スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
これを発売したヤツは鬼です-ジョニー・サンダースの『In Cold Blood』
Johnney Thunders Live in Cold Blood

1982年ニューヨークでのライブ。タイトルが『In Cold Blood』となっているのは、同名の曲を「ジョン・ベルーシに捧げる」として演っているからなのだが、私にはこのDVDを発売したやつらが in cold blood (冷血)だからだとしか思えん。

Live in Cold Blood
dvd on amazon.com
こんなの日本で出てるとは驚き
ジョニサンは完全にラリっていて、ギターもほとんど弾けてないし、歌もまともに歌えない、曲のどの辺を演奏しているかもわかってない様子で、他のメンバーがジョニサンの顔色を窺いながら演奏している始末。ものすごいコアなジョニサンのファンが最前列を陣取っているにも関わらず、みんなジョニサンのへタレぶりに、怒る前に困惑している。

ドールズの伝記『Too Much Too Soon』を読んで一番心が痛んだのがジョニサンのその後だったのだが、その中にこんな話しがあった。ライブの日にジョニサンは具合が悪かったので楽屋でヘロインを打った(この辺がジャンキーなんだが・・・)で、注射器の針が腕に刺さったまま折れてしまった。しかしプロモーターは、そんなことにはお構いなく、ジョニサンの髪を掴んでステージまで引きずっていった。ジョニサンは腕に針が刺さって血を流したまま30分演奏した。で、観客もそれでいいんだって。みんなステージでジョニサンが死ぬところを見たいだけだから。

本当にみんなこんなジョニサンの姿が見たいわけ?目の焦点合ってないし、いい男が台無しよ。しかも曲がズルズル続くらしく、途中でカットされているところがすごく多くて、編集も最悪だし。この人すごい上手いんだよ。私はきっちり演奏しているジョニサンが見たいよ。『サンダース、ノーラン、ケーン』のライブは、かなりジョニサンが暴走していたとは言え、これよりは100倍良かった。

これ発売されたの2002年でしょ。ジョニサンが死んだ後でしょ。お金のために発売したとしか思えない。こんなライブに「ラフでタフな本当のジョニー・サンダースが見られるすごいライブ」なんて解説つけて、ラリってるジョニサンの写真を中ジャケにして売るなんて、こいつら鬼だな。

Related Articles
■まだイキのいいジョニサンが見られる『オール・ドールド・アップ
2004年メルトダウン・フェスでのドールズ再結成ライブにはもうジョニサンはいない・・・
その他のドールズ関連記事はこちら

Key Words
音楽 ロック ライブ  ニューヨーク・ドールズ ジョニー・サンダース

追記:良く見たら、表ジャケにも注射器の絵が・・・。マジで面白いと思ってるんだね、これを。本物の鬼だわ。
| コメント(6) | 【2006/09/16 22:40】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『トゥルーマン・ショー』-解せない話!
NEXT: ピーター・ジャクソンの『キングコング』-毛深い動物はなんだか可愛い

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
本当にムカつきますよね!
食い物にしているかと思えません。
自分の頃(22年くらい前)もレコで雑多に出ていましたが、殆んどが、こういったものがおおかったのも事実としてあるわけでして・・。
それでL.A.M.Fをお薦めしたのですが・・。
映像となると、また意味が違いますよね・・。

もしクリアーにJohnnyのGを楽しむのなら、
「Que Sera ,Sera」がお薦めですよ。
音楽的に幅を広げようとした1枚だと思いますので。
ゲストも豪華で、ウイルコ、マイケル・モンロー、ナスティなど参加していて意欲作だと。

ただ、この後、映像に出ているように、
とことん堕ちていきますが・・・・・。

最後の涙と思って聴いています・・・。
【2006/09/17 19:35】 URL | リュウ #-[ 編集] | page top↑
リュウさん、
まだ生きている内は、へたれていても本人も楽しんでるのかなーと思っちゃってもしょうがないと思うんですけど、死んでからジョニサン自身もかなり辛かったという話が蔓延しているのにこういうの出せちゃうってのがわかりません。

ジョニサンの音楽には興味があるんですが、色々知るたびに辛くなっていくのも事実です。
【2006/09/17 22:44】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
ごぶさたです。忙しい上に風邪ひいたりして最悪です。
僕はジョニサンもドールズも全然しらないんですけど、興味が沸いてyoutubeで検索したらこれと思しき映像を見つけました。in cold bloodを演奏してるのとおそらくこれと同じときの映像だと思うんですけどベンチャーズのpipelineを演奏してるやつ。確かにラリッてるとしか思えない様子で異様な感じですが、個人的にはラリッてる割にはギターが上手いと思いました。
【2006/09/20 23:31】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん、
普段も忙しくて更新がままならないGOさんですが、最近ぱったり音沙汰ないなと思ったら、風邪!寒くなってきましたからなあ。お体には気をつけてください。

ジョニサンは、ラリってライブやるのが売りらしいので、そういう映像はたくさんあるかもね。このビデオでは全く弾けてないというか弾いてなかったから、これじゃないかも。わかんないけど・・・
【2006/09/21 21:16】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
売りなんですか?!はー。僕が見たのはバンドのドラムのバスドラにドクロの絵が描いてあるやつですね。完全に目がいっちゃっててギターのストラップは途中ではずれてしまうわで危なっかしい感じ。片っ端から動画を見てたらいろんなのがありました。”人が歌ってるのに喋ってんじゃねえ!”と客にキレたり、ステージ上でメンバー?と喧嘩したり。喧嘩の相手も相当なジャンキーらしくて、すっかり廃人となったその男の今の姿も映し出したドキュメンタリーの番組かなんかの映像とか。
 in cold bloodをへろへろと演奏するのはものすごく頭に残ってしまった。ヴォーカルの
"WE~LL・・・”と始まる声がなんとも魅力的というかなんというか。
 92年頃に来日したらしく、清志郎とセッションしてる映像もあったけど、これは結構まともでしたよ。ギターもうまいし。
 いずれにせよなんかものすごくハマりそうなミュージシャンですね。唯一無二の個性があると思います。
【2006/09/22 21:12】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん、
そうそう、客と話したりして面白いところもあるんですよね。もう一つレヴューした『サンダース・ノーラン・ケーン』でもそういうシーンあった。こっちはだいぶまともだけど、それでもシャキシャキはしていないっていうか、完全にシラフってことはないようです。この人のアルバムも買ったんですけど「こういうの苦手だなー」とか思いながら、毎日爆音でヘッドバンギングしちゃうので、おっしゃるとおりハマるタイプのミュージシャンなのかも。
【2006/09/22 23:42】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。