スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
悲観的戦争描写の極みかなぁ・・・コールドマウンテン
Cold Mountain


20051005081625.jpg「平和の反対は、無秩序だ」と、かの小林よしのり先生が戦争論でおっしゃっていましたが、この映画で描かれる南北戦争時の南部は、まさにそのいい例です。働き盛りの男はみんな戦争に行ってしまい、残っているのは女子供と老人ばかり。戦争で仕事もなく、お金もなく、食べるものさえない状態で、脱走兵や北軍の兵士が弱いものから平気で略奪をする世界。私は、主人公達のロマンスや、悲しく描かれているピッツバーグの戦闘シーンより、戦争で男達を失い、孤独で心細い女達にすごく感情移入してしまいました。

ニコール・キッドマンが演じるアイダは、父親が急逝してしてしまった上、戦争のせいで財産も奴隷も失ってしまう。お嬢様育ちで、自活していくたくましさがないアイダは、すぐ食べ物にも困るようになり、話す人もなく、守ってくれる人もなく、1人寂しく大きな家に住んでいるのがとても可哀相でした。

そんなアイダとは対照的に、ルビー(レニー・ゼルウィガー)は男勝りで、小さいときから飲んだくれの父親に苦労させられなが自分で自分の面倒を見てきた女丈夫で、この人を見ていると少し救われる気がしますが、ルビーもやはり心の奥底には不安を抱えて生きている。

そして、一番私の印象に残ったのは、アイダに会うために軍を脱走して、コールドマウンテンに帰る苦しい旅の途中に、インマン(ジュード・ロウ)が出会う、サラという女の人。これ、あの、「スターウォーズ エピ3でクイーン・アミダラを演っていたナタリー・ポートマンが演じていると言えば、感じがわかってもらえるかと思いますが、まだ子供に毛が生えた位の若い人妻。こんな子供みたいな女の子が、乳飲み子を抱え、夫は戦争に取られ、明日の食べ物があるかどうかもわからない、いつ飢えた兵隊達に襲われるかもわからないような状況で、たった一人ぼっちで暮らすのって、どれほど心細いでしょうか。インマンが一夜の宿を頼んだとき、最初は納屋に寝かせるんですが、そのあと自分の寝室に呼び「ただ横に一緒に寝てください。それ以上のことは何もしないで。」といって、一緒にベッドに入り、インマンの手を握り締めて、泣いてしまう。20051005081657.jpgずっと1人で辛かったのだろうなと思うと、自分が1人暮らしをしていたときのことを思い出してしまいました。私は別にひもじくもなかったし、安全なところにいたけど、それでも1人は寂しいものでした。それが、食べ物もない、外は無秩序な世界、明日を生き延びられるかわからないような状況で一人ぼっちで暮らすと言うのは、見ず知らずの男の人でも隣にただ一緒に寝て欲しいと思うような状況なんだろうなあと思うと、身につまされました。

そんな暗く悲しい物語りの中で、一つだけ「いいなあ」と思ったのが、アイダとルビーが、秋の夜長に一緒にベッドに寝転がって、ランプの明かりで小説を朗読しているところ。アイダが本を朗読し、頭の中いっぱいに登場人物のイメージをふくらませて、わくわくしながら聞いているルビー。読み疲れたアイダが「続きは明日」というと、ルビーは「明日まで待てない!」と言って本をひったくり、自分で読み始めてしまう。きっと現代の私達が映画を観るのと同じ感覚なのでしょうが、ランプの淡い光の中で天井を見つめながら誰かが本を読んでくれるのを聞く方が、もっと楽しそうな感じがしました。

20051005081641.jpgそもそもこの映画を観ようと思ったのは、ホワイト・ストライプスの記事を書くためにいろいろリサーチしていたときに、ジャック・ホワイトがこの映画にミュージシャン役で出ていて、音楽も担当していると書いてあったから。ジャックくんは、若く屈託のないミュージシャンを、なかなか好演していました。前から思っていたけど、この映画で見ると特に、若き日のジョニー・デップを彷彿とさせていました。


同じ戦争を背景にした超ロマン大作だけど、パールハーバーよりはよっぽど魂入ってました。でもやはり、インマンとアイダのロマンスには共感を覚えなかった。何ゆえそんなに惹かれあうのかわからなかった。でもあんな夢も希望もない時代だから、誰かがどこかで自分のことを想ってくれているとでも思わなければ、生きるのは相当辛かったのだろうなあ。


関連記事
■こちらでは、ナタリー・ポートマンが若きストリッパー、ジュード・ロウがそのヒモ(!)を演じている『クローサー』
■ホワイト・ストライプス、揃いで出てます!コーヒー&シガレッツ
■映画偉人伝~ジャック・ホワイト
■映画偉人伝~ジュード・ロウ
■映画偉人伝~ナタリー・ポートマン





チュチュオススメの戦争映画

Jarhead-Poster.jpg
ジャーヘッド(洋書)

■関連記事

56---saving-private-ryan-co.jpg
プライベート・ライアン

■関連記事

20051005081625.jpg
コールドマウンテン

■関連記事

20050920080909.jpg
ラスト サムライ

■関連記事
DVDで見た映画 | コメント(9) | 【2005/10/04 08:53】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: マイケル・ムーアの問いかけに、あなたはなんと答えますか?!-華氏911
NEXT: デトロイトが生んだ、「腐れ縁」ロック・デュオ!! ホワイト・ストライプス【Concert Report】

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
最近、お楽しみ袋を、楽しみにしています。そして、楽しんで読んでます。気を入れて映画を見てますね。

ところで、お願い。私が、まだ、若かりし頃(笑)本当に、衝撃を受けた映画が幾つかあります。是非、見てみて感想を聞かせてください。

古くてごめん。そして、日本語の題名しか、思い出せません。

『時計じかけのオレンジ』
『わらの犬』
『EASY RIDER』
『卒業』
『俺たちに明日はない』

特に、一番と二番です。
【2005/10/06 09:24】 URL | Slowhand #-[ 編集] | page top↑
あ、一つ忘れていた。

ピーター・オツール?の『Being there』
(『あるがままに』?かな。)
【2005/10/06 12:29】 URL | Slowhand #-[ 編集] | page top↑
げぇぇぇ~、時計仕掛けのオレンジ、今、できるかなぁ~!! 観たことありますが・・・。

読んでいただいているのはとってもうれしいので、なるべくご期待に沿えるようにいたしますが、ひぇぇぇ~。
【2005/10/06 20:57】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
こんにちは。TBありがとうございます。
コールドマウンテンは本当に見終わったあとにいろいろ思うところのあった映画でした。
ナタリーポートマンのコールドマウンテンでの印象がスターウォーズ エピソード3と近いのはなんとなく納得です。最近クローサーをみたのですが、それは全く別の印象でした。なまいきな女の子、って感じでレオンを彷彿とさせました。
これからも遊びにきますね☆
【2005/10/08 23:11】 URL | みっちー #-[ 編集] | page top↑
「わらの犬」、面白いですよね。
ペキンパーって好きな監督なんですけど、
主演がダスティン・ホフマンっていうのも
ある意味凄い映画です。

ちなみに原題は、
そのまま「Straw Dogs」です。
【2005/10/08 23:58】 URL | メタル馬鹿一代 #-[ 編集] | page top↑
はじめましてー。
あー、そういえば、出てましたねナタリー・ポートマン。かわいかったー
じゃなくって、ジャック・ホワイト出てたんだ!気づかなかった、俺に鉄拳制裁。
サントラも買ってるくせにね。
もう一度、チェックしなおします。
焚き火を囲んで歌うとこ、楽しかったしせつなかったし。
せつねーを何回でも言える映画ですね。
【2005/10/10 19:03】 URL | ピロログ #-[ 編集] | page top↑
ピロログさん、コメントどうも!そちらに遊びに行ったのですが、私の知らないものばかりでコメント残せませんでした。今度時間があるときにゆっくり読ませていただきます。
【2005/10/11 03:35】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
もの凄くお久し振りです。ちょくちょく読ませてもらってたんですけどね。
コールドマウンテン見たのでTBさせて下さい。
【2006/05/09 21:09】 URL | hiro #-[ 編集] | page top↑
hiroさん、
ホント、久しぶりですね~!お元気でしたか?
早速遊びに行きますぅ~
【2006/05/09 22:50】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
コールドマウンテン by ジョニーからの伝言
時代は、南北戦争末期の1864年。南軍兵士としてヴァージニア州の戦場に送られたインマン(ジュード・ロウ)は、ゲリラ戦に出撃を命じられた結果、瀕死の重傷を負って病院に収容さ ジョニーからの伝言【2006/05/09 21 : 10】
コールド・マウンテン by 真っ赤なメガネの言うことには
コールド・マウンテン 原題:COLD MOUNTAIN 2003年インマンとエイダの愛もさることながら、私が一番気に入ったのは、何といってもルビーです!彼女は本当に生き生きしてて、それを演じたレニー・ゼルヴィガーがアカデミー助演獲ったのも、納得です。エイダと... 真っ赤なメガネの言うことには【2006/01/10 22 : 21】
コールドマウンテン by *PINKY DAYS*
コールドマウンテン簡単に言っちゃえば、戦時中の恋物語。少しの時間しか一緒に過ごした時はなかったけど、お互いに強烈に惹かれあった2人―――。男は女に会いたい一心で戦場から脱走して故郷、コールドマウンテンを目指し、女はどん底の生活や精神状態でも、男の帰りを信 *PINKY DAYS*【2005/10/18 22 : 45】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。