スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ポリー MY LOVE』-エネルギー吸い取られるほど笑いました!
Along Came Pollyシェアブログ111506に投稿

ちょっとこんなに笑ったのは久しぶり。笑い過ぎて体力消耗しちゃって、栄養補給にスタバまでフラプチーノを買いに行って、やっと一息ついたってくらいす。

alongcamepolly.jpg
dvd on amazon.com
CAST & CREDITS
Produced: 2004
Directed by: John Hamburg
Writing credits: John Hamburg
Cast:
Reuben Feffer: Ben Stiller
Polly Prince: Jennifer Aniston
Sandy Lyle: Philip Seymour Hoffman
Stan Indursky: Alec Baldwin
Claude: Hank Azaria
Leland Van Lew: Bryan Brown
この手のコメディは、通常あんまり好きじゃないんだが、フィリップ・シーモア・ホフマンが出ているということと、たまたま友達が持ってたんで、貸してもらった。

ストーリーは、モロ、ベン・スティラーお得意の、つか、こういうコメディの王道である、冴えない男が恋愛で大奮闘するつーものなんだけど、やはりフィリップ・シーモア・ホフマンをバックドロップに持ってきたのは正解だったね。デブであると言うことを100%包み隠さず使った体当たり演技ですよ!何を着ても似合わないがイジョーに高飛車な、本当に超かっこ悪い男・サンディを嬉々として演じています。

フィリップ・シーモア・ホフマンのお笑いシーンが、やもすればすんごい退屈になってしまう『メリーに首ったけ』の2番煎じ的プロットと交互に入ってきてストーリーをリフレッシュさせてくれるので、結構テンポ良く観れて楽しい。

フィリップ・シーモア・ホフマンがが出て来るところは、ほとんど全部可笑しいんだけど、一つだけ紹介するとなると、やはりバスケをするシーンだな。すっげえ下手なんだけど、ゴールするときに「レインドロップ!」とか「アイスマーン!」とか意味不明なことをいちいち叫びながらキメようとする様がイジョーに可笑しい!しかも絶対入らない。

それと中盤、ベン・スティラーがお客さんとラケット・ボールするシーンがすっげえ可笑しくて、4回くらいリワインドしてしまったんだが(4回目にはさすがに笑えなかったが)、あれって、スクリーン・プレイなんだよなあ、驚いたことに。ラケット・ボールしている人たちって、見たことある?なんかすごいワイルドなんだよね、あのスポーツ。それをえらくヴァイオレントに見せてるんだけど、カメラなんだよね、あの可笑しさを捕らえているのは。

あと、サルサが好きなポリージェニファー・アニストン)のためにリューベン(ベン・スティラー)がサルサを習うんだけど、まあ、その下手さ加減を描いた練習シーンなんかは良くあるギャグネタなんだけどさ、実際にサルサ・クラブでポリーと踊るシーンが結構いいんだよ。バカ面下げて下手ウマに踊るリューベンをスローモーで撮って、それにあきれながらも「ああ、自分のために好きでもないサルサを練習してくれたんだ」という、両手で頬を覆って感動しているポリーの顔をやはりスローモーでズームし、それを交互に出していくところが、可笑しくもあり、ほのぼのもしていて、結構いいスクリーン・プレイだったなあ。

ジェニファー・アニストンもすごくいいよ。自由奔放でちょっとずれてるポリーを無理なく演っている。この人すごい可愛くて好きなんだけど、時々オーバー・アクトというか、わざとらしい演技するんだよね、表情動かさずに口だけでしゃべったりするとかさ。でもこの映画では、演技じゃないんじゃないかって言うくらいはまってて良かった。

だらしない女なんでいつも出掛けにカギが見つからないんだけど(私もです)、電話で「またカギがみつからないんだろ?」と言われ「いや、違うの・・・置いたところにないのよ・・・」というのが笑った。そんで不本意ながらもリューベンがくれたキー・ファインダーを使うと、冷蔵庫の中にあって、「OK、見つかったよ、バイ!」って電話をポンっと投げ捨ててでかけて行っちゃうところとかいい!

普段はこの手のコメディって、バカバカし過ぎてかえって笑えないんだけど(『メリーに首ったけ』なんてぜーんぜん面白くなかった)、これはエネルギー吸い取られるほど笑ったよ。映画観てこんなに笑うなんて、どのくらいぶり?『レッド・ツェッペリン熱狂のライブ』以来だな!あれはコメディじゃないんだが・・・。




Key Words
映画 ポリー MY LOVE ベン・スティラー アニストン  フィリップ・シーモア・ホフマン コメディ ラブコメ
DVDレビュー | コメント(1) | 【2006/08/28 00:22】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: ニューヨーク・ドールズの『Seven Day Weekend』-DVD評価になるはずだったのだが!!
NEXT: 『サムサッカー』アメリカ北西部ヒッピーの「俺様主義病」

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
 チュチュ姫さん、こんにちは。こちらのブログへのご訪問とTB、どうもありがとうございました。こちらからもTBさせていただきますね(^^)
【2006/08/28 02:05】 URL | 香ん乃 #zlAQJbYM[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
ポリー my love by 1-kakaku.com
正反対な性格の2人が惹かれあってしまう『ポリー my love』は、取るに足りない作品で、観客の気分を良くも悪くもさせかねない。もちろん、ベン・スティラーとジェニファー・アニストンが、観客の時間を無駄にするだけのコンビなわけはないのだが。なるほど低い評価しか与 1-kakaku.com【2006/11/23 10 : 16】
『ポリー my love』を観たよ。 by 【待宵夜話】++徒然夢想++
 意外。この出演者陣なのに、日本劇場未公開なんだ。『ポリー my love』原題:"ALONG CAME POLLY"2004年・アメリカ・90分監督・脚本:ジョン・ハンバーグ製作:マイケル・シャンバーグ ステイシー・シェア ダニ 【待宵夜話】++徒然夢想++【2006/08/28 02 : 02】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。