スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
映画偉人伝 ~その36~ ニコラス・ケイジ
Bad-Ass-Mofo Movie Personage No.36

nickcage.jpg
Nicholas Cage

本名ニコラス・キム・コッポラ、身長185cm。1964年1月7日、カリフォルニアはロング・ビーチ生まれ。お父さんは比較文学の教授、お母さんはダンサーで振付師。ビバリーヒルズ高校で演劇を始めたが、17歳でドロップ・アウト、1982年に『初体験 リッジモント・ハイ』に出演するもほとんどのシーンはカットされるが、映画館でポップコーンを売るバイトをしながらオーディションに行き続けた。

■フランシス・フォード・コッポラの甥。ニコラスとソフィア・コッポラはコッポラ・ファミリーのオスカー取得第三世代で、第二はもちろんフランシス・コッポラ、第一はニコラスの祖父に当たるカーマイン・コッポラ。『初体験 リッジモント・ハイ』で映画デヴューしたあと、芸名を「ケイジ」に変える。コッポラの名前でなく、自分の力量で成功したかったので。(チュチュ注;でもさー、最初の仕事を取るのが一番難しいんじゃないのかね?)

ジョニー・デップに最初の仕事を紹介した人。また、トム・ウェイツと親友。

■芸名は、悪役でありながらスーパー・ヒーローとして崇められた最初の漫画キャラクターと言われている、ルーク・ケイジから取った。インタヴューで、ルークの能力を持てるとしたら何が良いかと聴かれ「空を飛ぶこと」と答えている。

■イランの王様が持っていたランボルギーニを持っている。

■1980年代の初頭にパトリシア・アークエットと出逢い、会ったその日にいきなりプロポーズ。アークエットはケイジのことをヘンな人だと思ったが、ふざけて「これをすれば付き合ってあげる」というリストを作ったら、マジにそのリストどおりにし始めたため、怖くなってケイジを避け始めた。しかし後に再会し、結局1995年に結婚した。

■2001年にアークエットと離婚した後、エルビス・プレスリーの娘、リサ・マリーを交際していると発表、2002年には結婚している。2004年に離婚したとき、「哀しいけど、結婚するべきじゃなかったんだなと思う」と語っている。

■現在の奥さん、アリス・キムさんとはすし屋で出逢った。キムさんはすし屋のウエイトレスで、2004年に二人が結婚したとき、キムさんは弱冠20才だった。

■LA郊外の偽物のお城に住んでいて、本物のお城を海外から輸入したいと思っていたが、2006年にとうとうEtzelwangのBavarian村にあるSchloss Neidsteinという小さいお城を購入した。(LAまで運んできたかどうかは不明)

■他の出演者がイライラするくらい、演技の向上に時間をかけることで有名。

■めまいの発作に悩まされている。

■ティム・バートンの呪われた企画、『スーパーマン』にキャストされ、衣装の仮付けまでしたことがある。

■1989年の『Vampire's Kiss』で、本物のゴキブリを食べた。ウワサでは3回撮り直したらしい。「体中の筋肉が『やめろ~』と叫んでいたけど、やったよ、俺は」と、そのときの経験を語っている。

■背中にシルク・ハットをかぶったトカゲの刺青をしている。

■2001年にカリフォルニア・ステイト・ユニバーシティで、ファイン・アートの名誉博士号を貰い、卒業式でスピーチした。

■1980年代初頭、カリフォルニアはナパの、ジャステイン・シエナ高校に通っていた。同級生は、アンジェリーナ・ジョリー、レニー・クラヴィッツ、デヴィッド・シュイマー、ロブ・ライナー、アルバート・ブルックスなどなど多数。

■「役者というものは、犯罪者みたいなもんで、法を破ってでも常に新しいものを開発していこうという意思がないとダメだね。」

■「俺は悪魔じゃない。おれはトカゲで、サメで、パンサーだ。俺はLSDやりながらアコーディオンを弾くボブ・デンヴァーになりたいっ」(この発言、酔っ払っているとしか思えません)

■「最近気が付いたのは、映画評が真っ二つに割れたとき、自分はいい仕事をしたってことだ。観客にも自分にも安易過ぎる映画はやりたくないからね。もっと、変わったことがしたい。酷評されるのは好きだよ。人に何がしかの影響を与えたんだな、というのがわかるから。酷評する人は、俺が何をしようとしたのかわからなかったのかもしれないけど、何か感じたんだろうからね」

■「『ウェザーマン』や『ロード・オブ・ウォー』のような映画を、金が稼げる役者を使って作るのは、非情にリスキーなことなんだよ。大作映画として売り出されてしまうから。これらの映画は、シャープで、刺激的で、ちょっとインデペンデントなテイストを持つ映画なのに、コンピューターに入力されると、実際YなのにみんなXだと思って開けようとするから、開けられないんだよ」(なんとなく言いたいことはわかるのですが、意味不明なこの比喩)

チュチュ的好感度☆☆☆☆
私が印象に残っているニック・ケイジは『赤ちゃん泥棒』のヌボーっとしたケイジと、『ペギー・スーの結婚』 のプレスリーみたいなケイジ。いつの間に、大人の憂いを表現するような役者になってしまったんでしょうか。それにしても、知れば知るほど変な人。


出演作品


■チュチュの映画偉人伝~INDEX~

※この記事は、IMDb (Internet Movie Database) の記事をチュチュがテキトーにサマって訳したものです。もしこの偉人伝で取り上げてもらいたい映画の偉人さんがいたら、教えてください。がんばって翻訳しま~す。
■Electric God (2008) (announced)
■Time Share (2008) (announced)
■The Dance (2008) (announced) .... Billy 'The Kid' Roth
■Amarillo Slim (2008) (pre-production)
■National Treasure 2 (2007) (pre-production) .... Ben Gates
■Time to Kill (2007) (filming)
■Next (2007) (post-production) .... Cris Johnson
■Ghost Rider (2007) (completed) .... Johnny Blaze/Ghost Rider
■The Wicker Man (2006) .... Edward Malus
■World Trade Center (2006) .... John McLoughlin
■The Ant Bully (2006) (voice) .... Zoc
■『ウェザーマン』(2005) これは魅せられました
■『ロード・オブ・ウォー』(2005)これもニック・ケイジだから良かったのかも
■National Treasure (2004) .... Ben Gates
■Matchstick Men (2003) .... Roy Waller
■Adaptation. (2002) .... Charlie Kaufman/Donald Kaufman
■Sonny (2002) .... Acid Yellow
■Windtalkers (2002) .... Sergeant Joe Enders
■Christmas Carol: The Movie (2001) (voice) .... Jacob Marley
■Captain Corelli's Mandolin (2001) .... Captain Antonio Corelli
■『天使のくれた時間』(2000) なんだか底の浅い映画
■Gone in Sixty Seconds (2000) .... Randall 'Memphis' Raines
■Bringing Out the Dead (1999) .... Frank Pierce
■8MM (1999) .... Tom Welles
■Snake Eyes (1998) .... Rick Santoro
■City of Angels (1998) .... Seth
■Face/Off (1997) .... Castor Troy/Sean Archer
■Con Air (1997) .... Cameron Poe
■The Rock (1996) .... Dr. Stanley Goodspeed
■Leaving Las Vegas (1995) .... Ben Sanderson
■Kiss of Death (1995/I) .... Little Junior Brown
■Trapped in Paradise (1994) .... Bill Firpo
■It Could Happen to You (1994) .... Charlie Lang
■Guarding Tess (1994) .... Doug Chesnic
Amos & Andrew (1993) .... Amos Odell
■Deadfall (1993) .... Eddie
■"Saturday Night Live"
- Episode #18.1 (1992) TV Episode .... Host
■Honeymoon in Vegas (1992) .... Jack Singer
■Red Rock West (1992) .... Michael Williams
■Zandalee (1991) .... Johnny
■Wild at Heart (1990) .... Sailor Ripley
■Fire Birds (1990) .... Jake Preston
■Tempo di uccidere (1990) .... Enrico Silvestri
■Industrial Symphony No. 1: The Dream of the Broken Hearted (1990) (TV) .... Heartbreaker
■『Vampire's Kiss』(1989) .... Peter Loew
■Never on Tuesday (1988) (uncredited) .... Man in Red Sports Car
■Moonstruck (1987) .... Ronny Cammareri
■『赤ちゃん泥棒』(1987) .... H.I. McDunnough
■『ペギー・スーの結婚』 (1986) .... Charlie Bodell
■The Boy in Blue (1986) .... Ned Hanlan
■Birdy (1984) .... Sergeant Al Columbato
■The Cotton Club (1984) .... Vincent Dwyer
■Racing with the Moon (1984) .... Nicky/Bud
■Rumble Fish (1983) .... Smokey
■Valley Girl (1983) .... Randy
初体験 リッジモント・ハイ(1982) (as Nicolas Coppola) .... Brad's Bud
■Best of Times (1981) (TV)

Key Words
映画 俳優 ニコラス・ケイジ
スポンサーサイト
ハリウッド俳優・監督 | コメント(7) | 【2006/09/03 22:06】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
ナタリー・ポートマン 映画偉人伝その21
映画偉人伝 ~その21~ 

20060122071958.jpg
Natalie Portman

1981年6月9日、イスラエルはエルサレム生まれ。本名はナタリー・ハーシュラグ(Hershlag)、ニックネームはナット(Nat)。お父さんはお医者さんで、お母さんはアーティストであり、またナタリーのマネージャーもしている。ハーシュラグ一家はナタリーが3歳のときアメリカに移住、ニューヨークに落ち着く。11歳のときピザ屋でスカウトされ、モデルになるよう進められたが、本人は役者になることを決意。1994年『レオン』で鮮烈な映画デビューを飾り、1999年『スターウォーズ・エピソード1』のクィーン・アミダラ役で世界的に有名になる。

■4歳からバレーのレッスンを受けている。ジャズ・ダンス、タップ・ダンスも習ったことがある。

■8歳の時から厳格なベジタリアン。

■オフ・ブロードウェイのショウの主役の代役として、ブリトニー・スピアーズと共に待機していたことがあり、それ以来、ブリトニーとは友達で、一緒にパーティを主催したこともある。

■好きな教科は数学「いつも答えが出るから」

■ヘブライ語、英語の他にフレンチ、ドイツ語、日本語を流暢に話す。

■『レオン』での役柄がロリータっぽかったため家庭で問題になり(!)以後、学業に専念したナタリーは、主席で高校を卒業、ハーバード大学に入学する。

■映画で若い女性が、性的対象として扱われることが好きではないという理由で、1997年の『ロリータ』への出演を拒否。

■環境問題を取り上げた歌やダンスを披露する「ワールド・パトロール・キッズ」のメンバーだった。

■非常に高額なことで有名な名門、Stagedoor Manor Performing Arts Campに3年連続で参加し、それが演劇に興味を持つきっかけになった。

■ヌード・シーンがあったため『Anywhere But Here』への出演を断ったが、共演者を承認する権利があったスーザン・サランドンが、ナタリーなしでは出演しないと圧力を加え、脚本からヌード・シーンを削った。

■1996年の『ロミオとジュリエット』のジュリエット役に抜擢されたが、ラブ・シーンと、ロミオ役のデカプリオとの年の差のため(!)辞退した。

■ナタリーが辞退した役はクリスティーナ・リッチに行くことが多いとか。

■ボストンのロキシーというクラブで、モビーのショウを観るために身分証明書を偽造したが、バレて入れてもらえず、モビーが、ナタリーがいないならショウはやらないとダダをこねたため、クラブ側はナタリーが酒を飲まないように監視をつけて、入場を許可した。

■上記のエピソードはウソだとインタビューで答えている。ナタリーと友達は、クラブ入場を拒否されたあと、おとなしく家に帰ったとのこと(そんじゃ身分証明書は偽造したんかいっ)

■『アンネ・フランクの日記』など、舞台でも好演している。

■小さい女の子達の良い手本になれるように、映画の役柄を厳選していることに誇りを持っている。

ハーバード大学で心理学を専攻していたナタリーは、女優業を本業にする気はなく、今後は出演作を厳選するつもりだとインタビューで答えている。

■2003年6月にハーバードでの学位を獲得。その後、モロッコとグアテマラに一人旅に出ている(チュチュ注:大学出たら長期旅行をするというのはアメリカの典型的な大学生)

■『クローサー』(2004)では、ストリップのシーンで嫌々ながらヌードも披露したが、なくても映画に支障がないということで、使用されなかった。

■ジェイク・ジレンホール(ギレンホール改め)、ブライス・ダラス・ハワード、マルーン5のメンバーなどと仲がいい。

チュチュの感想■
なんでこの人のエピソードはこんなに長いんでしょう?!訳すの疲れました。これも人気があることの証明なんでしょうね。知れば知るほど金持ちの家のお嬢さんというイメージがします。ベジタリアンであること、環境保護などに関わっていたこと、映画での女性の性の描写等に強い意見を持っていることから、かなり「Politically correct(道徳的正しさ)」的な人とお見受けしました。ま、ハーバードですからね!

ナタリー・ポートマン出演作
■Cloud Atlas (2011 pre-production)
■Thor (2011 post-production) .... Jane Foster
■Your Highness (2011 completed) .... Isabel
■No Strings Attached (2011): Emma Kurtzman
■ブラック・スワン (2010) .... Nina
■Hesher (2010) .... Nicole
■マイ・ブラザー (2009/I) .... Grace Cahill
■The Other Woman (2009) .... Emilia Greenleaf
■ニューヨーク、アイラブユー (2009).... Rifka
■The Other Boleyn Girl (2008) .... Anne Boleyn
■Mr. Magorium's Wonder Emporium (2007) .... Molly Mahoney, the Composer
■The Darjeeling Limited (2007) .... Jack's Ex-Girlfriend
■Hotel Chevalier (2007) .... Jack's Girlfriend
■My Blueberry Nights (2007) .... Leslie
■"The Simpsons" .... Darcy (1 episode, 2007)
■大熱演で、見直した!『Goya's Ghosts』 (2006) .... Inés/Alicia
■Paris, je t'aime (2006) .... Francine (segment 'Faubourg Saint-Denis')
■チュチュ的にはイマイチ V for ヴェンデッタ (2005) .... Evey Hammond
■Free Zone (2005) .... Rebecca
■Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith (2005) .... Padmé
■Domino One (2005) .... Dominique Bellamy
■ストリッパー役を好演!クローサー (2004/I) .... Alice
■True (2004) .... Francine
■Garden State (2004) .... Sam
■いたいけな人妻役 コールド・マウンテン (2003) .... Sara
■Star Wars: Episode II - Attack of the Clones (2002) .... Senator Padmé Amidala
■Where the Heart Is (2000) .... Novalee Nation
■Anywhere But Here (1999) .... Ann August
■Star Wars: Episode I - The Phantom Menace (1999) .... Queen Padmé Naberrie Amidala
■Mars Attacks! (1996) .... Taffy Dale
■Everyone Says I Love You (1996) .... Laura Dandridge
■Beautiful Girls (1996) .... Marty
■Heat (1995) .... Lauren Gustafson
■Developing (1995) .... Nina
■いやー、これは天才子役と呼ばれちゃうでしょう!『レオン』(1994)

■チュチュの映画偉人伝~INDEX~

※この記事は、IMDb (Internet Movie Database) の記事をチュチュがテキトーにサマって訳したものです。もしこの偉人伝で取り上げてもらいたい映画の偉人さんがいたら、教えてください。がんばって翻訳しま~す。
好きな俳優 | コメント(12) | 【2006/01/22 07:39】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。