スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
少林功夫のモンクたちのアメリカでの軌跡をたどる-『Shaolin Ulysses』
Shaolin Ulysses: Kungfu Monks in America

20060216061941.jpg
DVD on amazon.com
CAST & CREDITS
Produced: 2003
Directed by: Martha Burr, Mei-Juin Chen
Writing credits: Martha Burr
Cast: Guolin Shi, Peng Zhang Li, Xing Hao Shi, DeShan Shi, Xing Hong Shi, Beau Bridges
この映画は、アメリカに渡ってきた5人の少林功夫(しゃおりん・カンフー)のモンク(お坊さん)の軌跡を辿ったドキュメンタリーです。

5人とも、本場の中国は少林寺でカンフーを習っていたという振れ込みでNY,テキサス、ラス・ベガスなどに道場を開き、アメリカで一旗上げようとがんばっています。中には中国に住む家族と協力して、アメリカの生徒を中国で修行できるようにアレンジしてあげたりしているところもありました。

私はなぜか少林功夫にすごく高尚なイメージを持っていました。なんたってお寺のお坊さんですから、ただ相手を打ち負かすための格闘技ではなく、自己鍛錬や高尚な精神性も追求する、そういう武術だと思っていたのです。

しかし、このドキュメンタリーで実際のモンクたちのインタビューを聞くと私の持っていたイメージはがらんがらんと音を立てて崩れ落ちました。はっきり言って笑っちゃったのは、インタビューの中で、文化大革命のとき、少林功夫はエラク叩かれて人気なくなっちゃったけど、ジェット・リーが『少林寺』という映画を発表した後、めちゃめちゃ人気が出て、カンフーを始める子供が少林寺に殺到し始めた、という話し。なんだ映画かよ!っつーか、それじゃあアメリカでも中国でも大して変わりはないじゃないの。

あるカンフー・モンクさんは、96年にローラポルーザでアメリカのバンドと一緒に全米ツアーをし、バンドの人たちにギターを弾かせてもらったり、カンフーの武器を記念にあげたり、バンドのテープをもらったりという「文化交流」をし、それがきっかけでアメリカへ来よう!と思ったとか。そういう流れはもちろんよーく理解できるのですが、私がイメージしているお坊さん、とか、修練、鍛錬というのとは全然違う。武術もいつまでも古風な伝統とか格式とかにこだわっているのではなく、いろんな文化や世代というものに洗われて進化して行くべきだなとは思うのですが、こう何もかも「アメリカナイズ」されて行くとちょっと「???」という感じはしますね。

私が好むと好まざるとに関わらず、このドキュメンタリーは、現在のアメリカでのカンフーの位置づけを良く現わしていると思います。私にカンフーを教えてくれたアメリカ人の師父は、今55歳位かなあ。彼が情熱を持ってカンフーに取り組んでいた若い頃は、本場中国から来た師父や、カンフー・マスターを見つけるのは至難の業。インターネットもないし、情報が少なくて、何が本当で何が偽者かもわからない状況だったとか。彼から見ると、現在のアメリカの状況は夢のようだと思います。

カンフー・ヲタのアンちゃんによると、この5人の中には本当に少林寺でカンフーを習ったことがある、と証明出来ない人もいるんですと。理由は何度も少林寺を追い出されているからだそーで。まあ、そういう細かいことを言えば色々あるのでしょうが、このモンクたちのカンフーのデモンストレーションはなかなか凄くて、一見の価値はあります。

Related Articles
■カンフーじゃないけどかっこいい『マッハ!』
■これをカンフー映画と呼んでくれるな!『ダニー・ザ・ドッグ』
■ジャッキー・チェン作品の中では駄作かも!でもみんなこんなもんか?『ドラゴン・ロード』
■典型的B級お馬鹿カンフー・ムービー『Invincible Obssessed Fighter』
■ブログ友、かるまじろさんによる痒いところに手が届く少林功夫解説
アメリカ映画 | コメント(2) | 【2006/02/26 08:02】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 【閑話休題】-シークレット・バトン
NEXT: ダイアナ妃のご学友!ティルダ・スゥイントン

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
私はその中の元モンクの一人に3年ほどカンフーを習っています。NY、ブルックリンの人です。ヒューストンにいたこともあって、xinghaoは私の最初の師父でした。Dashenもちょっと知っています。Guolinは私の彼氏の師父です。ドキュメンタリーは中国らしいうさんくささがあるのも否めないのですが、彼らはとりあえずすごいです。「少林寺36房」の中のようなエピソードを師父はいつも私たちにしてくれます。
小さな頃から学校にも行かず一日10時間を超えるトレーニングを積む彼らにとっては、Teenagerで一度外の世界を見ると、戻りたくなくなってしまうのだそうです。彼らのほとんどが公演などで外国にツアーに出てそのままとどまってしまっているのですよね。
私もものすごい妄想?をもって師父たちを眺めていましたけれど、やはり人は人なのですね。がっつりトレーニングされていますので、とても強くていい人たちです、私の知っている限りでは。お邪魔しました。
【2006/05/11 22:43】 URL | ay #-[ 編集] | page top↑
ayさん、
そうですよね、武道やってても、子供だったら、アメリカなんぞに連れて来られちゃった日にゃ、コロリと行っちゃいますよね。

ayさんもトレーニング、がむばってください!
【2006/05/12 02:10】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。