スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『プライドと偏見』-18世紀のセックス&ザ・シティ
Pride and Prejudice

一口で言って、最近流行のラブ・コメの舞台を18世紀のイギリスに移しただけって感じ。いきなり女の子たちが惚れたの腫れたの結婚だ、恋愛だ、とやってて『セックス&ザ・シティ』みてえだなとむしずが走りましたが。

pride_prejudice.jpg
dvd on amazon.com
CAST & CREDITS
Produced: 2005
Directed by: Joe Wright
Writing credits: Jane Austen, Deborah Moggach
Cast:
Elizabeth: Keira Knightley
Mr. Darcy: Matthew Mcfadyen
Mr. Bennet: Donald Sutherland
この映画の解説をみると、18世紀のイギリスでは女性に相続権はないため、結婚して養ってくれる男を見つけなければおまんまの食いっぱぐれつーことで、このチャラチャラ男に媚を売る若い娘の行動を正当化しているようです。で、主人公であるキーラ・ナイトレイは、そんな中にいて、読書をたしなみ、男に好かれるために自分の知性を隠したりせず、自立しようとする女の子であることを際立たせようという作戦でもあるようです。

ドミノジャケットを先に観ちゃったんで、私的には「アバズレ専」のイメージが定着しちゃったキーラ・ナイトレイが英国貴族のお嬢様をどのように演じるのかなと興味あったんですが、なんだよ、ここでもアバズレじゃねーか。いや、現代の感覚ではそんなことないよ。でも18世紀のエゲレスじゃさー、求婚ばっさり断りーの、婚約者がいる男を好きになりーの、ぶっちゃけ知性があるだけでもアバズレ扱いなんじゃないでしょうかね。しかも女帝のようなおばさんに口応えしちゃうしさ。だから「アバズレ専」払拭!というより「アバズレ専」としての地位を確立してくれましたよ。

あとはあまり見所って言われてもないんですけど、ひとつ思ったのは、舞踏会でエゲレス人が踊るダンス!小学校の運動会でやるフォーク・ダンスのようなアホみたいなダンスなんですが、よくよくディテールを見てみると、男女が見つめあったり、身体に触れたりする口実作りなんだなあ~と納得させられました。当時はそういうのご法度だったんだろうから、あんなダンスでもホルモンどくどく出まくっていたのだろうなと思いながら観ていたので、ニタニタしてしまいました。

他のブログでは、お母さん役の女優さんを褒めている方が多かったですが、私は特に関心はしませんでした。でもドナルド・サザーランドはかっこいかったな!老けてもいい男だねえ、あのおじさんは。背も高いし、まだまだイケてますよ。【05/07/06】

■かったる過ぎて奥さんも毒づいたというGOさんとこのレヴュー

キーラ・ナイトレイのアバズレ専2本
■『ドミノ』
■『ジャケット』
■キーラ・ナイトレイ 映画偉人伝




【5/7/06】

Key Words
映画 ロマンス イギリス キーラ・ナイトレイ ドナルド・サザーランド
DVD購入作戦 | コメント(5) | 【2006/06/16 08:14】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『オール・ドールド・アップ』-ファンにはたまんない初期ニューヨーク・ドールズのモノクロ・フィルム
NEXT: 『SAYURI』-やっぱり日本人を使って欲しかった!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
つまんなかったですか?これ。まだ見てないんですけど、現代のラヴ・コメそのまま、ってのはそうらしいですね。ラヴ・コメはあまり見ないんですけど、エゲレスモノだけは好きで良くみるんですけど。
【2006/05/07 22:59】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん、
>現代のラヴ・コメそのまま

あ、やはり他にもそう思っている人がいるんですか。イギリスものの良さは・・・・んー、ないと思うけれども、どうなんだろう。

どちらにしろ、GOさんが書いてくれたら面白そうですので、観てみてください!
【2006/05/08 07:04】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
私はかなりこの映画を楽しめましたけど。
特にダーシー役の俳優の演技 上手いなぁと思いました。目の演技とかさすがだなと...
時代背景が判らないときっとその面白みがわからないのでしょうね。
【2006/07/23 23:02】 URL | neko #-[ 編集] | page top↑
nekoさん、
良かったですね、楽しめて。
【2006/07/25 00:23】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫さん
確かに、ドナルド・サザーランドはよかったですね。
私はジュディ・デンチのインパクトが凄かったです。怖すぎ(笑)
【2006/11/20 10:32】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
永遠の定番・オースティンの世界~『プライドと偏見』 by 真紅のthinkingdays
 ジェーン・オースティン原作『高慢と偏見』の映画化。18世紀のイギリス中流家庭を舞台に、5人の姉妹が繰り広げる、恋と結婚の顛末。製作は「作る映画に外れナシ」ご存知ワーキング・タイトル。 ちなみに、私古典ド 真紅のthinkingdays【2006/11/22 12 : 52】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。