スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『スリーピー・ホロウ』-なかなかの佳作!
Sleepy Hollow

思ったより全然面白かった。これって、『チャリチョコ』と『コープス・ブライド』を足して2で割ったような感じです、って、もちろんバートン/ジョニデだから当たり前か。

sleepyhollow.jpg
dvd on amazon.com
CAST & CREDITS
Produced: 1999
Directed by: Tim Burton
Writing credits: Washington Irving, Kevin Yagher, Andrew Kevin Walker
Cast:
Constable Ichabod Crane: Johnny Depp
Katrina Anne Van Tassel: Christina Ricci
Christopher Walken: The Hessian Horseman
なんで私、ジョニデが苦手なのか、この映画を観てわかった。私って、異常なくらいリアリティを追及する人で、「つじつまか合わない」とか「うそくさい」と言うのは苦手で、そうなるとファンタジーってダメなんですよね。そうすると、『チャリチョコ』や『妹の恋人』なんかでのジョニデってフェイクぽくて受け付けないのよ。

基本的に『スリーピー・ホロウ』でも、ジョニデらしいコミカルかつおおげさな演技をしているのですが、この役柄ではそれが妙にハマっていて、返ってリアリティがあるんです。1700年代のNY、公平な裁判なんか行われず、拷問がまかり通っていたところへ、きちんと証拠や検証で事件を解決するべきだと1人がんばって主張する、若き市警捜査官のイガボット。そんなにいうなら、スリーピー・ホロウの連続殺人事件を解決して来いと言われて、受けて立つのですが、本当は気が弱くて怖がりで、「首なし騎士」の伝説にビクビク!この小心者加減がすごくハマッてて、いい!

伝説の回想シーンで、「首なし騎士」がまだ首がある頃を演じているのがクリストファー・ウォーケンなんですが、これもいいんです。南北戦争で、首をばっさばっさと切り落としていくえらい野性的な騎士なのですが、人間なのに歯がみんな牙みたいので、セリフがなく、「うぉー!」しか言わないところが可笑しい。

DVDのカバーを見ても、なんだかおどろおどろしい感じなので、覚悟して観たのですが(昼間にね)、コミカルで面白く、首なし騎士なんかすごく精巧で、怖いと思ってもおかしくないんだけど、写し方が可笑しくて笑っちゃうの。

首なし騎士が、産婆さん一家(と言っても、若くてきれいな奥さんなのよ)を襲うシーンなんて、旦那も奥さんもやられて可哀相なはずなのだけど、旦那と奥さんの首を髪の毛でぶら下げて去って行こうとする首なしの騎士が、2人の子供が床下にまだ隠れていることに気付き、はた!と止まって振り返るシーン、なんかカメラのズーム・インのタイミングがギャグのようで笑う。

こういうギャグっぽい要素と、暗くて不気味だが色使いが美しい画像が上手いことミックスされて、観ていて引き込まれるね。事件の真相の方も「んー、これってどうなるんだろうなあ」と素朴に疑問に思える感じで、飽きさせません。

唯一の難は、ぶた鼻クリスチーナ・リッチが演じるカトリーナと、イガボットのロマンスが「?」。クリスチーナ・リッチが子供っぽ過ぎて、イガボッドの助手になる若い男の子との方が釣り合いそうな感じ。でも演技は悪くなかったです。クリスチーナ・リッチが演る役はナタリー・ポートマンが蹴った役が来ることが多いらしく、これもその一つだと思うんだけど、田舎の土地成金の娘で、魔女の疑いもある少女、と言う感じは、クリスチーナの方が当たりだったんじゃないでしょうかねえ。なんたって『アダムス・ファミリー』だもの。

Related Article
■根強いファンが多いジョニデさんの映画偉人伝
■チュチュ的にはスベった『チャーリーとチョコレート工場
映画レビュー | コメント(7) | 【2006/05/29 20:27】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: チュチュ姫親バカ日誌
NEXT: 『フィールド・オブ・ドリームス』-親孝行、したいときには親はなし

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
そうなんですよ、クビなし騎士が
Cウォーケンなんですよ!

ティム・バートン、わかってるよなぁ。
【2006/05/29 22:14】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
僕はこの映画あんまりピンと来なかったですよ。C・ウォーケンが”うおー”しか言わないのがなんか悲しかったです、可笑しいというより。
 この映画と”猿の惑星”はT・バートンのハズレ映画なんです、僕の中では。
【2006/05/29 23:39】 URL | Just being a dick #-[ 編集] | page top↑
メタバカさん、
そうでしょ!知らないで見たので、ウォーケンが出てきた途端、うれしくなっちゃいましたよ。この役受けたウォーケンもわかってるよね。

名無しさん、
これ誰?私の知っている人とお見受けしましたが・・・。
【2006/05/29 23:46】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
あ、僕です。失礼しました。
【2006/05/30 07:08】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
やっぱGOさんだったか。そうかと思ったけど「GOさんでしょ?」って書いて違う人だったら失礼かなと思って書きませんでした。

へぇぇぇ~、これ好きじゃないですか?そっか。私はどちらかというとTim Burton 苦手なんですけど、これは良かったなあ。
【2006/05/30 09:08】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
これ大好きです!
特にジョニデ@ヘタレなのが(w
ジョニデはへたれ役やらせたらサイコーですよぉ。
気絶するシーンとか、うきゃうきゃ言って喜んじゃいますね私は。
ティム・バートン&ジョニデコンビのかもしだすカラーとか空気感とか大好物の人にはたまらん名作。
実はクリスティナ&ジョニデも好きなのです。
理屈じゃありません、ただ好きなんです。
【2006/05/31 07:05】 URL | ウナ ノチェ #0uwWg0JQ[ 編集] | page top↑
チュチュ姫様こんにちは。

は~い、私もこのふたりのラブロマンスだけはこのストーリーの中で唯一好かんです。何も知らずこのジャケット見ていた頃は「お父さんと娘」だと思ったものです。

アタシはラスト、一番悪~い女が、首無し騎士に木の根に引きずり込まれるときの顔がたまらんです。
【2007/01/11 11:19】 URL | やましたかすみ #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。