スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『The Messenger』-胃が痛くなりそうな仕事です
The Messenger

一応、2009年の脚本賞と助演男優賞にノミネートされてたんですけど、まだ日本公開決まってないみたいですね。うーん、まあ、それほどオススメでもないのでいいか。

messenger
Produced: 2009
Director: Oren Moverman
Writing Credits: Alessandro Camon, Oren Moverman
Casts:
Will Montgomery: Ben Foster
Kelly: Jena Malone
Tony Stone: Woody Harrelson
Olivia Pitterson: Samantha Morton
Dale Martin: Steve Buscemi
でも主人公が、イラク戦争へ行った兵士の戦死を家族に伝えに行く「Casualty Notification」と言う仕事をしている、というのは興味深かったです。

なんかちょっと『おくりびと』みたいな、戦死を伝えに行った先での人々の反応の違いとか、そういうのは心が痛いながらもなかなか興味深い。

で、そんなくらーい仕事をしている主人公のウィルと、夫が戦死したオリビアの心が近づいていく様子とか、ウィルに仕事を教えてくれる先輩のトニーを通して、兵士達のトラウマを描く、って感じなんだけど、ちょっと中だるみしました。

最近の戦争映画は、兵士たちやその家族なんかのトラウマを描いたものが多く、そういうのをやたらメロドラマチックに描いたりすると逆にウソ臭くなってしまうので、淡々とした作品が多いんですけど、この映画は淡々とし過ぎていてすごくつまんなくなっちゃったような印象を受けました。

でも役者陣はすごいんだよ。

一番良かったのはウディ・ハレルソン。主人公に「死の伝達人(Messenger)」の仕事を教える先輩・トニー役なんだけど、戦争行ってトラウマおって、アル中になり、刹那的なセックスを求めて女の子のケツを追っかけまわすという、超ハマり役。さすが助演男優賞ノミネート!

主人公ウィルを演じるのはベン・フォスターで、あの『3時10分、決断のとき』でチャーリー・プリンスを演じた人じゃん!あれは最高だったなあ。こっちのイラクからの帰還兵役もなかなか好演なのですが、映画が何を言わんとしているのか良くわかんないので、イマイチはじけてなかったです。

驚いたのが、サマンサ・モートン。トニーとウィルが戦死を告げに行く、兵士の妻・オリビア役なんですけど、すっげー太ってる。ただ、この太り具合がすごいリアルで、本当にアメリカ郊外に住む普通の主婦!サマンサ・モートンって元々ふくよかだけど、これは役作りかも。それに演技がとても上手いので、このキャラはリアリティという意味では非常に良かったし、この人のセリフには「うんうん」とうなづくところがあった。

オリビアは、旦那さんが戦死したって聞いてもあんまり悲しくないんだよね。なぜかというと、自分が愛していた男は、とうの昔の死んでいるから、なんだって。家にいる時旦那さんは、彼女にも子供にも辛く当ったり、正直もう愛していなかったって。でも、彼が死んだと思うと、やっぱり愛していたと思うっていうんだけど、それって、現実のその人が死んだことによって、自分の想い出の中にある、美化したその人を想うんだろうなあ、って思った。

結婚するとみんなこうなっちゃうのかなあって思ったけど、映画の中では、この旦那さんが変わってしまったのは、戦争に行ったためだと言いたいようだった。

同じ様な感じで、ウィルの好きなケリーも、ウィルのことを想いながらも他の男と婚約してしまう。要するに、一度戦場に出てしまうと人が変わっちゃって、どんなに愛し合っていたカップルでももう関係が続けられなくなる、ということを言いたいらしい。

で、ウィルはオリビアに魅かれて行くんだけど、一緒に観ていた彼氏は、太って全く魅力的ではない子持ちの中年女に魅かれていく主人公の気持ちがわからん、と言っていたけど、多分これは魅力的うんぬんじゃなくて、この喪失感みたいのを共感できる相手が他にはいなかったからじゃないかなあと思った。

このケリー役の娘も、それこそ『ドニー・ダーコ』やら、色んな映画に出てるんですけど、全然印象にない娘。あと、ブシェーミも戦死した兵士の父親役かなんかで唐突に出てくるんだけど、どうやらウィルとトニーが宣告に行ったところをカットして、後からウィルの家にやってくるシーンだけ残したらしく、「この人誰?!」って感じになっちゃってて、せっかくブシェーミなのにもったいない使われ方でした。

目の付け所は良かったんだけど、話の持って行き方がすげーつまんなくてもったいない感じがしました。なんかこの監督さんのデヴュー作だって話だから、今後に期待、というところなんでしょうか。

Key Words
ウディ・ハレルソン スティーヴ・ブシェーミ サマンサ・モートン
スポンサーサイト
アメリカ映画 | コメント(0) | 【2010/05/28 03:58】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『Nine』-最初の拒絶反応が過ぎればオッケー!
Nine

冒頭、映画監督のグイド(ダニエル・デイ=ルイス)が、「映画というのは、まず、脚本で殺される。それからカメラで殺される。それから・・」とかっつって、「映画とはピュアなイマジネーションなんだ」とかなんとか言いますよね?で、そのすぐ後のシーンが、セクシー美女が次々に絡んでくる、でっかいキャバレーみたいな図。911が起こった時、自爆したテロリストは「ジハードで死んだら、あの世で40人の美女とセックスできる」と言われていた、ってのを聞いて「男ってヤツぁ・・・」って思ったのを思い出してしまいました。

Nine
dvd on amazon.com
Produced: 2009
Director: Rob Marshall
Writing Credits: Michael Tolkin, Anthony Minghella
Casts:
Guido Contini: Daniel Day-Lewis
Luisa Contini: Marion Cotillard
Carla: Penelope Cruz
Mamma: Shophia Loren
Claudia: Nicole Kidman
Lili: Judi Dench
Stephanie: Kate Hudson
Saraghina: Stacy Ferguson
この映画監督の苦悩を綴るミュージカルなのですが・・・・。やっぱさ~、苦悩しながら歌われたりすると、いきなり感情移入できなくなるのですが、ロブ・マーシャルって『シカゴ』撮った人だし、ミュージカルという形式が好きな人もいるんだろうね。

ミュージカルの歌って、普通のセリフをそのまま曲にのせてるんだけど、それってすっごい萎えるんですよね、個人的には。どーしても

「普通にしゃべれよ!」と言いたくなる。

でも、最初の拒絶反応が過ぎた後は、「これっていい映画だな」と思った。カメラワークとか絵とかすっごくいい感じで。

それに、普通の役者さんが歌ったり踊ったりするのを見るとすごい感心するよね。ペネロペ、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、みんな結構歌えるし踊れるじゃん!って。まあプロだから、やるとなったらダンスの先生や歌の先生について特訓するんだろうけど、それにしたって「昨日今日始めました」とは思わせないところがすごい。まあちょっと、年末のかくし芸大会みたいなレベルかな~とも思ったけどね~。でもそれもカメラワークとかでかなりダイナミックに見せてたりして面白かった。

だいたい、このキャスティングがすっごい予想外っていうか、予想も何も、なんでこういう映画にこの人たちなの、っていう人ばっかりじゃない?だから余計感心した。

あとさ~、お母さん役がソフィア・ローレンだってすぐわかったんだけど、「今いくつだよ?」って思ったって言うか、ぶっちゃけ「まだ生きてるの?」って思ってたので、あんなキレイで若々しく出てきたから「絶対違う!」って思っちゃった。信じられないキレイさじゃない?40歳くらいにしか見えないでしょ。

ニコマンも、『オーストラリア』の時、中年太り!とか言われてたけど、今回はお産直後だったにも関わらず、良く絞りましたね~!そりゃそうだよね、グイド監督のミューズの役なんだもん。ぼってりした身体じゃ、説得力ないもんね。

キャスティングが予想外ってのも、ミュージカルなのに年齢層高いってのもあるよね。まあ、今はアラサー、アラフォーもドンと来い!って時代なのかもしれないけど。

オスカーにノミネートされたし、観てみたいなあとは思ってたから良かったけど、まーどーでもいい映画でした。言っとくけど、「ミュージカルだから」じゃないわよ!アタシ『レント』は好きなんだから(笑)

Key Words
ロブ・マーシャル ダニエル・デイ=ルイス マリオン・コティヤール ペネロペ・クルス ジュディ・デンチ ケイト・ハドソン ニコール・キッドマン ソフィア・ローレン ファーギー
第82回アカデミー賞 | コメント(0) | 【2010/05/25 03:13】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
汗だくになって働きました-ガーデニング
My first flower pot!

すいませ~ん、やっぱ天気良くなってくると、野外活動が多くなって、あんまり映画なんて観ないよ~。オスカー・ノミニーで観たいのもほとんど観ちゃったし、今はあんまり映画気分じゃないっす。

私は都会育ちなので(っつっても浦安ですけど・・・)、ミシガンでコンドを購入した当初は、ガーデニングなんて全く興味がなかったんですけど、室内の植物→ハーブ→鉢植え→家庭菜園と、年々向上中!今年はとりあえず、トマト・ガーデンと、初のフラワー・ポットを作ってみました。

G5
まずは、裏庭の一角を耕して囲う


G9
ここまでやるのにもう汗だく


G7
プラスチック・ボトルで、表面ではなく根の方に水を供給できるって読んだので、早速試してみました


G8
底を切り取っちゃって


G11
逆さに埋めます。で、水を注ぐと、本当に潤いの必要な土中に水が供給されるってわけ。


G12
種から、12個くらい小さいコンテナで育てて、大きいの4つ植え替えました


G17
5ミリくらいのちっちゃい芽だったので、これでもすっげーデカくなったー!って感じ


G3
こちらはアタクシ初のフラワー・ポット。こっちの人は、鉢に色んな種類の花や葉っぱを植えて、家の前に飾っている人が多いので、私も挑戦!


G15
左がパンジー、赤いのがプリム・ローズ、右がラベンダー。パンジーはもらい物、他二つはトレーダー・Joで買いました。ラベンダーってこんな花だったんだねえ。


「昔はガーデニングなんて詰まんないって言ってたクセに!」ってご近所さんにからかわれたけど、本当にそうで、やってみると結構面白い。ご近所さんがみんなガーデニング好きなので、ショベルとかなんでも貸してくれるし、古い道具はくれたりとか、鉢とかもくれるし。鉢がもう一つ余っているので、なんか違う色の花をもうちょっと植えてみようかなと思ってます。

トマトは去年もやったんだけど、大きいのにしたのであんまりおいしそうじゃなかった。今年はプチトマトにしたので、4つもあれば毎日どっさり食べられるだろうと期待。

たったこれだけで、日曜日一日潰れちゃったよ。もちろん、テツをお風呂に入れたり、IKEAに買い物に行ったり、色々したけど。汗がだらだら流れるほど働いたので、夕飯はステーキにしました(笑)。
ガーデニング | コメント(5) | 【2010/05/24 23:52】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
親バカ日誌その十二:テツももう5歳になりました・・・
Happy Birthday Tetsu!

「・・・来年はテツのケーキ自分で作ろうかと思う。だってー、デコレーションだけで、本体は小麦粉と水だけだよ、アレきっと。アレで20ドルは高いよ~!テツはパンが好きだから、本体をパンにしてあげたらもっとガツガツ食べるんじゃないかしら。人間のケーキも作ろうかな。デコレーションの練習、一年やれば上手くなるかな?」

・・・と、去年書きましたが、今年のハイライトは、手作りのバースデー・ケーキ!デコレーションが心配だったんだけど、一回練習しただけでできちゃった!

Tetsu BD 2010
まずは、パンの耳を切ります


Tetsu BD 2010-2
3枚重ねて


Tetsu BD 2010-3
テツの大好物のピーナッツ・バターを塗ります


Tetsu BD 2010-4
匂いを嗅ぎつけてやってきたてっちゃん


Tetsu BD 2010-5
サイドにもピーナッツバターを塗って、パンであることを隠す!


Tetsu BD 2010-6
いつもらえるのかと期待しまくりのテツ


tetsu BD 2010-7
アイシングで縁取り


Tetsu BD 1020-8
「鉄」って漢字、コレでいいんだよな~って迷ってしまいました


Tetsu BD 2010-10
クッキーが入ってたプラスチックの入れ物を逆さにして、お店でしてくれるパッケージみたいにしました


Tetsu BD 2010-11
人間用のケーキは出来合いのを買ってきて、字だけ書いた。このケーキ、むちゃくちゃ美味かった!


Tetsu BD 2010-12
去年、ケーキが出るまでの間にお腹すいた人が多かったので、ビーン・サラダ作って、トルティヤ・チップスと一緒に出した。食べ物の台に、ラップトップでテツの昔からの写真をスライド・ショーで流して置いたら、食べ物を取りに来る人が見て「可愛い!」とか言ってくれました。作戦成功。


Tetsu BD 2010-13
スタイロフォンとか、使い捨てのカップを使いたくなかったので、飲み物の台が場所取る取る


Tetsu BD 2010-14
自慢の電気ポットとコーヒーメーカーだー!


Tetsu BD 2010-15
人待ち顔のテツ。でも去年みたいにアホな三角帽子は被ってません(爆)


Tetsu BD 2010-16
去年は座るところが足りなかったので、招待しているご近所さんから椅子借りてきました。コーヒー・カップも借りてきちゃったよ


Tetsu BD 2010-17
・・・でも今年は、彼氏が入院したり、映画を観るヒマも、ブログを書くヒマもないほど忙しかったので、余りたくさん招待しなかったので、なんだか閑散としてます。


Tetsu BD 2010-19
毎年嬉しいのは、来てくれたご近所さん同志が交流してくれること。今年は、男の友情が生まれたようです!うちのコンドは値段が手ごろなせいか女性が多いので、トムさんとローランドさんは初顔合わせらしく、やたらと盛り上がってました。


Tetsu BD 2010-20
サンディさんの孫娘たちは、3年くらい前、サンディさんとこに住んでて、引っ越しちゃったんだけど、テツの誕生日には去年も今年も来てくれた。テツもこの娘達にはすっごいなついている。


Tetsu BD 2010-21
テツの親友、オリバーくんも毎年来てくれます


Tetsu BD 2010-22
お隣のデイジーちゃん。去年はいたっけ?お隣は元々チェルシーちゃんだったんだけど、最近亡くなって、デイジーちゃんが来たの


Tetsu BD 2010-24
アビーは、去年はずーっとうちのインコのかごの前でじーっとインコを見てましたが、今年は犬同士で交流してました


Tetsu BD 2010-23
今度飲もうね~!って約束し合う男性陣


去年は走り回って写真撮ってたんだけど、今年は本当に身近なご近所さんだけだったので、キッチンでケーキとかガンガン食いまくってた私。テツが私の手作りバースデーケーキを食べるところも、ビデオ撮ろうと思ったら、デジカメの機能とか普段使わないから失敗したよ~。ってそんなわけで、盛り上がりには欠けたけど、なかなかお天気も良く、まったりしたパーティで良かった。

みんな年寄りだから糖尿持ちとか多くて、ケーキのクリームとか食べないんだよね~もったいない。だから来年はなんか糖尿病の人もオッケー!みたいなケーキでも作ろうかな。案外簡単だよね、ケーキって。デコレーションさえなんとなくできれば。

しかしもう5歳かあ。でっかくなったもんなあ、テツ。最近、本当に「親の気持ち」ってわかるよ。別にものすご努力したわけじゃないけど、病気もせずにこんな大きくなるなんて、なんか誇らしいもん。しかもお誕生会をすればみんな来てくれてさ~。来年もがんばろーっと。


Related Article
■2008年のバースデー
■2009年のバースデー
わんことの生活 | コメント(5) | 【2010/05/19 06:02】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『アイアンマン2』-キャスティングがグッド!
Iron Man 2

ロバダウ、すっかりカッコ良くなったなあ。前回の『アイアンマン』の時もカッコいいと思ったけど、あの後『シャーロック・ホームズ』とか、めきめき男前が上がったような。最初のスターク・エクスポの「自分大好き」丸出しシーンとか、その後の公聴会?の時の「俺ってNo.1」みたいなあの感じ!もーすごいハマり役でしたね!

ironman2
dvd on amazon.com
Produced: 2010
Director: Jon Favreau
Writing Credits: Justin Theroux, Stan Lee
Casts:
Tony Stark: robert Downey Jr.
Lt. col. James Rhodes: Don Cheadle
Natalie Rushman/ Natasha Romanoff: Scarlett Johanson
Pepper Potts: Gwyneth Paltrow
Justin Hammer: Sam Rockwell
Ivan Vanko: Michey Rourke
Nick Fury: Samuel L/ Jackson
U.S. Marshall: Kate Mara
「トニー・スターク・ワナビー」を演じるサム・ロックウェルもハマってたな~。公聴会のシーンで、ロバダウとこの人、そしてドン・チードルのビシッ!としてスーツ姿、いいね~女性ファン・サービスですね~。そしてもちろん、スカヨハとグウィネス・パルトロー にはぴっちぴちのドレスを着せて、男性ファン・サービスもバッチリです。

一作目の時は、なんかガキっぽ~いって印象だったんですけど、「こういうものなんだ」ってわかって観た今回は面白かった。でもやっぱ2時間は長いな~。ハイテク・アクションの見せ場と、ストーリーを両方見せなくちゃならないんだからしょうがないんだろうけど、もうぶっちゃけストーリーの方はおざなりでいいから、ぱーっと派手にやってコンパクトにまとめてくれよ!って感じでした。

今回は、アーク・リアクターによって常に毒気に晒されているトニー・スタークが、もう自分は死んじゃう、ってんで自暴自棄になっちゃうところを描いているんだけど、なんかソレ要らね~って思った。なんか、トニー・スタークがアル中っぽいところをシリーズ3作目では押し出していくらしいので、それの伏線ってのもあるんだろうけど、自分の誕生パーティでアイアンマンのスーツ着て、ぐてんぐてんになってるところとか、削っちゃっても良かったんじゃないかなあとか。

それと、サム・ロックウェル演じるハマーの陰謀、それに絡んでくるアイヴァン(ミッキー・ローク)、その上アクションも見せるとなると、長過ぎる。

ミッキー・ロークとスカヨハは、すっげえ期待してたんだけど、出番少な過ぎ!がっかり。ミッキー・ロークがまともに戦うシーンあんまりないの。予告でリリースされた生身にタコ足つけたみたいのと、あと、一番最後にパワード・スーツ着てアイアンマンとウォーマシンと戦うとこしかない。しかも、最後なんてすぐ死んじゃうしさ。アイヴァンは科学者かなんかで、コンピューターもできるから、遠隔操作したり、ラボでロボット作ったりばっかりしてるんだもん。でもこの最後の見せ場のシーンは、モロ侍映画のオマージュなのか、桜吹雪に滝(爆!)のバック・グラウンドで、敵に囲まれたアイアンマンとウォーマシンが背中合わせて戦う。で、アイアンマンがウォーマシンに「伏せろ」って言ってから、回転して敵を全部倒してしまう・・・。コレなんだっけ?座頭市?

スカヨハも、もっと派手に出張ってよ!なんかショッカーみたいな人間の歩兵みたいのを次々に倒していくところはそれでいいんだけど、誰かもっと大物とズタボロになるまで戦って欲しかったなあ。普段のスーツ姿とかは、もーフェチ全開のぴっちぴちの衣装ですごいけどね。グウィネスもそうで、二人でスタイル良くてキレイなんだけど、グウィネスって腹出てないか?それともタイト・スカートはいたら、あのくらい腹出ててもいいの?女優でアレOKだったら、アタシの腹もOKなんだが。(あ、でもグウィネスの紺の水玉のワンピースすっごい可愛い!欲しい!)

S.H.I.E.L.D.のエージェント?役で出てきたサミュエル・L・ジャクソンは、太ったねー!なんかいつも変にカッコいいんだけど、今回はなんだか冴えなかった。まあ、パワード・スーツ着たトニー・スタークと、アイパッチしたサム・L・ジャクソンが、ドーナツ屋でコーヒー飲んでるって絵が結構笑えたけど。

サム・ロックウェルは、元々トニー・スタークの役をオファーされてたんだってね。だからこの「トニー・スタークになりたいよ~!」って感じのジャスティン・ハマーの役はぴったりだった。なんかこう、カッコ悪くはないんだけどちょっとショボイ感じがいかにも「なりたくてもなれない小物」感を出していていい。

ま~そんな感じで、なにはともあれキャスティングが良いのでそれなりに楽しめる映画でした。

Related Articles
■ロバート・ダウニーJr.映画偉人伝
■ドン・チードル映画偉人伝
■スカーレット・ヨハンソン映画偉人伝
■グイネス・パルトロウ映画偉人伝
■サミュエル・L.・ジャクソン映画偉人伝

Key Words
ジョン・ファヴロー サム・ロックウェル
続きを読む
特撮・戦隊・ヒーロー | コメント(0) | 【2010/05/11 04:45】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ジュリー&ジュリア』-TV代わりにどうぞ
Julie & Julia

オスカーにノミネートされてたのでちょっと気にはなっていながらも、超ベタそうだから観る気なかったんだけどさ~。最近、ワークアウトのルーティーンを変えたせいか、食事の仕方を変えたせいか、せ・いーりのせいかはたまた満月のせいかわからんけど、昨日めちゃくちゃ眠いわ腹減るわ。で、ちょっとダイエットはやめて、一日好きなもの食ってやろう!という気分だったので、パスタとお魚と、野菜とデザートをしこたま買って、このDVDを借りて来ました。

ジュリー&ジュリア [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 2009
Director: Nora Ephron
Writing Credits: Nora Ephron, Julie Powell
Cast:
Julia Child: Meryl Steep
Julie Powell: Amy Adams
Paul Child: Stanley Tucci
Eric Powell: Chris Messina
アタシも食べるの好きだけど、ジュリーとジュリアほどじゃないなあ。それにやっぱ料理にハマると太るよね。メリル・ストリープもエイミー・アダムスもわざと太ったのかな。ぷくぷくした感じが良く出ていた。

時代も環境も違う、この二人の物語をシンクロさせたのはいい考えでしたね。面白かった。あと、二人ともいいパートナーと幸せな結婚をしていて、まあベタと言えばベタだけど、こういう幸せな人達を見るのもいいもんだ。

話は面白いんだけど、2時間も続けて観るのはちょっとキツかったなあ。途中止めてお皿洗ったりしちゃった(観ながら食べようと思ってたデザートは、プレヴューで食べ終わってしまいましたので)。30分くらいのTVシリーズで毎週、みたいな感じだったら面白かったかも。一週一レシピ、とかさ。

あと、ブログを書いている身としては、ジュリーみたいに趣味で書いてたブログが本になったり映画になったりってのが興味深かった。今やネットってのは、ものすごい強力な媒体なんだよな。ジュリーの旦那が言うとおり、もう雑誌に投稿したり、書いたものを出版してもらう必要もないんだもんね。

メリル・ストリープはやっぱ上手い役者さんなんだろうけど、ちっとオーバー・アクトし過ぎって言うか、最後の方段々カンに触ってきた、このキャラ。でも、本物にそっくりなんでしょ?本物を知ってたら、「すっげーそっくり~」とか言ってるところなんだろうけど、知らない以上なんとも言えないよね~。

まあTV代わりにつけて置くにはいい映画だった。

PS
パリの女の人がフランス語訛りで「Do you know how to bone a duck?(鴨の骨の抜き方なんて知らないでしょ?)」って言うシーンがあるんだけど、これって、「Do you know how to bone a dick(男を勃☆させられるの?)」に聴こえて、爆笑なんだけど、狙ったんだよな~やっぱり。

Key Words
ノーラ・エフロン メリル・ストリープ エイミー・アダムス スタンリー・トゥッチ クリス・メッシーナ
映画 | コメント(0) | 【2010/05/01 00:43】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。