スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ラッキーナンバー7』-ネタは・・・言えない~!
Lucky Number Slevinシェアブログunundifinedmovieに投稿

ジョシュ・ハートネットが次々に事件に巻き込まれていく気の毒な若者、スレヴン(日本語訳では「スレヴィン」になっていますが、これは「セヴン」と「イレヴン」が重なったような響きがなんとなくいいので、どっちかっていうと「スレヴン」)、その相手役、リンジーにルーシー・リュ、そしてモーガン・フリーマンがなんとヤクザの親玉、ザ・ボスを演じ、それと対立するヤクザの親分、ユダヤ人のザ・ラバイにユル・ブリンナーじゃなくてベン・キングスレイ、そして謎の殺し屋、Mr.グッドキャットにブルース・ウィリス

slevin.jpg
dvd on amazon.com
Produced: 2006
Directed by: Paul McGuigan
Writing credits: Jason Smilovic
Cast:
Slevin Kelevra: Josh Hartnett
Goodkat: Bruce Willis
Lindsey: Lucy Liu
The Boss: Morgan Freeman
The Rabbi: Ben Kingsley
Brikowski: Stanley Tucci
ヴァイオレンスは容赦なく、頭ぶち抜き、とか、野球の硬球でおでこ直撃とか、首「ゴキッ」って殺したりとか、リンチの上ビニール袋かぶせて窒息死(これが一番イヤ!)とか、そっち系です。

スタイリッシュなところもあって、家庭的なキッチンはパステル・グリーン基調、独身男のキッチンは黒、独身女のキッチンは赤、そしてそれにいちいち忙しい70年代スタイルの柄物の壁紙をかませていたり、スレヴンやリンジーの洋服が英国トラディショナルな格子柄やダイアモンド柄に現代のテイストを加えた感じのお洒落な衣装だったり。ザ・ボスとザ・ラバイのペントハウスはド派手でともすればお品のない豪奢さで、そういうところでキャラの性格を現わしているのもいい。

ちょっと『キスキス・バンバン LA的殺人事件』のようなカル~いノリの面白さもあって、特にモーガン・フリーマンとべン・キングスレイが登場するところはいい。一発で印象付くような出方。ジョシュ・ハートネットもとぼけていて、いろんな人に違うシチュエーションで次々にボコボコにされるところがまさに『キスキス・バンバン LA的殺人事件』のロバート・ダウニーのキャラ、ハリーのようだった。そうそう、ジョシュ・ハートネットは最初の30分くらいたっぷり☆は☆だ☆か☆なので、ファンの方には嬉しいかも(ファンじゃなくても嬉しかったですが。あ、イチモツはなしよ)。ルーシー・リューは、悪くないけど、最初のペラペラ良くしゃべるところがオーバーアクトっていうか、いくらアジア人が若く見えるとはいえこの役にはトウが立ちすぎかなーと思った。でも悪くはないけどね。

ここまでで「ふむ、観てみよう」と思った方はすみやかに退場し、映画を先にご覧ください。

先を読むつもりの方は、少しお待ちください。

(一分経過)

(二分経過)

(三分経過)

(四分経過)

(五分経過)

いやー、この映画評書くの難しいよ!「ネタバレありますよ」って書いただけで、何がネタかわかっちゃうもん。私は大抵、そういうの疎いんですけど、私が気が付いたくらいだから、誰でもわかっちゃうでしょう。というか、わかったからって興ざめということではない。わかっちゃってもいいんだけど、話の流れで「これもしかして?」「いやー違うよ、だって・・・」とか思いながら観るのが楽しいんだと思う。だから最初に「これ、ネタバレがあるんだよ」って言われて「ああ、絶対これがネタだよ」と決め付けて観てしまったんでは面白くない。

だから書きたくなかったの!

私、最近疲れ気味で(セーリが近いので・・・ふー)、観ながらうとうとしていたもんで、2回目の方が面白かった。と言うのは、居眠りしてすっげえ大事なシーンをすっぽり逃していたせいもあったのだが、最初から最後まで複線張り巡らしまくっていると言うことに気が付いたから。いやー、すごいよ。全部ちゃんとツジツマ合うもん。こういうの観たかったんだよなー。ツボにハマリまくりでした。

全部観終わってみると、謎の殺し屋、Mr.グッドキャットが一番良い人だということがわかる。んーなんかほのぼのしちゃいましたよ。[09/24/06]

追記:げ~、コレの邦題『ラッキーナンバー・セヴン』にしちゃったんだ!安易過ぎませんか~というか全く関係ない気がするのだが・・・「スレヴン」っていうのが小粋でかっこいいんじゃないの。すっごーいがっかり。[12/02/06]



Key Words 映画 ラッキーナンバー7 ジョシュ・ハートネット ルーシー・リュー ブルース・ウィリス ベン・キングスレイ モーガン・フリーマン
| コメント(12) | 【2006/12/03 11:49】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『シド・アンド・ナンシー』-ゲイリー・オールドマンがシドを熱演
NEXT: 『ハード・キャンディ』-女の怨念がタマを蹴る!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
 ちゅちゅさん
ジョシュ・ハートネット 最近人気ですね。
ブラックダリアも何気にそそります。
ラッキー・ナンバー・スレヴィンって
豪華メンバーでちゅちゅさんも絶賛みたい
ですけど日本では、まだみたいですね。
残念です。
【2006/09/26 21:19】 URL | hiro #-[ 編集] | page top↑
Hiroさん、
『ブラック・ダリア』公開中なんですよ!観に行こうかな~。
【2006/09/27 21:05】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
 ちゅちゅさん 
是非観て下さいよ。レビュー希望です。
【2006/09/27 22:23】 URL | hiro #-[ 編集] | page top↑
Hiroさん、
今週末行こうかと思ってるんですけど、一緒に行く人がいない~!映画館に1人で行くってなんか切ないな~。

でもいいか、映画ファンだから!
【2006/09/28 21:09】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/09/29 23:04】 | #[ 編集] | page top↑
我慢できずに読みにきました。最後までは読んでませんが(^^ゞ
やっぱり モーガンフリーマンとベンキングスレーの存在感なんだぁ~ ここが楽しみ(^^)v
しかしながら ベンキグスレーがユルブリンナーって (笑)(笑)
来年の公開を楽しみにしておきます。

一昨日レンタルビデオやさんにモーガンフリーマンの顔が大きく出てる「34バレット」があって借りてみたら、じぇんじぇん面白くなかった・・・前半はほとんどモーガンさんでてこないし(~_~;) 出てくると 空気が変わるんだけどね(^^)v
これは テレビの特番かVシネマみたいなのかなぁ~
黒人の哀しいというかどうしようもなく立ち上がれないというか、お薬大好きというか・・・そんな生態のお勉強になりました。
【2006/09/30 21:01】 URL | Tomoko #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
Tomokoさん、
>ベンキグスレーがユルブリンナーって 
映画を観ている最中ずーっと「ユル、ユル・・・」と浮かんでくるたびに「違う!違う!」と自分に言い聞かせながら観てしまいました。

この映画のモーガン、好きです私。悪役もなかなかいいね!最後まで読まなくて正解です。映画の面白さが半減すると思うよ。(そんなもん書いてすんません)

『34バレット』って、私の偉人伝に載ってます?もれているようだったらりサーチしなくちゃ・・・

【2006/10/01 00:32】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございました。
色々いい映画ご覧になっていますね~。また読ませていただきます。ついでに、この映画もTBさせていただきました。
【2006/12/03 15:07】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
名作! 七人の侍、華氏911、007シリーズ、ブラピのセブン、「オーシャンズ~」シリーズ11、12、新作13と数字タイトルは気になりますよ。久々のオールキャストで絶対見ますね !
【2006/12/05 00:18】 URL | みんみ #28LKhIjk[ 編集] | page top↑
見終わった後 「本日は ラッキーナンバー7 にお越しくださいましてありがとうございました」とアナウンスがあったときはずっこけそうになりました(^^ゞ 
やっぱり「Lucky Number Slevin」にしていただいたほうが感動が増えますですね。

面白かったであります。
モーガン様とSir.ベンキグスレー様がなかなか滑稽なところもあってよかったであります。

もう少し早く公開して欲しかったであります。

TBさせていただきます。
【2007/01/13 17:29】 URL | Tomoko #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
日本でも公開されましたので観てきました。まず、私も「ラッキーナンバー7」というタイトルに、えぇぇ~?スレヴンのが断然いいのにぃ。と思いました。
ジョシュの周りに翻弄されまくりなところが面白かったのですが・・・あ~こういうことだったのねっていうのがわかって、すげ!と思った一方で、なーんだ、とも思っちゃった。なんか上手く言えないんですが、面白かったんだけど人にすすめるか?って言ったら微妙な感じ。でも、一緒に行った友達はすっごい面白かったってハマってました。
【2007/01/16 01:06】 URL | codomo #yBfrOqTk[ 編集] | page top↑
Codomoさん、
わかる!いい映画なんだか悪い映画なんだか、境界線って感じですね。
【2007/01/16 02:52】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
「ラッキーナンバースレビン」 by プロフェッショナルなアーチストが好き
邦題「ラッキーナンバー7」(なんか変(^^ゞ)をモーガンフリーマン様にお会いする プロフェッショナルなアーチストが好き【2007/01/13 17 : 30】
イメージからの脱却を図る - Lucky Number Slevin または The wrong man by Lost in Australia
久々に映画を 観ました。連れのリクエストにより ごひいき ブルース・ウィリスが出演している The Wrong Man こと Lucky Number Slevin に決定。予告とか 広告とか から受けたイメージは 「これって Lost in Australia【2006/12/03 15 : 06】
ラッキーナンバー スレヴィン by どうなんかね、国際結婚。
日本で公開してるのかな?ちょっと不明ですが、『Lucky Number Slevin』という映画を観ました。主人公は、ジョシュ・ハートネット。スカーレット・ヨハンセンと付き合ってるみたいですね。マフィアのボスにモーガン・フリーマンとベン・キングスレー、殺し屋にブルース・ウ どうなんかね、国際結婚。【2006/09/28 00 : 54】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。