スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
私の懺悔を聴いてくれ!ニルヴァーナ 『In Utero』 【MUSIC】
In Utero by NIRVANA

20060320050413.jpg
CD on amazon.com

1.Serve the Servants/2.Scentless Apprentice/3.Heart Shaped Box/4.Rape Me/5.Frances Farmer Will Have Her Revenge on Seattle/6.Dumb/7.Very Ape/8.Milk It/9.Pennyroyal Tea/10.Radio Friendly Unit Shifter/11.Tourette's/12.All Apologies


カート・コベインの自殺後ずっと聴く気になれなかったニルヴァーナなのだが、さんさんと降注ぐお日様が心地よい金曜日の朝、仕事へ行くときガレージから車を出しながら、「今日は『In Utero』が聴きたい」といやにはっきり頭に浮かんできた。『Serve the Servant』の「じゃ~ん・・・・」と始まるイントロが頭の中でぐるぐる廻っている。

「Teenage angst paid off well, now I'm bored and old.....」という歌詞は非常にブリリアントで、最初に聴いたときから今でも心に残っているセンテンスだ。ただ、今の方が鋭く心に突き刺さってくる。これを書いたカートは当時27歳になっていなかったのじゃないか。その若さでここまで人生に疲れてしまうというのは早熟過ぎやしないか。

にぃ3さんはご自分の記事で『Nevermind』をニルヴァーナを語る上で決してはずすことのできないアルバムだと書いておられる。そのことには全く異存はないのだが、私的にはこの『In Utero』は完成度というかバンドの成熟度としては一番のアルバムだと思う。しかしそれに比例してカートの病も悪化しているのか、聴いていていたたまれない曲も多く、『Heart Shaped Box』とか『Pennyroyal Tea』、『All Appologies』などは、自殺後に聴くと気分が悪くなるほどだった。

あの頃は、「なんてウジウジした男なんだ」と、泣きながらもカートが死んだことに怒りを覚えていた私であったが、今考えてみるとあれは、私達みんなが感じているジレンマを的確に指摘しておきながら、解決策も見出せぬまま自分だけあっさり逝ってしまったカートに対する恨みとしか言いようがない。今、「トシだな~私も」と認められるようになって初めて、最初からカートの気持ちに共感していたと懺悔できるようになった。だから今は「悲しくなるから聴きたくない!」と思うのでなく、それこそその「悲しさ」が心地いい。私のように感じている人がどこかにいるのだと思えて。

しかしこの荒々しい神経に障るほどの歪んだ音と、「パーン」と弾むことは絶対にない堅く重いリズムは、繊細な歌詞に共感する心とは裏腹に、身体が興奮してしまう。特に『Scentless Apprentice』や『Radio Friendly Unit Shifter』、『Milk It』は、はしたないくらいに直接膣に響いて、悲しい気持ちでセックスしながら到達してしまうようなやるせない思いになる。このアルバムを「In Utero」と命名してしたのは、このやるせなさが心地良かったのか、それとも、やるせないから子宮の中(In Utero)に入りたいと思ったのか。私は前者だが、カートは男だから、後者かもしれない。



Related Articles
ニルヴァーナの関連記事


Key Words
音楽 ロック パンク

ニルヴァーナのCD
不思議と駄作はありません。やっぱりカート・コベインは才能があったのか、
それともそれが枯れる前に逝ってしまったのか・・・
おすすめ音楽♪ | コメント(4) | 【2006/03/20 04:59】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: うわずっていて青臭い名盤-ニルヴァーナ『Nevermind』
NEXT: 言い訳しない映画 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
チュチュ姫サマ!
TB&リンクありがとです。
UPされた記事を拝見して、「うん、うん」と共感する所が多数ありました。
ネヴァーマインド=勢い
イン・ユーテロ=完成
という個人的見解からすると、やはり「次」の展開が見たかった。
作品として、次のステップに進んでいった“ニルヴァーナ”が…。
とことんまで、擦り切れたカートが、外界とは離れた安息の場所を求めた。
それが「イン・ユーテロ」だと、勝手に思っています。
だからこそ、満たされた状態で新しい世界へ飛び出していく彼を見たかったと…。
ただ、その先は「ニルヴァーナ」を聴く側に託したのかも……ですね。
【2006/03/20 16:39】 URL | にぃ3 #-[ 編集] | page top↑
トラバさせて頂きました。
あまりにも成熟が早すぎたんでしょうかね。
才能のある人ほど、はやく死んでしまう・・

悲しいですが、カートが自分を犠牲にして生んだ音楽、そしてこれが最後にギリギリの状態で産み落とされた・・って感じの作品のようで・・。

悲しさがこ心地いい、という表現はなんだかぴったりだと思います。

これからもチュチュ姫さんの記事、楽しみにしてます^^
【2006/04/01 02:31】 URL | きのこたっぷり #-[ 編集] | page top↑
はじめまして。
コメントどうもです。TBさせていただきました。

記事を読んで思ったんですがやはりNirvanaくらいシンボリックな存在になるとリアルタイムに聞いたか否かで思い入れが違ってくるんですね。
僕にとってはNirvanaは単に‘格好いいロックバンド’って事になっちゃうんですが…(聞き始めた最初の方はグランジがどうのこうのと語ってた様な気もしますが)
長々とすんません。TBしてくださいね!
【2006/08/12 08:05】 URL | douso #-[ 編集] | page top↑
はじめまして。
ニルヴァーナは私にとって思い入れが深いバンドのひとつです。
IN UTEROではRape me が自虐的で痛々しいなあ・・・。
【2006/11/05 20:10】 URL | you-tarow #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
Bleach/Nirvana(1989) by douso's alley
BleachNirvana (1991/10/14)Sub Pop この商品の詳細を見る★★★★☆ジャンル:Alternative,Grunge,Metalitunes追加日:2004/5/291.Blew2.Floyd the Barber3.About a Girl4.School5.Love Buzz6.Pape douso's alley【2006/08/12 07 : 55】
Nirvana - Unplugged In New York by ロック好きの行き着く先は…
 1980年代はいわゆるポップスの全盛期でもあり、また裏街道ではLAメタルが台頭してギタリストがこぞってヴァン・ヘイレンの真似をして早弾きに命を懸けるみたいな時代だったが、当然アンダーグラウンドではソニック ロック好きの行き着く先は…【2006/08/10 20 : 23】
殺してくれ、いや殺さなくてもいいけど by Ready to eat*
今日の日記のタイトルは、思わずどっちやねん!と突っ込んでしまった大好きなlibertinesの歌の一部です( ´艸`)かわいいなぁ。好きだぁぁ。英語だと、Please kill me,Oh baby dont kill me(Oh no dont ki Ready to eat*【2006/04/01 02 : 21】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。