefer Sutherland
Jill Marin: Eva Longoria
William Montrose: Martin Donovan
Sara Ballentine: Kim Basinger
こういう話、昔すごい流行った気がするのですが。FBIとかCIAの裏側。エリート達がマニュアルを隅から隅まで記憶していて、聞かれるとすぐに復唱できちゃったり、ルーキーが入ってくるとエラク冷たくプロフェッショナルに接する上司、そんな中でこういうエリートたちも人間で、ジョークを言い合ったりするところもちらりとかいま見えたりとか・・・。

『ザ・センチネル』では、アメリカ大統領を守る、シークレット・サービスの裏側にカメラは入って行きます。かつてレーガン大統領を暗殺から救い、弾丸を受けた伝説のシークレット・サービスに、マイケル・ダグラス演じるピーター・ギャリソン、ピーターの親友だったが、妻がピーターと浮気したため今は敵対しているシークレット・サービス、デヴィッド・ブレッキンリッジにキーファー・サザーランド、ピーターがブレッキンリッジに推薦した新米シークレット・サービス・ジル(エヴァ・ロンゴリナ)、そしてピーターが今、関係を持っているのは、ななんとファースト・レディのサラ(キム・ベイシンジャー)!

で、大統領暗殺を狙う一味が、ピーターがファースト・レディとチョメチョメしているのをかぎつけて、アサシンに仕立て上げようとする。ピーターが大統領暗殺を企んでいるという証拠が出てきて、親友だったブレッキンリッジに問い詰められるピーター。真実を暴くために逃亡!

今どきめずらしく、痛々しい拷問シーンもないし、冷酷な殺しのシーンもない。ぶっちゃけ撃たれても血も出ないし!慣れというのは恐ろしいもので、最近はこういうの出てこないとかなり退屈する。で、そういうのないってことは多分どんでん返しはないな、ってことで、マイケル・ダグラスが悪人やることはないとわかると、劇的な逃亡劇がすっげえ退屈になってくる。

こんな明け透けなおっかけっこを見せるくらいだったら、もうちょっと登場人物の相互関係や性格を掘り下げて欲しかったな。実際、削除シーンには、ブレッキンリッジが奥さんと口論しているシーンとか、ピーターとファースト・レディがプライベートな言葉を交わしているシーンとかがあった。

かといって全く面白くなかったというわけでもないけどね。特に最後、丸く収まってめでたしめでたし、ピーターは引退してホワイト・ハウスを去っていく。その時部屋の窓から見ているファースト・レディ。うーん、この二人は本当に愛し合っているという設定なのに、大人の恋はドライだなーとか思ったりして。(でも、削除シーンに、ファースト・レデイが選挙が終わったら大統領と離婚してピーターを追っかけていく、というシーンがあって、「アレ?!」って感じでしたが)

ただ、なんか全く新鮮味のない映画ではあったな。

Key Words 映画 ザ・センチネル 陰謀の星条旗 マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド
撮影中、公開前の映画 | コメント(2) | 【2006/10/02 08:34】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『トラッシュ!コンプリート・ニューヨーク・ドールズ』-今年発売されたばかりのドールズ最新のバイオ
NEXT: 『スケルトン・キー』-見え透いたと言って悪ければ、王道のオカルト・ホラー

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
やはり、そうだったんですか!

『でも、削除シーンに、ファースト・レデイが選挙が終わったら大統領と離婚してピーターを追っかけていく、というシーンがあって、「アレ?!」って感じでしたが』

実は、この映画、最近の旅行の飛行機の中で上映していて、最後のほうに、上記のような終わり方するのかなと想像していたのです。しかし、終わりは、窓から見送るだけ。予想が外れたと思っていたのですよ。そういうシーンも有りだったのですか?この監督も、私と同じ凡人だったのですね(笑)。
【2006/10/05 15:00】 URL | Slowhand #-[ 編集] | page top↑
Slowhandさん、
そーなんですよ。本編の窓から見送っているところが「しぶいな」と思ったのに、削除シーンでは、ピーターとサラが外のベンチかなんかに座って、ボディ・ガードが見守る中「選挙が終わったらミネソタに行こうと思うの」「ミネソタ?オレが行くところじゃないか」「そうよ」とか言いながら、チュッチュって。「なんでそんなにオープンなんだお前ら!」と思ったら、謎解きが全て終わったあとのシーンだったみたいで・・・。いくらなんでもあんな公けにいちゃいちゃしないですよねえ。
【2006/10/06 21:29】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。