スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ディパーテッド』-べ~つ~に~って感じ?
The Departed

結構面白かったのですが、「どうだった?」と聞かれたら、「べ~つ~に~・・・」って言いたくなっちゃうような映画ですね。役者の演技は良かったと思う。レオくんなんて、特に好きでもないけど、「お、でっかくなったな」って感じだったし、ジャック・ニコルソンは相変わらずヘンでいい!それにマット・デーモン!まんまリプリーじゃんか。いい人ヅラして人をだまして、余り罪の意識を感じてないような。リプリーの時、こんな気持ち悪い役やってあっぱれだなーと思ったけど、この人こういうのハマり役なわけ??

ディパーテッド (期間限定版)
dvd on amazon.com
Produced: 2006
Directed by: Martin Scorsese
Writing Credits: William Monahan, Siu Fai Mak
Cast:
Billy: Leonardo DiCaprio
Colin: Matt Damon
Costello: Jack Nicholson
Dignam: Mark Wahlberg
Queenan: Martin Sheen
Madolyn: Vera Farmiga
Ellerby: Alec Baldwin
***んーもしかしたらこれはネタバレ?***

思うにですね、もしこれが、ビリーがマフィアに潜入しただけなら、こんなもんで良かったと思うの。でも、コリンも、全く逆の立場で警察に潜入しているわけじゃん?しかも駄目押しに、コステロまでが結局はFBIのスパイ。これは、かなり入り組んだ心理描写をするような設定ですよね。騙し騙され、殺されるかもしれない、ストレス、苛立ち・・・。その割りには、なんか呑気なんだよな。なんかさ、アメ人版『太陽にほえろ!』って感じよ。マーティン・シーンが岩さんで、、アレック・ボールドウィンがデカ長。マーク・ウォールバーグは・・・うーん、ロッキー?!

ビリーが精神科医に話しに行くシーンとかも、すごく期待してしまうわけよ。ものすごいストレスにさらされているビリーが、一体どんなリアクションを見せるのか、とか、ああいう状況に置かれている人がどんなことを考えるのか、とかさ。あのシーンって、ビリーがブチキレて、その日々のストレスのものすごさをさらけ出す、すっごい見せ場なはずなんだが・・・。あの精神科医の受け答えというか、精神科医ってあんなもん?いや、あんなもんかもしれないな・・・。「私の勉強してきたことによれば、あなたはドラッグに手を出す人間の描写に当てはまるわ」って言ってたけど、要するに精神科医ってのは、そういうことを勉強してきた人であって、人の心に敏感なわけじゃないのよね。あの精神科医はその典型みたいなもんで、またここで肩透かし食っちまった。

あとさ、なんでの精神科医は、あの二人と寝るわけ?なんで二股かけるの?なんかその辺の心の葛藤が良くわからない。そう、心の葛藤!出演者全員、何らかの心の葛藤を抱えているはずなのだけど、その辺が直接的に伝わって来ないんだよ。ビリーがスパイだとバレたらどうしよう、っていう気持ちはわかるよ。誰でも違うレベルでそういう経験ってあるじゃない?でも、この状況って、ものすご~くストレス度が高いわけじゃない?そういうのを、観ているこっちがひりひり感じがないと、こういう話って傍観しちゃいませんか?

最後がバカみたい、って言ってる人がいたけど、私はあれは『レザボア・ドッグス』だ!と思った。『レザボア・・・』もヤクザに潜入する刑事の話で、しかも最後全員死ぬじゃん。なんかさ、この話って無理やりドライなハード・ボイルドにしたような趣きがあるね。ホントはむっさ湿っぽい、ドロドロの悲哀なんじゃないの?あのアイリッシュ風のロックの曲とか、なんかマッチョだもんナ。

その辺の中途半端さが「べ~つ~に~」になっちゃうのかナ・・・。

Related Article
■レオナルド・ディカプリオ出演作品一覧
■ヴェラ・ファーミガ出演作品一覧

Key Word
映画 ディパーテッド マーティン・スコセッシ ジャック・ニコルソン マーティン・シーン アレックス・ボールドウィン マット・デーモン レオナルド・ディカプリオ マーク・ウォールバーグ
映画感想 | コメント(3) | 【2007/05/11 09:59】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『トゥモロー・ワールド』-やだけどあり得る世紀末
NEXT: 『ゾディアック』-地味だけど観る価値あり

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
この映画の元ネタ アンドリュー・ラウ監督のインファナル・アフェアが面白過ぎて、これ見るの躊躇してたんだけど、やっぱり気が向いたら観ることにします。
【2007/05/12 18:10】 URL | ぱーにゃ #-[ 編集] | page top↑
うぅぅ…。
やっぱ、インファナル・アフェアを観て欲しいっす。精神科医も二股じゃないし、マフィア側に潜入した方もただ、いらいらビクビクしてるわけじゃないし…
アジアンには、オリジナルの方がよく解るし面白いと思います。
【2007/05/15 17:17】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
観ます!観ます!!

オリジナル知ってる人にはすこぶる評判悪いこの映画。近くのビデオ屋にあるので、観て見ます。
【2007/05/17 02:02】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。