スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『トゥルーマン・ショー』-解せない話!
The Truman Show

これってなんかスゴイ映画なんですか?アカデミー賞とかにもノミネートされたみたいだし、レンタルが一週間だったので、コメンタリーからインタヴューから、特典はくまなく観たんですけど、みんな「これはスゴイ映画だ!」と自画自賛。1人、ローラ・レニーだけが、「トゥルーマン・ショーは・・・・スゴイ」とあまり言葉になってないところが可笑しかったけど。

トゥルーマン・ショー(通常版)
dvd on amazon.com
Produced: 1998
Directed by: Peter Weir
Writing credits: Andrew Niccol
Cast:
Truman Burbank: Jim Carrey
Maryl Burbank: Laura Linney
Marlon: Noah Emmerich
Lauren/Sylvia: Natascha McElhone
Christof: Ed Harris
Director: Paul Giamatti
Mike Michaelson: Harry Shearer
Network Exec.: Philip Baker Hill
いろんなサイトのシロウトさんたちの投稿とか見ても、「これが自分だったら嫌」とか、「本当に悪いのは視聴者だ」とか、すっげえマジメにコメントしている人が多くて「やはりみんなそれなりにインスパイアされているなあ」という印象を受けたのですが、私はどんなに観ても何も感じませんでした。

コメンタリーの中で監督さんか脚本の人かなんかが、「こういうのはうそ臭いなと思われたらインパクトが薄れるから、ツッコミが入らないように綿密に脚本を練って練って練り直した」と言っているんですが、まさにその通りで、私は「あり得ねーよ」と思ってしまったので、あまり訴えてこなかったのかもしれません。

先ほどのシロウトさんの投稿の中に、「最初なんだかわかんなかったから、ネタが割れたときに面白いと思った」っていう意見があって、確かに全く知らないで観たら面白かったのかもしれませんが、DVDのジャケに、「トゥルーマン・バーバンク(ジム・キャリー)はごく平凡な小市民であったが、ある日、自分の生活は、全てTVのリアリティ・ショウの中の作り物であることに気が付いてしまう・・・・・」とバレバレに書いてあるので、あと映画に期待することと言ったら、そのリアリティ・ショウがどんな感じに描かれているのか、とか、気が付いたあとトゥルーマンがどうするのかっていうことですよね。

この映画の中の『トゥルーマン・ショウ』については、中盤くらいで番組の製作者・クリストフ(エド・ハリス)がインタヴューを受けるシーンがあって、そこで思いっきり説明されているのですが、まず、望まれない妊娠をした女性から、この番組の制作会社だか、スポンサーがトゥルーマンを養子縁組する。で、おなかの中にいるときから撮影を始め、それから一日24時間、週七日、一日も休みなくコマーシャルも入れないで、番組として流す。で、一万九百日目かなんかまで来たのかな、トゥルーマンは30歳くらいになっていて、結婚もして、仕事もしている。でも、住んでいる街から、会社から、ぜーんぶ映画のセットの中で、奥さん(ローラ・リニー)もお母さんも親友も、街の人もみーんな役者なんですよ。

で、お天気も日が昇って落ちる時間も全てコントロールされている。トゥルーマンの行動は、全てモニターされていて、なんかまずいことしようとすると、色々画策して止めてしまう。例えば、車で遠くに行こうとするといきなり交通渋滞が起こって、行けなくなったりとか。

いやーこれって絶対無理あると思うよ。いくらデカいセットを作っても、30年も生きていたら旅行に行ったりしない?まあそれは映画の中でクリストフが説明しているように、生まれたときからそういうことしないという環境にいたら、そういうもんだと受け入れてしまうから、疑問には思わない、って言うんだけどさ。トゥルーマンは、小さいときから冒険好きで、大きくなったら世界中を探検したいなんて言うので、その願望を抑えるために色々画策するんだけど、どうせ街自体が作り物なんだったら、ここ以外の場所は無いってことにしちゃえばいいのに。そもそもなんでわざわざ旅行代理店が街にあったりとか、シカゴまで行くバスが通っていたりするのかが解せない。

それに、トゥルーマンの生活は、街中、家中、もしくは共演者やトゥルーマン自身に隠されたカメラ(5000個隠してあるそうで・・・)で撮影され、リアルタイムでずーっと放送されているとのこと。そうしたらさ、私みたいに仕事している人は、会社から帰ってきてからTV観るわけじゃん。すると、トゥルーマンも仕事帰ってきて、家でくつろいでいるわけじゃない?毎日そんなんばっかだったら観るかね?普通のドラマは、仕事で何々が起こったとか、色々なことが1時間という枠に凝縮されているから面白いんであってさ、編集もしないで、トゥルーマンがご飯食べて、お風呂入って寝るところとか毎日観ても、面白くないんじゃないだろうか。

それと、トゥルーマンが死んだと思っていたお父さんに再会するシーンを物凄いドラマチックに仕立ててクリストフが悦に入ってるシーンがあるんだけど、要するにこれは、作り物ではない本物の感情と言うものをカメラに捕らえられたという喜びなんだよな。そういうものを見せたいんだったら、なんでトゥルーマンに本当の恋をさせないんだろう?

それと、トゥルーマンがこれはおかしいと気付き始めるとき、例えば、同じ役者が違う日に違う人の役で出てくるのに気が付いたり、同じ通行人と何度も出会ったりするのを疑問に思うのはわかるけど、いきなり「ここでの俺の生活は、誰かにコントロールされている」という結論に達するかなあ、という疑問もある。なぜ、この「街」だけがコントロールされていて、フィジー島はされてないと思うのだろう?奥さんに「お前も一味だろう!」とか迫ったりするんだけど、「なぜ、誰が、どうしてこんなことをしているのだ、俺はどうすればいいのだ」って考えるんだったらわかるんだけど、「ここを脱出しなければ」っていきなり思うってのがわからない。

私だったら絶対途中で観なくなっちゃうと思うなあ。面白くないと思うもん、こんなの。確かにリアリティ・ショウって流行ってるし、それが「リアリティ」だから面白いってのあると思うけど、あれは編集してるからな!24/7垂れ流しされたら、観ないだろう。しかも30年も!

でも、そうか、シットコムなんて10年も20年も同じキャストで続くしね。そういうものを想定して作っているわけか。そういうの毎週楽しみにして、何十年も見続けている人は、この映画観て、「あー、こんなことがあったら人権無視しているなあと思うけど、楽しんで見ちゃいそう!」とか思って、自己嫌悪に陥ったりとか、色々考えちゃうわけね。

要するに、『トゥルーマン・ショウ』を作った人の意図もイマイチ不明、それを観る人の意図も不明、トゥルーマンのリアクション自体も疑問、設定が信じられない、などの理由から、私は観ている間中、頭の上に大きなクエスチョン・マークが浮かんだままでした。だいたいさ、奥さん役の人とセックスとかしちゃうわけ?

Key Words 映画 トゥルーマン・ショー ジム・キャリー エド・ハリス ローラ・レニー
DVDレビュー | コメント(15) | 【2006/09/23 21:33】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: ジョセフ・ゴードン-レヴィット 映画偉人伝~その39~ 
NEXT: これを発売したヤツは鬼です-ジョニー・サンダースの『In Cold Blood』

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
まったく同じアイディアで、
手塚治虫先生が数十年前に
短編を発表されています。

偶然なのか、盗作なのか…?
【2006/09/23 21:54】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
筒井康隆で「俺に関する噂」にも同じプロットがありました。
この映画の不自然なことは
若い男は一人になれば90%の時間、一人でエロいことを考え、その行為をやっているわけで、そのタブーにいまいちリアリティがないのダメですね。
筒井康隆はそこらえんも踏まえていい小説にしていました。
【2006/09/24 18:33】 URL | yoshi #-[ 編集] | page top↑
メタバカさん、Yoshiさん、
案外、誰でも思いつきそうなプロットなんでしょうかね?あとは見せ方次第というところでしょうか。
【2006/09/25 21:27】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
渡米してきました!
僕はかなり前に観たんで、記憶がちょっと曖昧なんですけど、ラストシーンを観て、「水槽で生きてきた金魚や、籠で育った鳥を、可哀想と思い、公園の池や、大空に放してやるのと同じじゃないかな?」と思ったと記憶してるんですよね。
しかし、鳥や金魚と違い、コレは本人の意思なんだけど、ホントに大丈夫?と思いました。
・・・そんな内容ですよね?って、自分で言っといて最後は質問かよっ!こりゃ失礼。
【2006/09/27 00:46】 URL | Mr.Boo?! #-[ 編集] | page top↑
ちなみに、おれはこの映画好きですよ、
たとえ盗作だったとしても。
けっこう面白かったし。
【2006/09/27 13:59】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
Mr.Booさん、
まーそんな内容なんですけど、どっちかっつーと、その金魚や鳥に当たる方が主人公って感じすか。確かにあそこで去っていって、あのあとどうやって生活するんでしょうかねえ。あ!でもTV出てたんだからセレブとして活躍できるんじゃん?
【2006/09/27 21:03】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
メタバカさん、
最近お忙しかったようですけど、落ち着いてきましたか?

私はこの映画イマイチだったなー。もしかして単にジム・キャリー苦手なのかもしんない。
【2006/09/27 21:04】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
叶姉妹の“読者モデル”って肩書きよりはカッコ付きますね!・・“ドキュメント俳優”かな?
【2006/09/27 22:45】 URL | Mr.Boo?! #-[ 編集] | page top↑
この映画はファンタジーなんですよ。
あんまりオオマジにみちゃうと、
こかまい部分が気になってくる…
だから、多少の矛盾には目をつむって
楽しむべきなのかも?


>忙しかった
いや~、ダメッスねぇ。
なんかまた引越しするとかいってるし。
といっても今回は同じ建物の
3Fから2Fにうつるだけみたいですけど、
でも、土日出勤でやるんだろうし…。
【2006/09/28 12:12】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
メタバカさん、
お宅の会社、引っ越し多いですねえ。借金でも抱えているとか?!
【2006/09/28 21:07】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
Mr.Boo、
日本だったらバラエティショウにひっぱりだこですよ。
【2006/09/28 21:08】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
引越し貧乏…_| ̄|○
【2006/09/29 02:04】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます。
私はこういう無茶な設定の話は結構好きなのでかなり楽しんで観れました。ジム・キャリー好きだし♪
TBにチャレンジしたのですがどうやら失敗したようです。
【2006/12/28 22:15】 URL | たかゆき #-[ 編集] | page top↑
わたしは、これを見たとき、エド・ハリスが、神様で、実は人生において、私たち皆、トルゥーマンなんだということを示唆されてるのかと思いました。トルゥーマンが”世界”から出て行こうとするときに、嵐を作っちゃったりして、”そんなことしたら死んでしまう!”とスタッフに言われても、お構いなしで、天災ってこういうことなの?とか思っちゃって、そういったら、一緒にいったクリスチャンの友達に、それは違う!と激しく反論されてしまった思い出があります。
【2010/08/01 04:25】 URL | anondah #-[ 編集] | page top↑
> エド・ハリスが、神様で、実は人生において、私たち皆、トルゥーマンなんだということを示唆されてるのかと思いました。

これ、面白い!そういう風に感情移入できたら、この映画むっさ面白かったかも。
【2010/08/03 00:09】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。