スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
ポリス 『Mother』-アンディ・サマーズの恐怖
7 weeks to the Police Live @ Palace of Auburn Hills!


ポリスまで後7週間

今週数えたらちゃんと1週間減っていた。ああ~良かった、いつ数えても8週間から減らなかったらどうしようかと思ったよ・・・。

ポリスのアルバムを色々、改めて聴いてみると、スチュワート・コープランドアンディ・サマーズが書いた曲の方がなんだか興味深い。スティングのテイストは、すっごい流行っちゃってもう聞き飽きているのかもしれない。

シンクロニシティー』に入っているアンディ・サマーズの『Mother』って曲、すっげえヘンなのだけど、この間聴いてみたら、かなりブリリアントじゃないかと思った。あの狂気の音楽に乗って、「電話が鳴っている、母親か?!」と繰り返す一番の歌詞を聴いていると、恐怖に襲われる感覚が良く伝わってくる。お母さんと仲がいい人でも、時々親ってうんざりすることがあるじゃない?もうほとんど追い詰められているような感じが可笑しい。

それと、ギターソロに入る前に「マザ~~~~~~・・・・」って低音で言うところがいかにも「うんざり!」って感じが良く出ているし、間奏の終わりの「・・・マザッ・・・」ってちっこい声で言うところが無力感が出ていてこれまたいい。

で、さらに2番の歌詞を良く読んでみると、これって母親に対する恐怖じゃなくて、ガールフレンドに対する恐怖なのだな、と気付いたら、可笑しくてひっくり返ったよ!つか、女に対する恐怖なのだな。「付き合った女はみんな母親みたいになる~母親と友達になんかなりたくないよ~かんべんしてくれ~」みたいな。いやー、男って、こんな風に感じているのか。お気の毒。

Mother

Well the telephone is ringing,
Is that my mother on the phone?
Telephone is ringing,
Is that my mother on the phone?
The telephone is screaming,
Won't she leave me alone?
The telephone is ringing,
Is that my mother on the phone?

Well every girl that I go out with
Becomes my mother in the end.
Every girl I go out with
Becomes my mother in the end.
Well I hear my mother calling,
But I don't need her as a friend.
Well every girl I go out with
Becomes my mother in the end.

Oh, Oh mother
Oh mother dear please listen
And don't devour me.
Oh mother dear please listen
Don't devour me.
Oh women please have mercy
Let this poor boy be.
Oh mother dear please listen
And don't devour me.
Oh mother......

Well the telephone is ringing
Is that my mother on the phone?
Telephone is ringing
Is that my mother on the phone?

Oh mother......


ポリス関連記事はこちら

Key Words
音楽 ロック ポリス ライヴ スティング スチュワート・コープランド アンディ・サマーズ
ひとりごと | コメント(2) | 【2007/05/28 00:49】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ハリウッドランド』-映画好きの人には興味深い一作
NEXT: 『毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』-エロというより刺激的

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
今、ポリスとニルヴァーナが熱いです。
入門者らしくグレイテストヒッツを借りて、メッセージ・イン・ア・ボトルを大人しく聴いてますが。
そういえばカート・コバーンの映画もやりますね。
アメリカではもう上映してますか?
【2007/05/28 06:50】 URL | とりこぷてら #9K64Lzaw[ 編集] | page top↑
とりこぷてらさん、
そういえばありましたねえ、カートの伝記映画の話。全然聞きませんけど、私ボケッとしてるんで、やっているのかも。アメリカ公開!とか言っても、LAとNYでしかやっていないとかあって、田舎モンはつらいよ~
【2007/05/28 23:38】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。