スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
ずっと思っていた人との再会・・・あなたならどうする?-『ビフォア・サンセット』
Before Sunset

ジェシー(イーサン・ホーク)は、23歳のときヨーロッパを一人旅し、汽車の中でセリーヌというフランス娘に出会う。意気投合したはいいが、ジェシーは次の日の朝にはアメリカへ帰る飛行機に乗らなければならない。限られた時間の中で急速に親しくなっていった二人は、電話番号も住所も交換せず、ただ半年後にこの、同じプラット・フォームで会おうという約束だけして別れる。

それから9年後、ジェシーはこのときの思い出を元にベストセラー小説を書き、作家としてヨーロッパに戻ってくる。パリの本屋のサイン会に現れるセリーヌ。カフェでお茶でも飲みながら近況報告をし合おうということになるが、今回はジェシーの飛行機が発つまで2時間ほどしかない・・・。

ビフォア・サンセット / ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 ツインパック (初回限定生産)
dvd on amazon.com
CAST & CREDITS
Produced:2004
Directed by: Richard Linklater
Writing credits:
Richard Linklater, Kim Krizan
Cast:
Ethan Hawke: Jesse
Julie Delpy: Celine
んー、やっぱり二人は、半年後に再会しなかったのか!一作目の恋人までの距離(Before Sunrise)』を観た人にとっては、そこが気になったところでしょう。セリーヌはおばあちゃんの葬式があって行けず、ジェシーはななんとアメリカから行ったのに、待ちぼうけ食らったわけです。

それから9年もの月日が流れ・・・正直言って、二人ともトシ取ったなあと思ったよ。23才のときは、二人ともプクプクして可愛かったのに、今は、まあ別に見苦しくもないけれど、☆ステキに歳を取りました☆って感じじゃなくて、なんか生活に疲れてやつれていて、現実的でした。

ジェシーは今でもセリーヌのこと好きみたいで、9年前にウィーンで待ちぼうけくらったときの気持ちを考えると可哀相だなあと思った。セリーヌの方は仕事の話を夢中でしたり、考え方もしっかりしている「自立した女」って感じで、あーこの人はもうジェシーは卒業したんだなあ、という風に見えた。

それでなくても、ジェシーは結婚して子供もいるんだし、「どうなって行くんだろうなあ、この物語は」と思っていたら、ジェシーもセリーヌも段々と、今でもお互いのことを思い合っているということが言葉の端々に出てくる。

その辺のくだりが結構身に詰まされましたね。二人とも色々な人と出会い、別れてきたわけなのですが、どうしてもあの23才の時の人を超える人が現れない。特にセリーヌの方は、今まで付き合ってきた男達はみんな、セリーヌと別れてからすぐ結婚する。そしてセリーヌに、「君のおかげで本当の愛というものを知ることができ、それでこんなステキな結婚ができた。ありがとう。」って言うんだって。「ふざけるなぁ~!」と泣きながら怒っているセリーヌが可笑しかった。でもセリーヌは「あの人たちが私に求婚しなかったのは、私が『この人じゃない』と思っていたのがわかっていたからよ」という。

この映画の中で、なんどもなんども繰り返される「9年前のあの時、二人がウィーンで再会していたらどうなったか」というテーマなんですけど、どうなんでしょうね。しばらく付き合って別れたかもしれない。結婚してずーっと一緒にいたかもしれない。運命の人って、本当にいるの?赤い糸って、本当にあるの?わからない。でもこの9年の間、二人とも「あーあの時電話番号を聞いておけば!」とか思いながら暮らしていたのだもんなあ。家中の皿を割りたくなるようなフラストレーションですね。

そして今、再会して、じゃあこれから付き合おうといっても、難しそうだよね。ジェシーは子供がいたりとか、住んでるところも違う国だし。あなたならどうする?!

最後、セリーヌが「あなた、もう飛行機に間に合わないわよ。」というと、ジェシーが「わかってるよ。」と言って終っちゃう。これからどうなるかはわからないけど、とりあえずこの二人が再会できて良かった!というラストではあった。

sunset.jpg
こう言っちゃあなんなんですが、イーサン・ホークって年取ったらなんかチンピラみたいになっちゃいましたよね


イーサン・ホーク出演作品
DVD | コメント(8) | 【2006/02/06 06:33】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: デトロイトより愛を込めて-ローリング・ストーンズのスーパーボウル・ハーフタイム・ショウ!
NEXT: ルーファス・ウェインライト-心臓鷲掴みにされるような曲 『The Maker Makes』

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
僕は切なかったですよ、このラスト。飛行機に間に合わない、わかってるよ、ってのがもう今更どうにもならないわよ、わかってる、っていう風に聞こえて。
【2006/02/07 00:29】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん、
そうか、そういう見方もあったか。私は、前回、ジェシーは「飛行機に乗らなくちゃ」って思ったけど、今回は「いいや、乗らなくても。この人といる!」って決めたって感じがして良かったと思ったんだけど。
でもそのあとどうするかっていったら疑問なんですけどね。
【2006/02/07 01:08】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
ものいわず見詰め合うだけで、相手の気持ちを悟ってしまう異性の相手っていますよね。初対面でも、なにか感じあえる人。

運命の人。そういう人に限ってお互い好きなのに別れてしまう・・・。

前作の雰囲気が素敵で、続編はどうかな?と思っいましたけど、わたしは結構満足のできでした。とくに最後一人ソファに沈み込むところなんて、よくわかるなあ。と。恋愛してみたくなる映画だと思いました。

ちなみにわたしの昨年のベスト10はここです。http://1yoshi.zero-city.com/html/2005BEST.htm

【2006/02/22 21:33】 URL | yoshi #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
Yoshiさん、
コメント、サンクスです。
この映画は、人によって取り方もいろいろで、意見を聞くのが楽しいですね。私としては、9年も「あーあ、電話番号さえ聞いておけば!」って思いながら生活しているのがいやだな~とそればっかり考えてしまいました。
【2006/02/22 22:02】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
やっと観ましたよ(w
これは「ビフォア・サンライズ」の続編として最高の出来!と拍手しちゃいました。
もう、身につまされっぱなしで(www

TBさせてくださいね。
【2006/05/17 14:26】 URL | ウナ ノチェ #0uwWg0JQ[ 編集] | page top↑
おお~!ウナ・ノチェさん、観たんですね!
こちらからも行きますです。
【2006/05/17 21:10】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
いや~私個人の意見ですが
9年前に再会しなかったほうがよかったと思います。
真実は誰にも解らないんだけど、
美しい思い出は、美しいままで置いておく、
実はその方が二人にとっては幸せなのかも・・・
そんな気がしてしまいますね。
男と女って、ずっと一緒にいると変ってしまうから・・・。
TBどうもありがとう~!
私もさせてくださいね。
【2006/05/17 23:11】 URL | ショウメイ #XIPVe1s6[ 編集] | page top↑
ショウメイさん、
私もそう思う!この後、二人が付き合い始めたら、もう美しくなくなっちゃうでしょうねえ。
【2006/05/17 23:24】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
Before Sunset(ビフォア・サンセット) by 英語で映画
「Before Sunrise(恋人達のディスタンス)」の続編。何度も観たくなる秀作だ。前作で一夜だけを共に過ごしたジェシー(イーサン・ホーク)とセリーヌ(ジュリー・デルピー)。あれから9年、作家になったジェシーが、パリの書店でキャンペーン中に彼に会いに来たセリーヌと 英語で映画【2006/05/18 00 : 16】
「ビフォア・サンセット BEFORE SUNSET」 by AMOR ETERNO
2006年5月17日 9年後の再会。そして・・・ 9年前、偶然列車内で知り合ったジェシー(イーサン・ホーク)とセリーヌ(ジュリー・デルピー)は、一晩だけウィーンで共に過ごし、半 AMOR ETERNO【2006/05/17 14 : 27】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。