スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『タワーリング・インフェルノ』-結構真面目な名作
The Towering Inferno

本当は小土井さんが取り上げていた『ポセイドン・アドヴェンチャー』が観たかったんだけど、図書館にないんだよねー。『ポセイドン・・・』とこの『タワーリング・インフェルノ』は、私が生まれて初めて観たディザスター・ムービーだから、両方とも印象に残っているのですが、やっぱ子供だったせいか、今観るとディテールは全然記憶になかったなあ。字幕だから母親が色々説明してくれるんだよね、映画館で。他の人迷惑だったろうなあ。

タワーリング・インフェルノ [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 1974
Director: John Guillermin, Irvin Allen
Writing Credits: Richard Martin Stern, Thomas N. Scortia
Cast:
Michael O'Hallorhan: Steve McQueen
Doug Roberts: Paul Newman
Jim Duncan: William Holden
Susan: Fay Dunaway
Roger Simmons: Richard Chamberlain
Harry Jernogan: O.J. Simpson
一番最初、ヘリコプターが壮大な山々の間を飛び、昔風の壮大な映画音楽に載って水の上に出て、赤くて大きい橋が出てきて

「あ!サンフランシスコだ!」

なんて思わせるオープニングがなかなかステキでしたね。で、ヘリに乗っているポール・ニューマンがぱっと映ってさ。ニューマン演じる有名な建築家、ダグ・ロバーツはどうやらヴァケーションかなんかから帰ってきたらしく、自分でデザインした135階建ての"グラス・タワー"にあるオフィスに行くと、ガール・フレンドのスーザン(フェイ・ダナウェイ)が待っていて、いきなり個室のベッドに・・・・。オフィスにベッドがある(しかもサテンのシーツ)のがすごい。

ああ、そんで「時代だなー」と思ったのが、フェイ・ダナウェイが、職場でついに編集長の仕事をオファーされたの、とポール・ニューマンに打ち明けるわけだ。「この仕事、5年も待っていたの」

「でも、それは僕たちの計画に水を差すことになるね」

「私だって、あなたの言う幸せを手に入れたいわ!子供たちがバックヤードで走り回るような家庭・・・・。でも、この仕事もしたいの・・・・両方欲しいけど、両方は手に入らないのよね・・・」

「この話は後でしよう」

2009年の今時だったら、女編集長で結婚して子供いて、なんて良くある話だよねー。昔はこんなことが障害になったのだなあ、なんてしみじみ思った。

で、二人がチョメチョメしている間にグラス・タワーの配線がショートし、81階の倉庫で火が上がってしまうが、セキュリティシステムが上手く作動してなくて、誰も気が付かない。なんかおかしいと思っている警備員・・・・・あ!!O.J.シンプソンじゃん!警備員の制服が最高によく似合う!声もかっこいい!演技も、いかにも脳みそ足りない元フットボール選手、って言うんじゃなくて、結構きちんとしている。この人が嫉妬に狂って女一人殺してるとはねえ、なんて思いながら観てしまった。

さっき書いた、冒頭のヘリのシーンに字幕で、

「この映画は、いつも自分の身をかえりみずに私たちのために最善を尽くしてくれる消防士さんたちに捧げます」

みたいな字幕が出て、単なるショッキングなディザスター・ムービーではなく、結構気合入ってるんだな、と思った。ストーリーもなかなか良く出来ていて、グラス・タワーのオーナーの婿養子で電気技師のロジャーが、建築家であるダグが細心の注意を払って安全なビルにしようと作ったスペックよりも安い資材を使ったために配線がショートし、怒ったダグがロジャーを吊るし上げる。で、ロジャーはなかなか嫌な奴ではあるのだが、実はオーナーのジム・ダンカンが予算カットのために婿養子に無理を言ったためだ、ということがあとでわかってきたりする。

で、126階かなんかでパーティやってるときに炎がドンドン酷くなってくるのだけど、女子供だけ先に避難させよう、とするときに、フェイ・ダナウエィとポール・ニューマンのカップルだけでなく、他のカップルも

「あなたと離れたくない」とか、

「大丈夫さ。ちゃんと家に帰るよ。僕が約束を破ったことがあるかい?」

なんてやりとりをしているところがベタながらも胸キュン。しかもこれらのカップルが、でぶでぶしたおじさん・おばさんのカップルや、熟年愛みたいな年寄りのカップル(おじさんの方はフレッド・アステアらしい)で、却って可愛らしかったりする。

あ、若いカップルもいたんですけど、さっさと中盤以前に死んじゃいました。若いエギュゼキュティヴとその秘書なんだけど、こいつらもオフィスでやっちゃってるんだよなー!いいなー70年代って。で、チョメチョメしてたせいで、気づいたときにはもう遅く、外は火の海なんだけど、男としてはなんとかせねば、と、濡れタオルを被って勇敢に出て行く男!でも、火が移るのがすっごい早い。あのくらいの火だったら、焼けないで結構行けるんじゃん?って感じで、犠牲になる人たちは「見せ場!」とばかりに火がつくあたりが少し時代を感じさせますね。

一番怖かったのは、向かいのビルにロープで避難するところだったね。火は下からだんだん、パーティ会場の方に燃え上がっていく。エレベーターや階段はもう使えない。で、ヘリからロープを投げ込んで、柱やなんかに固定し、ロープのもう一方を消防士たちが向かいのビルの屋上に固定し、ローラーにくっつけた鳥かごみたいのに座らせて、一人一人向かいのビルの屋上に避難させようつー、すごい作戦。女子供が先だから、女の人がその、鳥かごみたいなイスに座らされて、126階の高さをロープでするする~と向かいのビルに・・・・

「いや!怖い!行きたくない!ぎゃー!ぎゃー!」

と叫んでいたけど、アタシは絶対ヤダ!恐すぎ!

で、まあ、この作戦では全員避難させるのに3時間くらいかかっちゃうのだけど、計算では17分くらいで火は126階に届いてしまう。で、最後の手段は、2階上にあるウォーター・タンクを爆破させ、その水で火を消し止めてしまう。但し、126階にいる人が全員助かる保証はない。

「誰が爆弾を持って行くんだ?」

スティーヴ・マックィーン演じるマイケル・オハラハン消防隊長が訊く。

「この大役をこなせるのは君しかいない」

「爆弾を仕掛けたあと、降りてくる手立てはあるのか?」

「・・・・・」

「Oh, shit.....」

かっこいい!!このオハラハン消防隊長、朴訥でクールですっごいカッコ良かった。

で、この爆弾仕掛けて・・・っていうシーンは結構ハラハラしたね。「どうなっちゃうんだろ?」と純粋にどきどきした。水がドバーっと出てくるのも怖いけど、爆発で吹っ飛んでくる破片とか、恐すぎ。そういうのの下敷きになって死んじゃう人続出。あ、そういえば、こういうので死んじゃう人たちが簡単に死ぬんだよね。あんなんじゃ死なないよ、と思うんだけど。この辺が昔の映画っぽい。

で、最後オハラハン消防隊長が、建築家のダグに、

「君のような人たちがこういうスカイスクレイパーを建て続け、俺は煙にむせながら人を救い続けるよ・・・・建築家が消防士に高層ビルの建て方を訊いて来る時代が来るまでね」

「俺は君に相談するよ」

「俺の職場は知ってるだろ。いつでも電話してこいよ、建築家くん」

と言って去っていくのだが、かっこいー!!!完全にマックィーンの勝ちだなあ、この映画。

で、最後のクレジットにもLAの消防署のみなさんにSpecial Thanksみたいのにぎにぎしく出てて、本当に真面目に作った作品なんだなあ、ってところに好感が持てた。キャラもストーリーもいいし、結構名作かも。

key Word
映画 タワーリング・インフェルノ ジョン・ギラーミン アーウィン・アレン スティーヴ・マックィーン ポール・ニューマン ウィリアム・ホールデン フェイ・ダナウェイ フレッド・アステア O・J・シンプソン
スポンサーサイト
アメリカ映画 | コメント(8) | 【2008/12/14 08:14】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ハプニング』-で?!
The Happening

あんまり激しく評判悪いので却って観てみたいと思い、借りてきました。監督・脚本のシャラマンさんはなんかそのスジではすごい人らしく、色々賛否両論あるみたいですね。

ハプニング (特別編)
dvd on amazon.com
Produced: 1994
Director: M. Night Shyamalan
Writing Credits: M. Night Shyamalan
Cast:
Elliot: Mark Whlberg
Alma: Zooey Deschanel
Julian: John Leguizamo
Jess: Ashlyn Sanchez
何度も寝てしまって、その度にちゃんと観直したのですが、今でもイマイチストーリーが良くわかりません。えっと、人が自殺し始めて、そう、ニューヨークのセントラル・パークで始まって、ニューヨークで理科の先生をしているエリオット(マーク・ウォールバーグ)は、学校は休校になり、ニューヨークから避難する汽車に乗る。

この辺、なんかすごい唐突に感じたんですけど、避難すぐしなくちゃいけなかったのでしょうか?テロリスト・アタックだ、ってニュースで言われてたから?あと、エリオットが奥さんに「荷物は詰めたか?」とか言ってるんだけど、ものすごい軽装ですね。それにどこに行くの?

で、汽車はへんぴなところで止まっちゃって、どーしようかと思っていたら、レストランのTVでアメリカ北東部に空気感染する何かが広がっているというニュースが流れて、みんなわーっと車で逃げてしまう。車がないエリオットと奥さんのアルマ、友達で数学の先生のジュリアン(ジョン・レグイザモ)とその娘ジェスは、乗せてくれる車を探す。ジュリアンは、プリンストンだかにいる奥さんを助けたい、と、危険を承知でプリンストンに行く車に乗せてもらうが、娘はエリオットとアルマに託して行く。

このジョン・レグイザモって人、いいですよね。『ゾディアック』で初めて見ていいなーと思いました。アルマ役のゾーイ・ディシャネルも『あの頃ペニー・レインと』で見てからずっと密かに好きだったんですけど、あのあとパッとしないなあと思ったら、こんな映画に出てたんですねえ。マーク・ウォールバーグも結構好きなのに、こんなに盛り上がらない映画もすごいなと思いました。

で、ジュリアンは予想通り感染して自殺してしまうのですが、奥さんはどうなったのでしょう?この話には、複線とか、暗示とかあるのでしょうか?

と思っていたら、エリオットたちを乗せてくれた人たちが植物学者で、植物は自己防衛のために毒素を空気中に放つ、とかなんとか言っていたような、いないような・・・(うとうとしていたからハッキリわかんないけど・・・)

で、なんかミラクル的にエリオットは、植物が毒素を出すのは、人がたくさん集まっているときなので、小さいグループに分かれて逃げた方がいい、ということを発見する・・・・・

この後、何か食べ物をもらおうと立ち寄った古い家の人が連れていた男の子たちを撃ち殺したり、その後、エリオットたちを泊めてくれたおばさんが偉いクレイジーなんですけど、なんかとってつけたような感じで、びっくりもしなければ、またもやウトウトと眠りの世界へ・・・・

後でラストどうなったのか観直したら、愛を確かめ合ったエリオットとアルマは、外へ出ても感染せず、植物の毒素攻撃は一日で収まり、また普通の生活が始まる。しかし、次のアタックはフランスで始まっていた・・・・・・。

で?!

タイトルが『The Happening』で、劇中で「It's happening.....」っていうのをマーク・ウォールバーグが何度も言うのに、それが何かを示唆しているというのでもなく、閉口しました。

key Word
映画 M・ナイト・シャマラン マーク・ウォールバーグ ズーイー・デシャネル ジョン・レグイザモ アシュリン・サンチェス
映画感想 | コメント(2) | 【2008/11/17 07:04】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。