スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
本当にへヴィなものが聴きたい?ヴァン・ヘイレン『炎の導火線』
Van Halen  by Van Halen

20060401083428.jpg
CD on amazon.com

1.悪魔のハイウェイ/Running with the devil 2.暗闇の爆撃/Eruption 3.ユー・リアリー・ガット・ミー/You Really Got Me 4.叶わぬ賭け/Ain't Talkin' Bout Love 5.アイム・ザ・ワン/I'm The One 6.ジェイミーの涙/Jamie's Crying 7.アトミック・パンク/Atomic Punk 8.おまえは最高/Feel Your Love Tonight 9.リトル・ドリーマー/Little Dreamer 10.アイス・クリーム・マン/Ice Cream Man 11.炎の叫び/On Fire


無駄が無い。ピッタリまとまっている。デイヴ・リー・ロスのピチパンのように。アルバム単位で考えたら、間違いなくこれが私のベストである。飛ばす曲が一曲もない。私はギター狂ではないが『Eruption』も飛ばさない。その後の『You Really Got Me』への導入曲として必要だからだ。まるでアルバム全体が一つの曲であるかのように、きっちりまとまっている。

各楽曲も、構成といい、ケミストリーといい、テンションといい、非の打ち所が無い。私は歌だけ聴いてギターソロを飛ばす悪い癖があるのだが、エディ・ヴァン・ヘイレンのソロは、長すぎず、短すぎず、印象的なフレーズで、口ギターするのも歌うのと同じくらい楽しい。それの最たる例がオープニングの『Running with the Devil』で、オープニングから「ぶっ・ぶっ・ぶっ・ぶっ・ぶっ・ぶ、きららん!うぉーんじゃじゃー、じゃらじゃじゃじゃじゃ、うぉーん」と、歌以外のところも全部口で演れてしまう。そのあと当時のギター少年の度肝を抜いた『Eruption』そして『Eruption』でじらされたあとおもむろに始まる『You Really Got Me』。これで腰を振らない人は不感症である(「ゅりりがみちゅちゅちゅ」の「ちゅちゅちゅ」の部分でフルフルっとするのが正統派であると信じる)。

このアルバムは「いつでも聴けて、いつ聴いても元気になる!」アルバムだと思う。コンパーティブルを全開にして、午前中の健康的なお日様の中をドライブしながら爆音で聴いてもいいし、暗ーい穴倉のような、いわゆる「ロック喫茶」のようないかがわしいところでへべれけになって聴いてもいい。一緒に大声で歌ってもいいし、しみじみ聴いてもいい。『Ain't Talking Bout Love』や『Little Dreamer』のような切ない曲も入っているが、それはNirvanaのようなどろどろぐちぐちした切なさで無く、ドライで、冷たい、ハード・ボイルド映画のようなクールさで、落ち込むよりはその渋さに感動してしまうんである。

私の一番のお気に入りは『I'm The One』である。この曲を聴くと座っていられない。運転しているときにかかると必ずストップ・サインを無視してしまうので、危なっかしくてしょうがない。ドラムがもたっているじゃないかという声が聞こえてきそうだが、あのモタリが私には異様なグルーブなんである。あれに完璧についていけるドラマーが叩いたら、あの特別なドタバタ感はなくなってしまい、良くできてはいるが面白くない曲になってしまうだろう。

このアルバムは、後のヴァン・ヘイレンのトレード・マークとなるような、カリフォルニアのあっけらかん・ロックという様相は感じられない。確かに曲はキャッチーだし、ハモリはポップな匂いがするが、キリキリと鋭い音で、本当にへヴィなものが聴きたいときは、私はコレなんである。



Related Link
俺の屍を越えてゆけ』のかるまじろさんによる
■Van Halen 解散か!の記事「かつてあなたがインタビューで語った、ライブで再現できない曲はリリースしないという言葉の真の意味をもう一度考えて欲しい。それはどのパートも別の誰かではダメって事だと俺は思うよ」つーくだりに泣いたぜ。

姫の音楽レヴュー
■ディープ・パープル/ライブ・インジャパン【アルバム・レヴュー】
■ヴァン・ヘイレン/暗黒の掟【アルバム・レヴュー】
■ニルヴァーナ/In Utero【アルバム・レヴュー】
■ニルヴァーナ/Nevermind【アルバム・レヴュー】
■ホワイト・ストライプス【コンサート・レポート】
■ローリング・ストーンズ【コンサート・レポート】
■ブロークバック・マウンテン【サントラ】
■The Maker Makes 【好きな曲】

80年代洋楽 | コメント(26) | 【2006/04/01 08:28】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 日系アメリカ人強制収容のドキュメンタリー『Unfinished Business』
NEXT: アップデートしました-著者自己紹介のページ

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
これは私も大好きなアルバムです。まさにヴァンへレンのデビュー作にして最高傑作。まずイラプション。あれがギターと思えないくらい。メロディアスなインパクト。ギターキッズだった頃、もちろんコピーしました。マーシャルアンプの天然のリザーブの余韻が美しい。4.叶わぬ賭け/Ain't Talkin' Bout Love のイントロには、おしっこちびりました。うーん久々に大音響で聴きたくなってきた(笑
【2006/04/02 21:04】 URL | yoshi #-[ 編集] | page top↑
yoshiさん、
そうなの、そうなの、あのEruptionの余韻がすーっと消えていくところにいきなり「ゆりりがみ!」と始まるところがちょ~かっこいいのですぅ!!!
【2006/04/02 22:03】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
うん、賛成。俺もこれ好き。
【2006/04/02 23:46】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
昨日この記事を読んで、一日中、デイヴ・リー・ロスが頭の中で歌ってくれてました(爆)。
ひーん、仕事に集中できなーぃ!

やっぱりヴァン・ヘイレンっていえば、エディ君の笑顔かな…。
それとデイヴの胸毛(爆)。
【2006/04/03 19:54】 URL | みぃ3 #-[ 編集] | page top↑
sinoさん、
sinoさんの場合、歌飛ばしてギターばっかり聴いているのではありませぬか?

みぃ3さん、
エディの笑顔にはみんなだまされたらしく、初来日の時は中学生とかとヤリまくっていたそうですよ、エディは。(夢のない話だが)
【2006/04/03 21:21】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
んなことないお。俺ギターだけ上手いバンド嫌いだもん。今聴いてるのはギター無しだし^^
【2006/04/03 23:18】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
ホント、この時代のヴァン・ヘイレンは、無性に聴きたくなるときありますよねー。今のヴァン・ヘイレンもそれなりに好きではあるケド。
【2006/04/04 15:05】 URL | シゲオ #-[ 編集] | page top↑
sinoさん、
そっか。偉大なギタリストは楽曲を愛すですか。

シゲオさん、
いや、DLRがいないVan Halen なんて、キムチが入ってないキムチラーメンみたいなもんですよ。
【2006/04/04 20:55】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
ヘボなギターが入ってる位ならない方が良いとは思いますね^^;
僕はギター脇役論者ですから。(VAI除く)
【2006/04/05 00:02】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
そういえばデビッドリーロスのソロの「ヤンキーローズ」と「タバコロード」もめっちゃすきなんだよなあ。
【2006/04/05 01:12】 URL | yoshi #-[ 編集] | page top↑
sinoさん、
いや、だから、Vaiさん除いている時点で、ギター主役論者ですよ!

yoshiさん、
私は、DLR はCrazy from the Heat ではめちゃくちゃ良かったけど、VH脱退後のソロは、感心しませんな。
【2006/04/05 09:00】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
なるほど。そう言う考え方もあるか・・・
【2006/04/05 18:17】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
「ギター主役論者」ではなくて
「Vai主役論者」…。
【2006/04/05 19:58】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
なるほど、そういう言い方もあるか・・・
【2006/04/05 20:06】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
メタバカさん、sinoさん、

人のブログで思案しないでくださいよ!
【2006/04/05 20:59】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
m(_ _)m
続きは自分のとこでやります・・・
【2006/04/06 01:25】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
しのさんとこで
やりたい放題やってるくせに~!

…まあ、姫様ですからね…。
【2006/04/06 01:55】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
メタバカさん、しのさん、

まーそのとーりなんですが、おっしゃるとおり姫なんで!
【2006/04/06 02:31】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
姫というより女帝…。
【2006/04/06 12:11】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
おだまり!
【2006/04/06 21:16】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
ヒソヒソ
【2006/04/06 21:38】 URL | sino #-[ 編集] | page top↑
トラバありがと!こちらも返しておきますね。

確かにこのアルバム、スカッとする作品で気持ち良い。でも以降の脳天気なアメリカンロックとは違ってちょっとねっち~~ってするところがあるから余計によい。なんつってもイラプションだなぁ。
【2006/05/05 06:51】 URL | フレ #-[ 編集] | page top↑
フレさんは、ギタリストですか?私はEruption は結構どーでもいくって、やっぱりDLRですね!
【2006/05/05 21:08】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
はじめまして・・・Shinyanと申します
しかし、コレは名作ですよね
「いつでも聴けて、いつ聴いても元気になる!」上手い事言いますよね・・・
俺も、いつか使わせて貰おうっと・・
では、又
【2006/09/06 23:02】 URL | Shinyan #-[ 編集] | page top↑
Shinyanさん、
どもども!また来てくださいね!
【2006/09/06 23:53】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
こんばんは!
TBお返しさせてくださいね~!
本当に「キリキリと鋭い音」ですよね!
その感じがたまらなくカッコいいです。
また、遊びに来ますので、これからもよろしくお願いします(^^)!
【2006/10/11 22:48】 URL | 波野井露楠 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
「ジョン・ブリムのアイス・クリーム・マンもお忘れなく」 VAN HALEN/VAN HALEN  by 波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~
  「ブロガーさん達に教えてもらった1枚」第21弾!  このところ仕事が大忙しで目が回る毎日(汗)!天気もすっきりしないし(関東南部限定!?笑)。よし!こういう時は、アメリカン・ハード・ロックで無理矢理テンションを上げるしかないっ!という訳で、今夜は帰宅 波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~【2006/10/11 22 : 48】
Van Halen/VAN HALEN (ヴァン・ヘイレン) by OOH LA LA - my favorite songs
Van HalenVan Halen [ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] 巷ではいたるところでディスコ・サウンドが流れ、SEX PISTOLS(セックス・ピストルズ)を始めとする OOH LA LA - my favorite songs【2006/05/05 11 : 43】
Van Halen -1984- by ロック好きの行き着く先は…
 同じ時期に強烈にインパクトを残して今でもよく聴くのがヴァン・ヘイレンの「1984」だね。それこそ80年代ポップス主流の頃にはポップスチャートに紛れてトップを取っていたのでロック ロック好きの行き着く先は…【2006/05/05 06 : 50】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。