スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ウォーク・ザ・ライン~君につづく道』ライブのシーンはかっちょええ
Walk the Line

音楽は全然聴いたことないけど、名前はすんごい有名な50年代のロックンロール・シンガー、ジョニー・キャッシュの実話。

walktheline.jpg
dvd on amazon.com
sound track on amazon.com
CAST & CREDITS
Produced: 2005
Directed by: James Mangold
Writing credits: Johnny Cash, Gill Dennis
Cast:
Johnny Cash: Joaquin Phoenix
June Carter: Reese Witherspoon
Ray Cash: Robert Patrick
ライブ・シーン以外は結構退屈な映画ですね。と言うのは、実はすごく褒めてるんですよ!ジョニー・キャッシュのバンドも、一緒にツアーするバンドも、すごいエネルギッシュで、音楽性とかを超えて、「こ、これってメタルだ!」と思っちゃいました。2007年になった今でも、1950年代のあの頃でも、音楽の熱さって変わらないんだなーと思った。ギター・ソロなんて、今どき教則本にも出てこないようなシンプルなソロなんだけど、バンドが醸し出すテンションとか、客が熱狂する様子とか、いいなあ!思わず身体が動いちゃったよ。

それと、ウッドベースってやっぱかっこいい!バンバン叩くように演奏するところが、なんだか妙に私の中の熱いものに共鳴します!焦点合っていないにも関わらず、ジョニー・キャッシュ(ホアキン・フェニックス)のバックでノリノリで弾いてるベースの人の動きばっかり見てたよ。それが映画後半、ジョニー・キャッシュが監獄でライブ・アルバムを録音するあたりでは、既にエレキ・ベースになっていて、格好良さが半分くらいになっちゃった。

主演のホアキンも、リーズ・ウェザースプーンも、本物のミュージシャンみたいに上手だしカッコいいし、他のミュージシャン役の人たちもハマりまくっていて、すごい良かったのですが、お話の方は、これって本当に実話なの?と思った。ジョニー・キャッシュが売れていくところがあまりに簡単だなあと思ったりとか、ドラッグ中毒になったジョニーをジューンの家族がジョニーの家に一緒に住んで介抱するんだけど、自分達の仕事とか子供の学校とかはどうしているのかな、なんておせっかいなことを考えてしまうくらい解せない。

でも、結局ドラッグから立ち直るときに、ジューンがジョニーを教会に連れて行くところとか、ジョニーが、ロックンロールを演る前はゴスペルを歌っているところとか、監獄でライブを録音したいと言ったとき、ジョニー・キャッシュのファンは8割がたクリスチャンだから、監獄で録音はマズイだろうというディスカッションがあるところなどから、このジューンの家族のジョニーに対する献身は、ジョニー・キャッシュが信じていた(と思われる)クリスチャンの精神的なヴァリューを現わしているとも取れる。

ジョニーがステージでジューンにプロポーズするシーンも、あまりに映画的で実話とはとても信じられない。あり得ないとは言わないけど、あまりにも、映画的。それにいくら私がジョニー・キャッシュのことをこれっぽっちも知らないとは言え、これだけ有名な人なんだから、ステージでプロポーズしたなんてロマンチックなエピソードがあればどっかで聞いてそうなもんだと思うんだけどなあ。

お話はGOさんもおっしゃっているように月並みなロック・スターの自伝という域を出ていませんが、ホアキン、リーズを始めとして、役者さんたちが本物のミュージシャンみたいで、その辺は本当に楽しめます。クレジットを見ると、エルビス・プレスリーとかジェリー・リー・ルイスとか、ロイ・オービンソンとかもキャラとして登場しているようです。わたしゃ誰が誰なのかさっぱりわかりませんでしたけど、この時代の音楽に精通している人だったら、「おっ、似てる」とか「違うだろ」とかって、もっと面白いかも。

Related Article
GOさんのレヴュー
映画情報 | コメント(5) | 【2006/06/09 04:29】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ニューヨーク・ドール』-コレを観て以来、ドールズにはまっていく・・・
NEXT: 『あの頃ペニー・レインと』-真のロック・ファンの皆様へ

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
「さすがに、此処まで、古くはない。」と、独り言。
【2006/06/09 23:25】 URL | Slowhand #-[ 編集] | page top↑
この映画のホアキンよかったなあ。
途中のドラックのシーンでリバーを思い出したりしました。映画そのものは、思ったよりもよかったし、とにかく歌がよかった。カントリーなんか普通聴かないけど、ああいうノリは好き。
【2006/06/10 00:29】 URL | yoshi #-[ 編集] | page top↑
Slowhand Jerryさん、
そう言うと、余計じじくさいですよ!

Yoshiさん、
ジョニー・キャッシュって、カントリーなの?映画を観る限りロックンロールって感じたけど。
【2006/06/10 03:00】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
ジェリー・リー・ルイスはまあイメージあってるけど、エルヴィスのあのカリスマ性の無さはファンは怒るんじゃないでしょうか。
【2006/06/11 10:34】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん、
エルビスがどこで出てきたのかさえ思い出せない・・・
【2006/06/12 06:21】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
君の心へつづく長い一本道は・・・~『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』 by 真紅のthinkingdays
 アメリカの国民的ミュージシャン、ジョニー・キャッシュ(ホアキン・フェニックス)と、その二度目の妻となるジューン・カーター(リーズ・ウィザースプーン)の物語。本作で、ホアキンはゴールデン・グローブ主演男優賞 真紅のthinkingdays【2006/06/27 09 : 20】
ウォークザライン by 泣ける映画と本のblog
●「ウォークザライン~君に続く道」みた見るつもりもなかったんですが時間があったのでひょいとみたら、当たりでした。これは意外に掘り出し物。とにかくホアキンフェニックス 泣ける映画と本のblog【2006/06/10 00 : 29】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。