スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ボラット』-喜劇というより怒劇?!
Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan

この映画のキャッチ・コピーは、

バカには理解不能なバカです。

borat.jpg
dvd on amazon.com
Produced: 2006
Directed by: Larry Charles
Writing Credits: Sacha Baron Cohen, Anthony Hines
Cast:
Borat: Sacha Baron Cohen
Azamat: Bagatov
Luenell: Luenell
なんだそうですけど、この映画を観て、知性うんぬんとか言われてもなあ。そもそも、半分くらいボラットのしゃべるブロークン・イングリッシュが可笑しいのに、英語圏じゃないところに住んでいる人たちはどうするのだろう。題名のCultural learnings of America for make benefit glorious nation of Kazakhstanからしていきなり間違っているんだけど、「間違っている」ということが解ったからといって、面白いわけではない。これは字幕やる人が相当心血注いでやらないと、日本ではコケるんじゃないだろうか。

それに、ボラットという、文化も言葉も全く異質の人をアメリカに持ってくることによって、アメリカ人の色んな面を暴きだしているという側面はあるかもしらんけど、こういう側面も、アメリカに興味があって知ってれば面白いけど、知らなかったら「なんなのこれ?」と思うのではないだろうか。そういうところが「バカには理解不能なバカです」というキャッチ・コピーが出てきた所以なのだろうけど、これは知性の問題じゃなくて知識の問題だし、英語と同様に、知っているからといって面白いとは限らないし。

だって、ボラットが、必要のないところに定冠詞の「a」とやたら使ったりとか、「I'm very exicite!」って連発するところとか、褒めているつもりでセクハラなこと言っているところとか、日本人の駐在員にもたくさんいて、笑いながらも恥ずかしいよ!私もあそこまでひどくはないにしても、ときどき唐突に相槌打っちゃったりしてるんだろうなあと思うと、「目くそ鼻くそを笑う」とはまさにこのことですよ。

この映画観て、マジでいや~な気持ちになる人も多いみたいね。ボラット自身も、ボラットの故郷のカザクスタンの人も、ボラットが出逢うアメリカ人も、その人たちに関する「正しい知識」は一切お構い無しに、一人残らずギャグにして怒らせているんだからさ。笑わせようというより、怒らせようとしているんだと思う。私がこういうエゲつないの笑っちゃうのは、ここまでやれちゃう度胸がすがすがしいからなんだけど、「これ笑えない」という人がいるのもわかる。別に理解できなくてもバカでもなんでもありませんので。

Key Word
映画 ボラット
洋画 | コメント(6) | 【2007/05/19 21:52】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』-ヒップさとシリアスさの完全分離
NEXT: ポリス ライヴ 覚え書き!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
こんばんわ☆TB&コメントありがとうございました。

>マジでいや~な気持ちになる人も多いみたいね

そうなんですよ、私も、まじ、いやぁ~~
な気分になりました(笑)
アメリカの良くない面を浮き彫りにしたいと言う意図があるというのはわかりますが、やり方がひどすぎ、最低です(笑)
こんなのを好んで観ちゃうアメリカ人も理解に苦しみますね(笑)
【2007/05/30 23:05】 URL | rikocchin #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
rikocchinさん、
コメ、サンクスです!

>こんなのを好んで観ちゃうアメリカ人も理解に苦しみますね

アメリカで流行ったらしいすけど、好んでない人口の方が多いと思いますよ。私自身はこういう、後先考えないバカってすがすがしから好きですが!
【2007/05/31 00:20】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
ホテルで二人が乱闘するシーンのセリフが日本語に聞こえるということで、日本語テロップ付き映像があるんですが、これがサイコーに笑えました。
【2007/07/19 03:21】 URL | とりこ #9K64Lzaw[ 編集] | page top↑
とりこちゃん、
このシーン、確か母国語(ヤラセだけど)でしゃべっているのを、英語字幕で見せているシーンだと思います。この、裸で恥も臆面もなく走りまわるすがすがしさが大好きです!(すごい角度もOK!)
【2007/07/19 03:53】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
アメリカ上映版もモザイク入ってました?

あれは日本映倫のクレームでつけたのかなぁと友達としゃべってたんですけど。
でも、見栄を張ったアカラサマに大きなモザイクをかけるほど日本配給にセンスあるかは疑問なんですよね(あは
【2007/07/19 06:00】 URL | とりこ #9K64Lzaw[ 編集] | page top↑
とりこちゃん、
モザイクはなかったけど、黒い棒で陰部は隠してたので、ち☆ことか、裏玉とか、ケツの穴とかは見ないで済みました。それでもあのシーンはインパクト強いです。
【2007/07/19 21:14】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。