スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『キスキス バンバン -L.A.的殺人事件』-サラリと面白いタケチャンマン的コメディ
Kiss Kiss Bang Bang

ロバート・ダウニーJr.が俳優業再開!という記事をどこかで読んだんで、つことは休業していたわけね。一時、ドラッグとかでかなり落ちぶれたけど、いや、これはナイス・カムバックです。ケチなへたれ男振りがハマっていました。

kisskiss.jpg
dvd 発売は9月8日
CAST & CREDITS
Produced: 2005
Directed by: Shane Black
Writing credits: Brett Halliday, Shane Black
Cast:
Harry Lockhart: Robert Downey Jr.
Gay Perry: Val Kilmer
Harmony Faith Lane: Michelle Monaghan
Mr. Flying Pan: Dash Mihok
とにかく、ロバート・ダウニー扮するハリーが、ボコンボコンにやられます。まずLAのパーティでハーモニー(ミシェル・モナガン)をスケベ男から救おうとしてボコボコにされ、ハーモニーが怒ってバタンと閉めたドアに挟まれて指を切り、縫い合わせた指をまた悪者に痛めつけられ、タマに電気ショックを与えられ、先ほどの指は犬に食われ、さんざんです。

音楽とかかなりソフィスティケイテッドされたイメージを狙っているのですが、なかなかいい感じです。プロットよりもダイアローグで観る映画で、話の核になるミステリーは多少こじつけもあるし現実味も薄いですが、『タケチャンマン』のノリで観ればかなり楽しめると思います。

冒頭、ハリーが語り部になって観客に説明する、ハリーとハーモニーの回想シーン、LAでのパーティでゲイ・ペリー(ヴァル・キルマー)に出会うところ、ハリーがハーモニーを幼馴染と気付かずにナンパしようとするバーのシーンとかはちょっとタルいのですが、ハーモニーの妹が殺されたあたりからテンポが上がってきて面白い。

会話の部分の面白さというのは、まさに『タケチャンマン』(ちょっと古いけど、他に日本のTVなんて知らないのよ)と同じで、さんまちゃん(ハリー)とタケちゃん(ゲイ)そして山田邦子(ハーモニー)の、ストーリーとはあまり関係ない絡みが面白い。この監督のシェーン・ブラックは、『リーサル・ウェポン』シリーズの脚本書いた人なそうなので、あのメル・ギブソン、ダニー・グローバー、ジョー・ぺシあたりの絡みを想像してもらえばいいかな。だったら最初から『タケチャンマン』なんて比喩を使うなよ、とツッコミ入りそうですが、私は、『リーサル・ウエポン』のお笑い的絡みは好きじゃないのよ、なんかわざとらしくて。しかし、ロバート・ダウニー、ヴァル・キルマー、ミシェル・モナガンでやると、結構ハマる、ということを、言いたかったわけなんだナ。

ハーモニー役のミシェル・モナガン、どっかで見たことあると思ったら、『M:I:III』のヒロインじゃない。あのだんごっぱなはちょっと忘れられないよ。いやいや、この映画のがらっぱちな役の方が、トムちんのフィアンセ役よりお似合いよ!ちょっとしゃがれた声で、言葉使いが悪くて、しかも可笑しいこの人!すごい魅力的でした。

ヴァル・キルマーは、俳優に探偵業のレッスンを教える探偵さん。そんな商売あるのかなと思うけど、まーLAだからなんでもあり?太っちゃいましたけど、貫禄あってカッコいかったよ。この人のマジメぶったセリフ回しが可笑しい。なんだかんだ言っても演技できる人だから、役がハマれば面白いよね。

この映画、もう一つ面白いところは、ハリーはニューヨーカーで、映画のオーディションのためにLAに行くんだけど、ニューヨーカーの目から見たLA考察が笑う。LAの女の子は「アメリカをニューヨークのところでつまみ上げてぶるぶるって振ったら、まともな女の子はニューヨークに残った(まともじゃない女の子はLAに振り落とされて行った)」とかさ。かなりイカレタ人がいる地域、として描かれています。

それから、ゲイ・ペリーが元ゲイという設定なので、ゲイがネタのギャグが多い。ハリーが「Don't quit the gay job!」(“Day job"と“Gay job"を引っ掛けている)とか、特に記する程のモノでもないんだけど、『ブロークバック・マウンテン』や『トランスアメリカ』や『カポーティ』を観た後にこういうクラッシックなゲイ・ジョークを観るとちょっと時代遅れに見えたのが面白い。

これこそチュチュ的にはあまり考えないで楽しめる映画ですね。それにロバート・ダウニーがすごい魅力的だったし。この人とか、ミッキー・ロークとか、一時「あ、終わったな」って思った人がこういうサラりとした映画でサラりと蘇ってくるのは、嬉しいね。

Key Words 映画 キスキス・バンバン LA的殺人事件 ロバート・ダウニーJr. ミシェル・モナハン ヴァル・キルマー ニューヨーク ゲイ

映画かってに評論ww | コメント(6) | 【2006/06/30 03:40】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『M:I :III』過去20年変わってないな~ハリウッドって!
NEXT: クライブ・オーウェンがすんごいセクシーなの!『すべてはその朝始まった』

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
この映画みた気がするんだけど、あんまり印象残ってないなあ。たしかドイツ映画で似たようなのあったような。
ダウニ-jrには、ガムばって欲しいです。「チャリー」あたりの頃は、オスカーとってもおかくない勢いだったのに・・。やっぱドラックってのはよくないね。
【2006/06/29 00:52】 URL | yoshi #-[ 編集] | page top↑
Yoshiさん、
まあ、そうは言っても俳優というヤクザな商売ですから、クスリ関係の誘惑は多いんでしょうねえ。プレッシャーもあるしね。そういう経験を超えてがんばってくれればいいんですけどね。
【2006/06/29 02:16】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫 さん、はじめまして。
コメントどうも!でした。
ミッシェル・モナハンは僕もこっちの方が断然嵌り!だと思います。
MIⅢは単純に面白かったですけど、彼女が仕舞いにピストルもって突然強くなっちゃった時「スミス夫妻」のように見えてしまったのは私だけ!?(笑
【2006/07/26 00:12】 URL | bally #SmD5F9mI[ 編集] | page top↑
Ballyさん、
いえいえ、そう感じたのはBallyさんだけではないと思いますよ・・・。
【2006/07/26 02:01】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫さん、こんばんは。

コメントをありがとうございました。
バル・キルマーが出ているので見る事にした映画なんですが、見て正解! とても楽しい映画でした。
TBさせていただこうと思ったのですが、なぜか出来ませんでした。 FC2同士なのに・・・
【2006/09/17 22:49】 URL | M #il9tusdg[ 編集] | page top↑
Mさん、
どうもいらっしゃいませ。
いやー、FC2の他の人でもTB出来ない人結構いるんですが、たまに成功することもあるようなので、何度もトライしてみてください。
【2006/09/18 04:14】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
- by
管理人の承認後に表示されます【2006/06/29 11 : 02】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。