スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『レイヤー・ケーキ』-普通のリーマンが共感してしまうヤクザ映画
Layer Cakeシェアブログ1571に投稿

このお話の教訓。1)自分が安全運転していても、イカれたドライバーに突っ込まれて事故ることがある。2)自分1人で良い仕事をしているつもりでも、ボスは必ずいる。3)大金を稼ぐと言うことは、汚いことをするということなのである!

layercake.jpg
soundtrack on amazon.com
dvd on amazon.com
CAST & CREDITS
Produced: 2004
Directed by: Matthew Vaughn
Writing credits: J.J. Connolly
Cast:
XXXX: Daniel Craig
Clarkie: Tom Hardy
Duke: Jamie Foreman
Slasher: Sally Hawkins
Morty: George Harris
Tammy: Sienna Miller
いやー、ブリティッシュ・イングリッシュは難しいッス!全然わかんなくって、一週間もDVD観てしまいましたよ。忙しくて通しで観るヒマなかったので、夕飯の時に少し見て、寝る前にもうちょっと、みたいな感じで。そうして繰り返し観て、やっとだんだん聞き取れるようになったんで、劇場で通しで観る人とは感想が違ってくるかもね。

ただ、ヴァイオレンス~!であることは間違いないと思います。不思議なのは、アメリカ映画でギャングがガンガン人を殺そうと、銃の撃ち合いしようと、拷問しようと「ふーん、そんなもんか」と思うのだけど、イギリスだと「怖えぇ~」と思うのが可笑しい。イギリスは「紳士の国」だからさ(!)どこの国にも、ハード・ボイルドな世界は存在するんでしょうけど、イギリス人って気取って感情的にならず、というイメージなんで、こういうアメリカ的なヴァイオレンスを背景に観ると新鮮よ。かつて日本人が、肩からカメラかけて英語もしゃべれずニコニコしているだけの観光客、というイメージしかなかった頃、日本のヤクザ映画を初めて観たアメリカ人がかなり衝撃受けたと想像されるのと同じような衝撃を受けました。

私が日本でシコシコ英語を勉強していた頃、イギリス人はFuckって言わない、FuckのかわりにBloodyって言う、とかって言われていたけど、この『レイヤー・ケーキ』の中では、みなさんFuck連発してますよ。これってやっぱ、ギャングだから?私の友達は「アメリカでも女はFuckって言わない」って聞いたと言っていたけど、そりゃ時と場合によるわな。公の場では言わないけど、友達同士でしゃべってたら言う人もいるし、まあ私は公の場でも言ってしまうのだが・・・。とにかく、日本で得る英語に関する情報って、断片的でしかないことが多いスよね。

『レイヤー・ケーキ』の主人公は、ギャングと言えども今風で、普通の金持ってる若手企業家のように見えるし、本人も自分のことをギャングとは思っていない。コカインの売買で物凄いお金を稼いでも、それを鼻にかけて豪遊したり見せびらかしたりするでもなく、賢く静かに、目立たないように生活する。欲を出しすぎて、足がつかないように、賢く、賢く。名前さえ公にしない。しかし、商売をしていれば、客も上司も同僚もいるわけで、自分1人が清く正しく賢くやっていても、結局はその世界の埃にまみれていくわけですなあ。

だから『レイヤー・ケーキ』は、コテコテのヴァイオレンス映画でありながらも、『レザボア・ドッグス』のような一般人には関係ない世界での出来事ではなく、私のように企業の一員、要するに大きな組織の小さな歯車として働いている人が共感しちゃうような内容でした。そう考えるとこの『レイヤー・ケーキ』というタイトルが納得行きますよね。

この映画のサントラは、あえてイギリスのアーティストばっかりを使っているみたいで、カイリー・ミノーグデュラン・デュランXTCジョー・コッカーザ・カルトローリング・ストーンズなんて面子が揃っていて、80年代のブリティッシュ・インヴェイジョンが好きだった方なんかは相当楽しめるかも。

主演のダニエル・クレイグが、次期ジェームス・ボンドの最有力候補だってきいたけど、ジェームス・ボンドって、こういうイメージだったっけ?アゴ割れてなくていいの?ジェームス・ボンドなんて、トム・クルーズにでも演らせておけばいいのに。トシ喰ってきたし、調度いいんじゃん?ダニエル・クレイグがこの映画でハマったのは、「らしくない」ハード・ボイルドだったからだと思うんだけどなあ。



Key Words
映画 レイヤー・ケーキ ダニエル・クレイグ イギリス ヴァイオレンス
映画感想 | コメント(8) | 【2006/07/02 22:28】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: ジミ・ヘンドリックス-華やかなギターと腰に来るリズムがたまんない
NEXT: 『ブロークバック・マウンテン』ー涙は心の汗だ!たっぷり流してみよう!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
ボンド最有力というか、もう決まりみたいですよ。彼で…
ただ、ボンドガールが難航してるとか…
初のブロンドのボンドっていうのが話題らしい(^_^;)
他は、オートマ免許しかもってなくてボンドカーの仕様が変わったとか…
情けない話題ばかりで前途多難?
トム・クルーズですか…う~ん(~_~;)
【2006/07/03 16:55】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
チュチュ姫さん、こんにちは。
この映画、日本で公開されたのでしょうか?観てみたいです。
わたしはダニエルクレイグ密かに好きなのですが、賛同してくれる人は誰もいません。『007』も楽しみなんですけど、やっぱり彼ではイメージ違うのですかね・・・。Mにも予告の中で「あんたにダブルオーを名乗らせるのはまだ早い」とダメだしされている気の毒なダニエル、巻き返しはなりますでしょうか???わたしは期待したいです!それではこの辺で。
【2006/07/04 21:30】 URL | かいろ #-[ 編集] | page top↑
かいろさん、
この映画、今週か先週に日本公開されているはずですよ。観てみてください!

ダニエル・クレイグ・・・・私の印象としては、実直で静かそうな人・・・こういうタイプ、好きという気持ちはわかります。なんとなくあがらえない魅力のある人ですよね。
【2006/07/04 22:52】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
やっと見ました。
いや~何だか中間管理職の悲哀、みたいなものを感じました。
物事、計画通りには行かないものですね。
ちょっと意外な終わり方でしたけど、如何にもイギリス映画っぽいかなとも思いました。
不満は女優さんがもうちょびっと美しければ…というところでしょうか?
サントラ、いい感じですね。



【2006/08/28 17:21】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
あ、まーちゃんだ、お久!
でしょでしょ、社会人ならわかりますよねーこの気持ち。いやー、生きるってのは大変だ。ああいうラストってイギリスっぽいの?あんまりイギリス映画って観ないからわかんないけど。ヤクザ映画にはありがちなオチかな~と思いましたが!
【2006/08/28 21:18】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
海の向こうからトラックバック、コメントありがとうございます。
【2006/08/28 23:27】 URL | シゲ #qEjsIqRU[ 編集] | page top↑
ホント、お久しぶりでしたね。
イギリスっぽいというのは、う~ん、主人公が降って湧いたような本筋とは無関係の如き不幸に襲われて悲惨なエンディングを迎える。感じでしょうか?
同じような話をハリウッドで作ったら、主人公は恋人と新たな一歩を…で、めでたしめでたしな感じなのかな?と思っているのですが?
どうなんでしょう??
【2006/08/31 16:46】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
カイリー・ミノーグはオージーですよ
【2006/09/14 18:25】 URL | ☆ #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。