スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
映像の魔術師 リドリー・スコット ~映画偉人伝~
映画偉人伝 ~その30~ 

20060312233439.jpg
Ridley Scott

1937年11月30日生まれ。あだ名はR-スコット、もしくはリド。セット・デザイナーやTVコマーシャルのディレクターとしての長い下積みで鍛えられた、精巧で緻密な映像作りで名を馳せる英国の映画監督。

ロンドンにあるロイヤル・カレッジ・オブ・アートでアートとフィルムを学び、その後BBCテレビにセット・デザイナーとして就職した。1960年代中盤からTV番組のディレクターも任されるようになるが、フリーになることを決意。何百本ものコマーシャルを指揮した後、1997年に初の作品『デュエリスト』を監督する。

この作品は小粒ながらも映像のセンスで主にカルト的ファンに絶賛され、リドリーの才能が開花する『エイリアン』を撮るきっかけになるには充分だった。次の、荒涼とした近未来のLAを描きサイバー・パンク・カルチャーの先駆けとなった『ブレードランナー』は、リドリー本人はスタジオでかなり編集され、オリジナルの良さを失っていると憤慨していたが、相反して熱心なファンを掴んだ。1993年にようやっと『ディレクターズ・カット』としてオリジナル版が出ると、以前にも増して高い評価を受ける。

その後『Legend』(1985)と『Someone to Watch Over Me』(1987)で激しくコケるが、日本が舞台の刑事モノ『ブラック・レイン』(1989)は、日本のエキゾチックな雰囲気を巧みに描くことで映像の魔術師の名に恥じない評価を得る。

リドリーは「キャラクターや内容より映像を重視したスタイル」と酷評され続けてきたが、今まで男の独壇場だったの友情賛歌モノを女性の視点から描いた『テルマ&ルイーズ 』を撮り、キャラクター描写も出来ることを証明、初のオスカー監督賞のノミネーションとなった。

■チュチュの感想■
この人が『ディレクターズ・カット』の生みの親なんだそうです。ワタクシにとっては、「ええ、こんなものまで」という作品もこの人の手によるものだったりして、感心しています。なぜか『パール・ハーバー』がこの人の作品だというとんでもない勘違いをしていたワタクシをお許しください。『テルマ&ルイーズ 』や『G.I.ジェーン』を撮ったり、『エイリアン』の主人公にシガニー・ウィーバーを使ったりと、結構フェミニストじゃないかと思われ、なんかその辺も嬉しいところです。また、演劇学校をきちんと出ている俳優を好むことで有名らしいのですが、日本を舞台とした『ブラック・レイン』で松田優作を使ったところになんか、ツウなんじゃないかと思わされます。

今後のプロデューサーとしての作品
■Emma's War (2007)
■Shadow Divers (2007)
■"The Company" (2007)(TV)
■American Gangster (2007)
■Diamond Dead (2007)
■Mary Queen of Scots (2006)
■Orpheus (2006) (TV)
■The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford (2006)
■A Good Year (2006)

過去のプロデューサーとしての作品
■Tristan + Isolde (2006) (executive producer)
■え、これって、リドリーさんプロデュースなんですか?『イン・ハー・シューズ』 (2005) (producer)
■ありがちな時代物という感じ『キングダム・オブ・ヘブン』(2005) (producer)
■Matchstick Men (2003) (producer)
■The Hire: Ticker (2002) (executive producer)
■The Hire: Beat the Devil (2002) (executive producer)
■The Hire: Hostage (2002) (executive producer)
■The Gathering Storm (2002) (TV) (executive producer)
■"AFP: American Fighter Pilot" (2002) TV Series (executive producer)
■Six Bullets from Now (2002) (producer)
■題材は新鮮なんですが・・・『ブラックホーク・ダウン』(2001) (producer)
■Hannibal (2001) (producer)
■The Last Debate (2000) (TV) (executive producer)
■これは好きです。『グラディエーター』(2000) (executive producer) (uncredited)
■Where the Money Is (2000) (producer)
■RKO 281 (1999) (TV) (executive producer)
■Clay Pigeons (1998) (producer)
■リドリーは結構フェミニストかもしれない『G.I.ジェーン』(1997) (producer)
■"The Hunger" (1997) TV Series (executive producer)
■White Squall (1996) (executive producer)
■The Browning Version (1994) (producer)
■Monkey Trouble (1994) (executive producer)
■1492: Conquest of Paradise (1992) (producer)
■ガール・パワー炸裂の先駆け『テルマ&ルイーズ 』(1991) (producer) 初々しいブラピも見れる!
■Someone to Watch Over Me (1987) (executive producer)
■『ブレードランナー』(1982) (co-producer) (uncredited)
■Boy and Bicycle (1965) (producer)

今後のディレクターとしての作品
■Shadow Divers (2007) (announced)
■A Good Year (2006) (post-production)

過去のディレクターとしての作品
■All the Invisible Children (2005)
■『キングダム・オブ・ヘブン』(2005)
■Matchstick Men (2003)
■Cinema16: British Short Films (2003) (V)
■『ブラックホーク・ダウン』(2001)
■Hannibal (2001)
■『グラディエーター』(2000)
■『G.I.ジェーン』(1997)
■White Squall (1996)
■1492: Conquest of Paradise (1992)
■『テルマ&ルイーズ 』 (1991)
■『ブラック・レイン』(1989)
■Someone to Watch Over Me (1987)
■Legend (1985)
■『ブレードランナー』(1982)
■『エイリアン』 (1979)
■Robert (1967) (TV)
■"The Informer" (1966) TV Series
■"Adam Adamant Lives!" (1966) TV Series
■"The Troubleshooters" (1965) TV Series
■Boy and Bicycle (1965)
■"Z Cars" (1962) TV Series

その他の作品
■Tripoli (2007) (pre-production) (development executive)
■The Duellists (1977) (camera operator)

Related Article
■チュチュの映画偉人伝~INDEX~

※この記事は、IMDb (Internet Movie Database) の記事をチュチュがテキトーにサマって訳したものです。もしこの偉人伝で取り上げてもらいたい映画の偉人さんがいたら、教えてください。がんばって翻訳しま~す。
トランスポーター2 transporter2 | コメント(15) | 【2006/03/12 07:51】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: マイケル・ムーア、コーポレート・アメリカに宣戦布告!『The Big One』
NEXT: アメリカ軍て、本当は弱いんじゃないか?『ブラックホーク・ダウン』

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
(/^・x・^)オイッス! ●たぶん「エイリアン」「ブレードランナー」SFデザインの専門のいいブレーンをもってるのでしょうな。「ブレードランナー」ではシド・ミードにパトカーのデザインを任せるつもりが、結局は都市の造詣までデザインさせてフリッツ・ラングの「メトロポリス」なみのすごい未来都市風景にしちゃってますしね。●エイリアンのデザインは完璧だしね。●「ブレードランナー」に関しては「ディレクターズカット」がいいか?「公開版」がいいか?は論議が難しいところで『原作』の「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」が良く読まれている米国では「ディレクターズ」でいいんでは?ただ日本では『公開版』でないと??な設定も多かったので・・・・私なぞは『絵コンテイラストの本』でやっとこさ分かった部分あり。●「ブラックレイン」では日本・香港アジアエリアで有名だった松田優作を使ったり、「ブレードランナー」ではオランダのルトガー・ハウアーを使ったりでなかなかキャスティングもうまいですね。●映像表現が突出してうまいのは確かですね。
【2006/03/13 03:16】 URL | Dr.デュランデュラン #-[ 編集] | page top↑
リドリースコットといえば、印象にあるのは雨のシーン。まさに映像作家といわれる先駆者じゃないのかな。テルマアンドルーズはめすらしく晴れの映画でしたが。

彼の作品で好きなのは「エイリアン」「ブレードランナー」「照る間」はもちろんですが、「ブラックホークダウン」にもかなりやられました。

リドリーはまだオスカーは受賞してないですよね。授賞式で受賞を逃したときの悔しい顔はよく覚えてます。
【2006/03/14 00:51】 URL | yoshi #-[ 編集] | page top↑
yoshiさん、
コメントありがとうございます。

私の調べた限りではオスカーは取ってないようです。
【2006/03/14 01:11】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
好きな映画監督は?の質問には大体この人の名前を挙げることにしているものの、”GIジェーン”、”白い嵐”くらいの時にはかなり自身がなくなってました、わたし。コケた”誰かに見られている”も結構すきです。
【2006/03/16 13:52】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
自身⇒自信です。ブラック・レインの松田優作のマネは当時宴会芸でした。
【2006/03/16 22:19】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん、
なんかGOさんって、いっぱい宴会芸を持ってそうですね・・・。
【2006/03/16 22:25】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
仕事、営業ですからね。天職といわれます。
【2006/03/18 10:26】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
>オスカーは取ってない
一流の証(あかし)ですね。
【2006/03/18 17:07】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
メタバカさん、
おっ、メタバカさんが褒めるってのは、やっぱ『ブレード・ランナー』の流れですかい。

GOさん、
そうか、訪日の際に是非その、「天職」を見せていただきたかったですがねえ。残念です。
【2006/03/18 21:45】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
ブレードランナーには確認されているだけで5種類のヴァージョンが存在するそうです。
一般的なのは「劇場版」「完全版」そして、「最終版/ディレクターズカット版」の3種。

DVDは「最終版」しかでていないので、
マニアはLDやヴィデオ、TV放映を録画したものを集めるんです。
LDにはCAVの2枚組ヴァージョンが存在、しかし画質は良くありません。
また、TV放映の字幕とLDの字幕、劇場公開時の字幕が異なってます。
(字幕がヴァージョン違いなのはけっこう存在します。
「アメリカングラフィティ」も、NHK-BSとWOWOWでは字幕が異なってます。)

「エイリアン」も、実はLDのプレス時期によって
ヴァージョン違いが存在してます。

というわけで、LDをもってないと、この2作品をマニアックには語れません。

こういうくだらないことにこだわるのがマニアなんですよ、姫様。
【2006/03/18 22:22】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
メタバカさん、

た、確かにくだらない!
【2006/03/19 03:31】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
営業のGOさんが宴会芸(ゲイ?)に命をかけるごとく、
マニアはくだらんことに執念を燃やすんです。
我が家にはMSGの「限りなき戦い」が10枚以上ありますよ。

以前好きだっていった「デッドゾーン」も
国内DVD、輸入DVD、LD、WOWOW放送版、NHK-BS放送版等何種類も持ってます。
ちなみにこれもWOWOWとNHK-BSでは字幕が異なってます。

自称馬鹿から他称馬鹿になる日も近い?
【2006/03/19 12:14】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
メタバカさん、

いや、私はMSN時代にあなたと相互リンクしたときに既に「馬鹿は馬鹿でも大馬鹿」とコメントつけましたから、既に他称馬鹿ですよ!
【2006/03/19 13:03】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
お褒めに預かり光栄でございます、姫。
【2006/03/19 17:18】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
エイリアン、ブレード・ランナーで創り上げたあの独特の雰囲気が好きです。「手慣れた感じ」で撮らないで、いつもなにかしら挑戦してる感じがいいですねー。リドリーに比べれば、弟のトムは小物だな(なんて言ったら怒られるかな)。

ジェームス・キャメロンがエイリアンズを撮るとき、メチャクチャ意識したそうですね。「エイリアン2」的タイトルにしないことが条件だったとか(しかし、邦題はエイリアン2じゃなかったっけ?)
【2006/03/22 08:36】 URL | シゲオ #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
りどりー・すこっと。 by ブロ☆はじ。
『エイリアン』シリーズで(笑)。やっぱり第1作目を抜きに語れないでしょう。つか語ってないのですが(汗)。自分の中で「これは良い!傑作だ!!」とカナーリ評価高い映画は始まってから5分が勝負です。あとタイトルロー ブロ☆はじ。【2006/06/18 10 : 39】
今日は何となくmovieです。 by 凡人の書くほんとに凡庸な日々
おいらが最近観たmovieについてです。David Bowie「The Rise And Fall Of Ziggy Stardust」を聴きながら気ままに書いています。映画「アビエイター」マーティン・スコセッシ監督 出演:レオナ 凡人の書くほんとに凡庸な日々【2006/04/22 15 : 45】
映像の魔術師 リドリー・スコット ~映画偉人伝~ by 凡人の書くほんとに凡庸な日々
映画偉人伝 ~その30~ Ridley Scott1937年11月30日生まれ。あだ名はR-スコット、もしくはリド。セット・デザイナーやTVコマーシャルのディレクターとしての長い下積みで鍛えられた、 凡人の書くほんとに凡庸な日々【2006/04/22 15 : 41】
「ブレードランナー」 by 変態博士 Dr.デュランデュランの異常な愛情
1982年  監督 リドリー・スコット         出演 ハリソン・フォード ルトガー・ハウアー            ショーン・ヤング ダリル・ハンナ★空間デザイナーのシド・ミードさんデザインの未来のロス市「強力わかもと」の広告がいかすぜい!当時は 変態博士 Dr.デュランデュランの異常な愛情【2006/03/13 03 : 23】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。