スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『オーディション』-ほとんど感想ないなあ・・・
Audition

石橋凌って誰だっけって、ウィキってしまいました。なんか絶対ロックの人、って思ったんだけど、ARBって言われても、なんとなく憶えてるけど、歌とか全く記憶にない。

オーディション [DVD]
dvd on amazon.com
Produced:1999
Director: Takashi Miike
Writing Credits: Ryu Murakami
Cast:
Aoyama: Ryo Ishibashi
Asami: Eihi Shiina
まーどっちでもいいけど、おっさんくさくなったなあ。もっと二枚目な人じゃなかったっけ?少なくとも中年太りしてるよね~。やっぱロック系の人が太るとショックだわ。

えーっと、私は邦画ってほとんど興味ないのですが、なぜかって言うと、「雰囲気だけ」ってのが多いからなんです。特にホラーとかそういうのになると、怖い「イメージ」にばっかりこだわった映像が多いと思うの。例えばこの映画だったら、主人公の女の子が、裸電球一個の、暗くてボロボロの和室にしな~っと座ってて、髪がなが~いので、顔が見えなくて、電話がなると、そこにあったズタ袋が「びくん!」と動く。どう見ても、生きたまま何かがそこに入れられてる様子・・・・・。

で、電話は黒電話だよ!あんなアパートあんのか?黒電話なんかあんのか?あんな女の子いるのか?とかまあ、設定とかお話が怖いというよりも、視覚的なイメージだけというか。

でも逆に言うと、そういうアプローチってアメリカにはないので、やたら受けたりするのかなあとも思うんだけど。

ただ、イメージだけだと、あまり自分にも起こり得るって捕らえ方ができないので、そうなると結果あまり怖くなくなるのよね。

ウィキで読んだら、外国の映画祭で途中退席続出、すっげーコンプレ出たって話ですけど、女の子が男達を拷問するシーンとかすごいんだけど、キャラ設定とか薄い感じがするので、まーそん時見るのは怖いけど、ちっとも心に残らないんだよね。

『ミザリー』とかって、むっちゃ怖くなかった?女が男のファンで、愛しているのにすっごいヒドイことするじゃない。なんかあの情念っていうか、彼女が実際にやることももちろん怖いけど、その心理を考えるから本当に怖いんであってさ、そこが薄いと「ふーん」って感じなんだよね~。まあ、キャシィ・ベイツと比べんなよ!って言いたいかとは思うけど。

キャラ設定が薄い、っていうのはやっぱり、各キャラの背景が口頭で説明されているからなのかなあ。男が若い女にハマって行く様子とか、女の子がああいう風になっちゃった理由とか、「ふーん」以上の反応できなかったもん。
スポンサーサイト
日本映画 | コメント(5) | 【2010/11/18 01:44】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
ボブ・ディランのライブ-すげー自己嫌悪
Bob Dylan and his band @ Hill Auditorium in Ann Arbor Michigan, October 28th, 2010

Dylan


この人のことは本当に何も知らなくて、イメージとしては、フォーク・ギター弾きながらブツブツと反戦の歌とか歌ってるイメージなんだけど、『アイム・ノット・ゼア』を観て初めて、「ああ~アレはボブ・ディランのほんの短い期間のことで、他にも色々やってたんだなあ」って気が付いて、少し興味はあったんですけど、この後特に接する機会もなく。

そしたら、今の彼が「色んな音楽好きだけど、一番好きって言ったらディランだ」って言うので、「へええ~そんなに!」って思った。アタシたちよりもっと上の世代だったらわかるけど、80年代に青春時代を送ったアタクシたちの中で、クラッシュよりもディランって。

で、彼に誘われたんですけど、まあこの位有名な人なら一度くらい観て置いてもソンはないと思ったので行って来たんですけど、まー散々でした。

この日むちゃくちゃ具合悪かったってのもあるんだけど、もう寝ないようにするだけで一苦労。曲がすごい単調なの。イメージとしては、『ナチュラル・ボーン・キラーズ』の砂漠のシーンとかでかかる、「ずっちゃん、ずっちゃん」みたいなバッキングに、おっさんの低音のしゃがれ声が乗ってる曲みたいの。これが延々と続いて、起きていられない~。

ディランは、縦ラインの入ったランニング・パンツみたいの穿いて、カーボーイ・ハットという、ステージ衣装としてはまあどーでもいいカッコで、主にキーボードを弾いてました。His Band のメンバーは、みんなグレーのスーツに黒いワイシャツ、黒いタイ(ネクタイしてない人もいたかも)。

ちょっとアップビートな曲とかも演るんだけど、全くエネルギーってモンが感じられない。この感覚ってなんだろう、って考えたら、なんかさ、シンガポールの五星ホテルで演奏する白人のバンドみたい、って思ったよ。日本だったらキャバレーのバンド?トップ40とかのコピーを演って、まあ色んな曲をコピーしなきゃならないので上手いんだけど、全く曲のカッコいいところを抑えていないって感じ、わかる?

で、ギターの人が真ん中にいるんだけどこの人がまた、モロにキャバレーバンドのギターの人って感じなのよ!髪は肩くらいの長めなんだけど、ポマードで後ろに流してて、結構いい男で痩せてて、スーツのズボンはスリム系なので、似合うちゃあ似合うんだけど、貧乏くさいってわかる?近くに寄ったら、ヤニの匂いがプンプンして、ご飯食べないで酒ばっかり飲んで、地方のキャバレーのドサ周りで食ってるミュージシャンそのもの!

当日具合悪かった理由はPMSで、眠気と戦いつつ、機嫌も悪いし、しゃべりたくないし、ライブ会場なんて、他人が一杯いるところにいたくないし、でも一緒に来ている彼に悪いと思って自己嫌悪に陥るし、もう最悪の精神状態だったので、ライブ中こんなネガティヴなことばっかり考えていたのかもしれないわ。だって、このギターの人、なんでもそっちのスジでは有名な人らしいもん。冒頭の写真は、私のライブの印象を一番良く反映していたので選んだんだけど、これにはそのギターの人写ってない。なんか、有名な人で、ゲスト・アピアランスだったのかもしれない。

ディラン・ファンの人ごめんね~。別に批判しているわけじゃないのよ!ディランの良さをわからないのは私の責任です!こんだけビッグな人なんだもん、なんか一つ位「ああ~やっぱすごいなあ~」って思うことがあっても良さそうなモンなのに、ライブの間中苦痛でしかなかったわ。

もちろん他の本当のファンの人たちはすごい入れ込んでたよ。あ、でもご他聞にもれず、家族連れが多かった。でも面白いのは、ディラン世代の人ってもう子供いくつよ?すっげえでかいでしょ。でも、ココで言う家族連れって、子供13,4って感じで、親も比較的若いのよね。で、あと、二十歳前後くらいのカップルも多いし、やっぱ芸暦長いと色んなファンの人がいるよね。

あ、そうそう、私の隣に座ってた大学生くらいのお子達はバカだったね~。会場は、中野サンプラザが新宿厚生年金くらいの大きさで、私達は一番後ろから3列目くらいに座ってたんだけど、このお子達は、携帯でフラッシュ焚きまくりで写真撮って、警備の人に怒られるし、メイルとかチェックしまくって、画面の光がすっごいムカ付いた。観る気がなくて、携帯で遊んでるんなら来んな!アーティストに対する敬意はないの?それに他人にメーワクとか言う前に、ライブに費やす自分のお金や時間が無駄だと思わん?アタシもファンじゃないし、寝てたけど、「楽しみたいな」と思ったわよ!まあ~お子達は若いから、時間が貴重なものだなんつー観念はないのかもしれんが。
LIVEレポ | コメント(2) | 【2010/11/07 23:07】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『アメリカン・ビューティー』-幸せっていう観点で見たら
American Beauty

1999年かあ~。この頃って、もうアメリカで観ていたので、英語のせいで内容がイマイチきちんと理解できず、アメリカ人の元夫の意見に振り回されていることが多くて、もう一度自分の目線で見直したい映画たくさんあって、この映画もその一つでした。ケヴィン・スペイシーのキレ加減がすげーインパクトあったこと以外は余り憶えてないまま観たんだけど、おもしろいねーやっぱ。

アメリカン・ビューティー [DVD]
dvd on amazon.com
Produced:1999
Director: George C. Wolfe
Writing Credits: Ann Peacock, John Romano
Cast:
Lester: Kevin Spacey
carolyn: annette Bening
Jane: Thora Birch
Ricky: Wes Bentley
Angela: Mena Suvari
col. fitts: Chris Cooper
最初に思ったのは、どいつもコイツも自分に自信ないというか、自分のこと好きじゃない人たちだなあと思った。ダメ親爺のレスターは言うまでもなく、その娘のジェーンも、奥さんのキャロリンも。隣に越してきたフィッツ大佐もその奥さんも、息子も、みんなハッピーじゃない。あ、あとジェーンのエロい友達のアンジェラも。

ウィキで読むと、それこそ社会学やら女性学やらの教授とかが、色んな視点からこの映画を分析しているんだけど、どれもピンと来るものはなかったな。でも、キャラクター設定がすっごいわかりやすいよね。「いる、いる」って感じの人たち。

今ぱっと浮かんでくるのは、(あ、ここからネタバレになり得るので、気をつけてください)

フィッツ大佐みたいにゲイを嫌う男の人って、自分がゲイじゃないかってことにすごく嫌悪を感じていて、その反動でゲイの人達に対してすっごい差別するんだよね。で、最後に自分が男が好きだ、男にキスしたい、って気持ちに逆らえきれずにレスターにキスしちゃって、そいでレスターに「悪いけど、僕はゲイじゃないんだ」って言われて、そんでレスターのことを殺すじゃない。

自分を正当化するために他人を殺すのか~って思った。キライな自分を見たくない、だからそれを誘発する相手を殺す。これって日常レベルでみんなある程度やっていることなのだろうけど、怖いなあ。息子を殴ったり、規律を厳しくしたりするのも、自分は自分を解き放てないのに、自由に生きようとする息子を嫌う、「自分が出来ないのに、息子にさせるか!」みたいな感じなんだよね。

ウィキでは、原作書いた人の意見も載ってるんだけど、このキャラは彼のお父さんがモデルで、「自分らしく生きられなかった人の見本」みたいなことを言ってたけど、このキャラは本当にインパクト強かった。

また、クリス・クーパーがすごい上手いんだよね~。『アメリカを売った男』がクリス・クーパーの一世一代の演技!みたいに言ってた人がいたけど、このフィッツ大佐の役に比べたらどうよ、って思う。息子がゲイだって告白した時の「殴りたいけど殴れない」ところとか、雨の中、レスターんちのガレージに涙目でやってきて、髪の毛が顔に張り付いて本当に情けないところとか、非の打ち所がないじゃん。

フィッツ大佐の息子のリッキーが、ウィキでは「唯一洞察力のある人間」というような評価をされてたりするんだけど、幸せって観点で見たらこの子も幸せじゃないよね。つか、「洞察力」っていうのは、レスターんちみたいのは全て見せかけだけとか、物欲を満たしたからって幸せにはなれないとか、自分を否定し続けていたら不幸なだけ、でも今の社会(アメリカの社会?)は、それを「幸せ」として人間に押し付けている、とかそういうことをわかって行動しているのはこの子だけだ、って意味なのだろうけど。

ただ、リッキーだって本当は、お父さんに愛されて、お母さんも幸せで、みんなが始終笑っている家が欲しいんだよね。現実を見極めて、自分が生きる道を自分で選んだのはエライし、だからこそジェーンが言うように「自信満々」。自尊心のないジェーンから見れば「すごい」んだろうけど、だからと言ってリッキーがジェーンより幸せなんじゃない。

最後にレスターが、死ぬ前の一瞬に考えたことの中で、最後に奥さんのことを考えるじゃない。幸せそうだった頃の奥さんのこと。娘のことも考えた、でも、奥さんの方が最後に来た。私はコレにぐっときちゃったね。

私は、子供とかペットとかって、感覚として自分の一部として愛しているから、妻・夫や、恋愛関係の相手を愛するより強いんだと思ってた。でも恋愛の幸せって、「自分」が、血の繋がりも何もない「他人」を幸せにできちゃうっていう、本当に究極の幸せ体験なんだなあ、って思った。子供やペットは何しても可愛い、「自分が守ってあげなくちゃ、幸せにしてあげるのは自分の責任だ」ってがんばれるけど、パートナーってのは大人同士だし、向こうには向こうで、サポートしてくれる家族も友達もいるし、アタシがいなくても生きていけるでしょ、自分で自分のケツは拭いてね、って思う。

でも、遊園地ですごく楽しそうに笑っているキャロリンは、レスターとジェーンと、家族で遊びに来ていることがすごく楽しいって感じで、それを思い出すレスターの幸福感っていうのは、「ああ、この人は、俺といることをこんなに楽しいって思っているんだ」って、そういう感情じゃないのかなあ。
★おすすめ映画★ | コメント(3) | 【2010/11/05 00:21】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『最後の初恋』-最後と言わず、何度でも!!
Nights in Rodanthe

親父がリチャード・ギアで、息子がジェームス・フランコかよ!両方食えちゃうな~、と、不謹慎なこと考えながら観てしまいました。

最後の初恋 [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 2008
Director: George C. Wolfe
Writing Credits: Ann Peacock, John Romano
Cast:
Adrienne: Diane Lane
Paul: Richard Gere
Mark: James Franco
今日は、チキンの胸肉を買ってきて、皮と身の間にしょうが、にんにく、長ネギ、しょうゆ、お酢を混ぜたものを詰めて、フライパンでじっくり30分くらい焼いたものを、レタスのサラダと一緒に食べました。うめ~。普段肉食わないから特においしい。これでたったの200カロリー!

で、がつがつ食いながら観てたので、あんま色々言えないけど、まあこういうお話は、捻ったとしても大体わかっちゃいますよね。

こういうの観ると、本当に男ってなんなのって思う。「この人だ!」って人を見つけたときは、主人公のエイドリアンが言うように

「Everything is possible って思わせてくれる」

とか、すごくいい気分になるんだけど、本当に寂しいとき、悲しいときに側にいてくれるのは、家族や友達なんだよね。

それと、こういうの観ると、自分が彼氏のことを本当に大切にしているかしら、って考える。好きでも一緒にいられない人、好きな人を失った人、そういう人たくさんいるんだから、いつでも一緒にいれる人のことを粗末にしたりしちゃ、何かの時に後悔するなあと思った。

この映画、余りにもプロットみえみえなので観る気なかったのですが、なんで手に取ったかと言うと、マイミクのGOさんが

「ダイアン・レイン・・・・美しい」

ってマジ感動していたので、「そうか~!?」って思ったから。

確かにダイアン・レインって、魅力的ですよね。年齢でもない、セクシーってんでもない。特に美人でもない。特にスタイルがいいわけでもない。若く見えるとかいうのでもない。でも可愛らしい。自然でリアルな感じで、好感持てるよね。

これさ~、アラフォー・アラフィフで婚活してる人が観たらちょっとドキドキしちゃうよね~!だってこの二人、この年齢にして美しいカップルじゃない?目指すはコレでしょう!でもあれよ、まずは出逢いありき!恋愛ありき!結婚、結婚ってこだわってなければ、何歳になっても出逢いはあるのよ~!!!
いい映画 | コメント(4) | 【2010/11/01 05:11】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。