スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
映画偉人伝 ~その34~ RZA
映画偉人伝 ~その34~ 

RZA

rza.jpg
The Wu-Tang Clanのチーフ・プロデューサー、RZA、本名ロバート・ディグスは、90年代初頭にラップ・グループAll in Together Now のメンバーとしてシーンに登場する。All in Together Now の解散後、Prince Rakeem の名でTommy Boy と契約し、1991年にシングル『Ooh We Love You Rakeem』を発表する。その後The Wu Tang Clanに参加、1993年の同グループのデヴュー・アルバム『Enter the Wu-Tang (36 Chambers)』をプロデュースし、そのタイトで威嚇的なプロデュース・スタイルは、この時代のヒップホップに莫大な影響を残す。Wu Tang Clanのメンバーとしての活躍だけでなく、同グループの他のメンバーのソロ・プロジェクトのプロデュースや、Gravediggazというグループにに参加、1995年に彼らのデヴュー・アルバム『6 Feet Deep』を指揮した利もしている。また、Bobby Digitalとして初のフル・アルバムを1998年に発表。2000年にはジム・ジャームッシュの映画のサントラGhost Dog: The Way of the Samuraiも手がけている。

■1969年、ニューヨークはブルックリン生まれ。デイリー・ニュースの調べによると、RZAの家族は親戚を含めるとニューコークで最大のファミリーらしい。Flavor FlavはRZAの遠縁のいとこ。

■チュチュ的好感度 ☆☆☆☆☆
私ヒップホップ全然わかんないんで、音楽的には全くこの人に関する知識ないのですが、カンフーのクラスに来ている人がみんなこの人好きで。アルバム・タイトルとか見れば、この人自身がカンフーを始めとするマーシャル・アーツ大好きってのが良くわかります。直接には、役者として出ていた映画を2本見たのですが、この人は独特の存在感があり、白人映画の中では名脇役としてピッカピカに光っています。経歴を見ると、音楽活動、映画、サントラ、プロデューサーとかなり才能のある人みたい。もっとこの人の出る映画を見てみたいというチュチュ注目のアーティスト!

作曲家として参加した映画・TVショウ<
■"Afuro zamurai" (2006) (mini) TV Series (pre-production) (as The RZA)
■Freedom Writers (2007) (completed)
■Blood of a Champion (2006)
■Transporteur II, Le (2005) (additional music score)
■Blade: Trinity (2004)
■Wu-Tang Clan: Disciples of the 36 Chambers, Chapter 2 (2004) (V)
■Soul Plane (2004)
■Kill Bill: Vol. 1 (2003) (as The RZA)
■The Mindscape of Alan Moore (2003)
■Wu-Tang: Shaolin Style (1999) (VG) (song "Wu World Order")
■Ghost Dog: The Way of the Samurai (1999)

俳優としての出演作品
■The Take (2007) (pre-production)
■The Lather Effect (2006) .... Danny's Friend
■クライヴ・オーウェンとの絡みが絶妙な『すべてはその朝始まった』 (2005/I)
■Getting Up: Contents Under Pressure (2005) (VG) .... Stake
■ビル・マーレイとの究極の組み合わせ『コーヒー&シガレッツ』(2003)
■"Upright Citizens Brigade"
■Ghost Dog: The Way of the Samurai (1999) (as The RZA) .... Samurai in Camouflage
■Wu-Tang (1998)
■Don't Be a Menace to South Central While Drinking Your Juice in the Hood (1996) (as Wu-Tang Clan)

プロデューサーとしての作品
■Blood of a Champion (2006) (executive producer)
■Wu-Tang Clan: Disciples of the 36 Chambers, Chapter 2 (2004) (V) (executive producer)
■The World According to RZA (2004) (V) (executive producer)

その他の作品
■ジェット・リーの『ダニー・ザ・ドッグ』(2005)にもコンポーザーとしてクレジットされてる模様
■Kill Bill: Vol. 2 (2004) (composer: additional music) (as The RZA)
■Barbershop 2: Back in Business (2004) (composer: additional music)
■Breaking the Rules (2005) (in production)
3rd Annual VH1 Hip-Hop Honors (2006) (TV) (announced) (as Wu-Tang Clan) .... Himself
■Be Cool (2005) (as The RZA) .... Himself
■『シュペルズ・ショウ』見た見た、出演しているの!
- Episode #2.1 (2004) TV Episode .... Himself
- Episode #1.7 (2003) TV Episode .... Himself
TV's Illest Minority Moments Presented by Ego Trip (2004) (TV) .... Himself
■Scary Movie 3 (2003) (as The Rza) .... Himself
■The Making of 'Kill Bill' (2003) (TV) .... Himself

Key Words
映画 俳優 RZA

※今回は、IMDb にはあまり情報がなかったので、VH1にもお世話になりました。関連作品に関しては、リストが異常に長かったので、チュチュの個人的な趣味でカットしました。全リストはIMDb でチェックしてください。
気になるアーティスト | コメント(0) | 【2006/07/18 03:26】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ウェザーマン』-ニコラス・ケイジに見せられました。
NEXT: 『リプリー』-あっぱれマット・デイモン!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。