スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
ジミ・ヘンドリックス-華やかなギターと腰に来るリズムがたまんない
Jimi Hendrix

Jimi.jpg


1. Purple Haze / 2. Let Me Light Your Fire / 3.The Wind Cries Mary / 4. Can You See Me / 5. 51st Anniversary / 6. Hey Joe / 7. Stone Free / 8. Stars That Play With Laughing Sam's Dice 9. Manic Deppression / 10. Highway Chile / 11. Burning of The Midnight Lamp / 12. Foxt Lady / 13. Remember / 14. 3rd Stone from the Sun


昔、銀座でバイトしていたとき、東西線に乗るために良く日本橋まで歩いて帰ったんですが、その道程に、建て直しするビルの土地で一時的に店を出す、「テント」と呼ばれるアヤシイ店が良くあったんですよ。まさにテントを張っただけのような店舗で、売っているものはインド製のラメ入りスカーフやシャツ類、スティーリング・シルバーの安い指輪(ターコイズ入り)とか。店員はメタラーから普通のおねえさんからジプシー関係の人まで多彩でしたが、その中でこのBest of Artist Selection シリーズというCDが一枚1000円か、もっと安かったかなあ、で売られていたの。で、私はジミヘンとドアーズと、「ラテン・ミュージック」って言うのと、「恋は水色」のインスト・バージョンが入ったCDを買ったわけよ。

2曲目なんてタイトル思いっきり間違ってるし(しかもドアーズと混同してないか?)、とてもオフィシャルなベスト盤とは言えないと思うのですが、選曲は悪くありません。買った時はお約束の『パープル・ヘイズ』や『フォクシー・レディ』なんかに感動したものですが、今回聴いて良かったのはなんといっても『Manic Depression』!リフといいリズムといいベース・ラインといい、もう腰から下がゆるゆるになってしまうような気持ち良さ!『Stars That Play With Laughing Sam's Dice』も、か、かっこ良過ぎる。

ジミヘンののことは良く知らないので、VH1でざっと読んだところによると、ギター・サウンドを研究していた人なのだとか。確かにディストーションのかかった音、ワウワウの音、クリアな音、そしてノイズだけでも色々あって、トリオでこれだけ華やかなのは、まさしくジミのギターのおかげなのですが、ベースとドラムもタイトでありながらも独特のドタバシャ感が、サイケデリックな多彩さを強調していてすっごい良い。

前にも話したかもしれないけど、アメリカに来てから、英語の意味がわかるとかわからないとかよりも、歌詞がどういうニュアンスなのかが感じられるようになったので、ロック・メタル系の曲とかかなり印象変わったようなものも多々あるのですが、今回大爆笑してしまったのが『51st Anniversary』という曲。ジミと結婚したいという17歳の女の子が、結婚して幸せな人たちの話をジミに語る。するとジミは「今度は俺の番。結婚の良くないところを説明しよう」と言って、とくとくと「結婚3年目。お互いにうんざりし始めて・・・・」などと言い始める。で、吹き出しちゃったのは、「So you, you say you wanna get married? それで結婚したいと言ってるの?」と言った後、すんごい力強く「I'm gonna change your mind!!あきらめさせてみせる!」とこぶしまわしちゃうところ。なんかこの歌詞の一連の日常性・ドラマ性がロックのイメージ、曲の渋さに完全に相反していてとても可笑しかった。

しかし、これだけ大きなインパクトと残したアーティストでありながら、スタジオ録音は4枚しかないんだって?活躍していた期間も短いですよね。この人といい、ニューヨーク・ドールズといい、60年後期から70年初期の人って短命な人多いよね。まだロックが産業として確立していなかったので、ずさんなマネジメントがアーティストを崩壊させちゃったってケースが多いみたい。伝説になるというのは楽じゃないようです。

ジミヘンのスタジオ録音アルバム
確かこれしかないはずだけど、間違ってたら教えてね!

Are You Experienced?Are you Experienced?
見て、この素晴らしいジャケット!ものすごくインスパイアされます!やはりこのアルバムが一番良さそう。


Electric LadylandElectric Ladyland
確かエレクトリック・レディランドというライブハウスが大阪になかったっけ?このアルバムのタイトルを見たとき「あー、あれってジミヘンからきたのか」と思いました。


Axis: Bold As LoveAxis: Bold As Love
このアルバムに関しては全然知識がありません。
■メタバカさんの全然為にならない解説にご興味のある酔狂な方は・・・こちら


バンド・オブ・ジプシーズバンド・オブ・ジプシーズ
これはエクスぺリエンスのホワイト・ボーイズが去った後、黒人のミュージシャンと結成したバンドだそうです(CD屋のおにいさんに教えてもらった)この頃ジミは、自分がロック、ブルース、ジャズ、どんな方向に行ったらいいのかわからず、周りの人も好き勝手なことを彼に言って、かなり混乱していたんだそうです。


Key Words
音楽 ロック ギター ジミヘン ジミ・ヘンドリックス 

姫の音楽レヴュー
■ヴァン・ヘイレン/ダラス・ダイヴァー【アルバム・レヴュー】
■ヴァン・ヘイレン/炎の導火線【アルバム・レヴュー】
■ヴァン・ヘイレン/暗黒の掟【アルバム・レヴュー】
■ディープ・パープル・ライブ・イン・ジャパン【アルバム・レヴュー】
■ニルヴァーナ/In Utero【アルバム・レヴュー】
■ニルヴァーナ/Nevermind【アルバム・レヴュー】
■ホワイト・ストライプス【コンサート・レポート】
■ローリング・ストーンズ【コンサート・レポート】
■ブロークバック・マウンテン【サントラ】
■The Maker Makes 【好きな曲】
◎神話-SHINHWA-◎ | コメント(23) | 【2006/07/04 22:10】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 食中毒のゲリ便のように見苦しい『美しい人』たち
NEXT: 『レイヤー・ケーキ』-普通のリーマンが共感してしまうヤクザ映画

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
来たねジミヘン。ジミはスタジオテイクよりやはりライヴがお奨めです。でもライヴでは好不調の波が激しいのでハズレを引くと泣けてきます(笑)
僕が好きなのは既に廃盤となっているStagesに収められた69年サンディエゴライヴ。素晴らしく脂ののった音を聴くことが出来ます。調べてみるとこのStagesを含むボックスセットが再販されているようです。お奨め。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HPXA/qid=1152101989/sr=1-16/ref=sr_1_2_16/249-1079838-7325934
【2006/07/05 21:23】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
連続コメントすいません。追伸
Jimi関連ではこのHPが一押しです。
http://www1.kamakuranet.ne.jp/hendrix/

お奨めしたStagesのレビューはここ
http://www1.kamakuranet.ne.jp/hendrix/stages.html

先ほど紹介したボックスセットはStagesの一部をリマスター収録している様ですね。
【2006/07/05 21:32】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
Sinoさん、
さすが喰い付いてきましたね!ふむふむ、色々あるわけだ。そうですね、考えてみりゃこの人はやっぱりライブの人よね。
【2006/07/05 22:11】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
「白人はジミを“聴く”だけだが、俺達は“聞く”んだ」…なんて映画『White Men Can't Jump』でウェズリーが話してましたね。
【2006/07/05 23:40】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6[ 編集] | page top↑
GEE-Qえいじさん、
ウェズリー、かっこいいよね。までも、そういう人種間のこだわりがジミをがんじがらめにしたんだと思いますよ。曲を聴くと本当に自由に、カテゴリーとか人種とか考えないで音楽をやっていたら、本望だったんじゃないかなあこの人は、と思わされます。あと30年遅く生まれてきたら良かったのにね。
【2006/07/06 00:29】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
「ジミヘンはギターは判らんけど声が子宮にくる」って言ってた女が居たなあ・・・男にはワカラン。
【2006/07/07 00:09】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
Sinoさん、
ジミヘンに限らず、私は音楽は頭の方では聴いてません。必ず泌尿器系か生殖器系、もしくは脊髄に来ます。思考(アタマ)とか感情(ココロ)に影響がある曲も好きだけど、私のようなよわっちい人間は、そういう曲に必要以上に共鳴して後で大変なことになるので、肉体的な曲の方が好きです。
【2006/07/07 01:53】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
Sinoさん、
男はすごい曲聴いて立ったりしないんですか?もしくは分泌液がでるとか(!)
【2006/07/07 01:54】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
しないなあ・・・(笑)
【2006/07/07 08:12】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
>すごい曲
男汁がでます。
【2006/07/07 17:49】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
Sinoさん、メタバカさん、
ちょっとぉ~、しのさん、機能が弱いんじゃないの?メタバカさん出るってよ~
【2006/07/07 23:16】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
普通出ません!機能には自信があります(笑)
しかし実際どこで感じてるんだろうと今日iPodを聴きながらまじめに考えてたんですが、胃と両肺の三角形の真ん中くらいですかね。みぞおちのちょい上。胸が締め付けられるとか表現するときの場所かなあ。
【2006/07/07 23:27】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
Sinoさん、
マジメに考えてくれて、ありがとう。きっとしのさんは、心で聴くタイプなのね。

私とメタバカさんがおゲレツなのよ、きっと。
【2006/07/08 00:14】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
メタバカさんのはお下劣じゃなくてガセネタです(笑)
女は体で聴くって話しは良く聞くよ。
【2006/07/08 00:24】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
>機能には自信
自信ないです。
朝もしょんぼりしてます。

>音楽は頭の方では
音楽は勢いで聴いてます。
…だからしょーもないもんが溜まるのか…。
【2006/07/08 02:15】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
・・・ぶっちゃけ濡れますよ。

またこういうこと言っちゃいけないんだナァ。
【2006/07/08 04:54】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
Oh!私好みの話題。この人、Live音源のCDが結構売られてきましが、良い出来と、不出来が極端な人です。飛び過ぎか、酔っ払いか解らんというのも多いような(笑)。買ってガッカリを何度も経験しています。その上、販売されているCDは、同じ曲ばかり。それでも、つい買い続けてしまいます。残念ながら、本当のLIVEは見たことがありません。ギター壊したり、燃やしたり、観てみたかったです。
【2006/07/08 10:52】 URL | Slowhand #-[ 編集] | page top↑
Slowhandさん、
そうそう、ジミヘンと言えば、ぶっ飛びステージ・パフォーマンスですよね。音楽聞いたことなくても、歯でギター弾いたりとか、オハコですもんね。

たぶん、この手の人は「飛びすぎか酔っ払い」なんじゃなくて、飛んでる日と飛んでない日はあるけど、常に酔っ払っているんじゃないでしょうか・・・。
【2006/07/08 21:18】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
ぬれるって話しは昔つきあった女が言ってたな。彼女はファンク系の16ビートのカッティングが良いらしい。EW&Fとかね。

酔っぱらいっていうかいつも「キメてる」んでしょうなあ。だから死んじゃったな・・・

ジミが気に入ったならJanis聴きなさい。
【2006/07/08 23:17】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
Janisは元々ファンですよ!
【2006/07/09 00:35】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
そっか。Janis最高だよねえ・・・じゃあIggy行きなさい(笑)
Iggyはライヴも良いけどスタジオテイクも良いよ。Raw Powerを聴かなきゃパンクはワカラン!って・・・・ってジミはパンクじゃないけど・・・・
【2006/07/09 00:58】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
>ジミはパンクじゃないけど・・・・
あ~、そういわれてみれば、
ある意味、パンクのおおもとのような気が。

生き方とか、バカっぷりとか、
ギタリストとして高度な点を除けば、パンク?

…これは新説?ですよ!
「ジミ=パンクの元祖」
【2006/07/09 02:27】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
やっぱアクシスアルバムはジミらしくない点も多いワケですなぁ。でもこれを制してこそジミに近づけるものと思ってます、まだまだできない自分はパンクスなのだろうか(笑)?
【2006/08/23 06:58】 URL | フレ #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
Jimi Hendrix Experience - Are You Experienced? by メタル馬鹿一代
CD/米盤/1993年1967年リリース。名盤なので内容については割愛。MCAからの再発で、音質向上、クリアな音になっている。ブックレットも豪華。曲目:1. Foxy lady  2. Manic depression  3. Red house  4 メタル馬鹿一代【2006/11/03 02 : 04】
Jimi Hendrix - Axis : Bold As Love by ロック好きの行き着く先は…
 ジミヘン…何度目の登場だろ?やっぱ好きなのかな、っつうかこの時代の寵児だよなぁ。一番よく聴くのはもちろんファーストアルバム。で、未だにまともに制覇できていないアルバムが「エレクトリック・レディランド」 ロック好きの行き着く先は…【2006/08/23 19 : 33】
The Jimi Hendrix Experience - Axis: Bold as Love by メタル馬鹿一代
CD/米盤/1993年MCA盤。オリジナルは1967年リリース。これ以前はポリドール盤が流通していた。MCA盤がリマスター盤で、ポリドール盤がリマスター前、と思ってる人が多いけど、実はポリドール盤もリマスターされている( メタル馬鹿一代【2006/07/15 12 : 59】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。