スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『デイブレイカー』-やっぱりさすがイー様ですっ!!
Daybreakers

ジャケ買いしてしまいました。イー様にウィレム・デフォー、でこのゴシックな雰囲気!何コレ?ヴァンパイアもの?他にも『ラブリー・ボーン』とか、『エクストラクト』とか、観そびれてたのいっぱいあったのに。いつもそうなんだよなー。「あとで観ればいいや」とか思っていると、どんどん新しいのが出てきて、結局何年も観なかったり。ぶっちゃけスルー!みたいな。

daybreakers
Produced: 2009
Director: Michael Spierig, Peter Spierig
Writing Credits: Michael Spierig, Peter Spierig
Casts:
Edward Dalton: Ethan Hawke
Audrey Bennett: claudia Karvan
Lionel 'Elvis' Cormac: Willem Defoe
Frankie Dalton: Michal Dorman
でもこれは結構面白かった。イー様って結構ヤルよね。年取ってからチンピラみたいになっちゃったなあ、って思ってたんだけど、この映画では、すごいいい男よ。若い時のぷくぷくした感じじゃなくて、細面で。身体はさすがにひょろひょろじゃないけど、太ってるわけでもないし。

ロバダウもそうだけど、同世代の俳優さんたちがカンバック、もしくは老いて益々!みたいな感じだと、嬉しいわよね。アタシもやっぱこのトシになると、きれいでもあんまり若い男は魅力感じない。この映画のイー様は、チョイ悪でもないおとなしい無垢な感じで、でも「若い」「子供」って感じじゃないのがいい。設定は35歳くらいらしい。

話もなかなか面白くて、設定は2019年。疫病かなんか、血液系の病気のせいで、人間が吸血鬼になってしまう事象が発生したらしく、人間はどんどん減っている。人間の血を飲んで生きている吸血鬼たちは、人間が減ると食べ物を調達できないので、生き残ってる人間を捕まえてきて、家畜のように飼っている。

イー様演じるエドワードは、元人間だった吸血鬼で、今は吸血鬼のための「人工血液」の開発をしている科学者(「人工」じゃなくて、「吸血鬼工」だわね)。

この設定がなかなか変わってって面白い。普通、吸血鬼って逃げ回って生きているものじゃない?それが、吸血鬼の方が多いので、人間のように生活している。科学者だったり、エドワードの弟は兵士だし。で、小道具も良く考えてあってさ、自動車の窓が、ほら、実際にもあるじゃん?日が当ると色が付くやつ。アレなんだけど、吸血鬼って日の光に当ると死んじゃうじゃん?だから、昼間は完全に光をシャット・ダウンして、モニターで外の道路の映像を見ながら運転するという。なるほど~!

で、その車を開発したメカニックの通称エルビスをウィレム・デフォーが演じているんだけど、エルビスは、元人間、元吸血鬼、そして今はまた人間に戻っているという設定なのだ!

つまり、疫病で吸血鬼になっちゃった人が増えてくると、襲われて吸血鬼になっちゃった人もいるし、また、親が吸血鬼になっちゃったので、子供も吸血鬼にしちゃったりとか、あと、癌とかにかかっていた人は、吸血鬼になれば死なないので進んで吸血鬼になったりとか、色々あったらしいのよね(またこの色々あったことをいちいち説明しないで、何気に会話の端々に出てくるだけっていうのが映画的でいい)。エドワードは吸血鬼になりたくなかったんだけど、弟のフランキーに噛み付かれてなっちゃったらしい。

エルビスはなんで吸血鬼になっちゃったのかわかんないんだけど、人間に戻った理由は、先ほどの車を開発するためのテスト・ドライブをしている時、外が上手く見えなくて事故に会い、フロント・ガラスを突き破って外に放り出されてしまう。昼間だったので太陽の光に焼かれたのだが、放り出された先が湖だったので、燃え尽きる前に水に落ちた。大やけどを負ったがなんとか生き延び、気がついてみたら人間に戻っていたというのだ!

で、エルビスの経験を元に、吸血鬼が人間に戻れるような装置を作ってみんな人間に戻れば、人間狩りをしたり、人工血液を開発したりしなくても良くなる!ってことになるのだが、人工血液を開発している大企業は、この装置ができちゃうと人工血液でお金を稼ぐことができなくなっちゃうので、それを阻止しようとし、そこでバトルになるわけなのですな。

なかなか良くできてるな~って思ったのは、現代の色々な問題を、上手く設定に盛り込んでいたところ。エドワードの誕生日に弟のフランキーが、本物の人間の血をあたかも極上のワインのようにエドワードにプレゼントするんだけど、エドワードは科学者として人工血液の開発に取り組みながら、生きたままの人間の動脈に針を刺して血を抜き続ける行為とか、人体実験をして生きた吸血鬼を殺すこととかに嫌気がさしていて、生血なんかもうずーっと飲んでいない。「いらない。そんなものは捨てろ」と言うエドワードに、人間をハントすることを生業としているフランキーは、

善人ぶるな!お前だって生きた人間を家畜にしているような会社で働いてるんだろ!これを飲まなきゃ生きていけないんじゃないか!

みたいに言い合いになるのよね。これって、最近の『ザ・コーヴ』のイルカ漁の問題とか、『Food, Inc.』でも取り上げられていた「家畜に対する非人間的な扱い」とかの問題を、「吸血鬼が人間を家畜化」するって形で問いかけていて面白い。

言い忘れたけど、吸血鬼は飢えるともっと野蛮な吸血鬼に変化しちゃうんだけど、この野蛮なのは顔がグロテスクで、コウモリみたいな形になっちゃうのね。で、そうなる予兆が、耳が尖ってくるんだけど、生血を飲んでないエドワードの耳が尖ってきて、「あなた、生血を飲んでいないでしょ?」とエルビスの仲間である人間が、自分の手を切って血を飲ませてくれる、ってシーンがあったりして、この「吸血鬼は飢えるともっと野蛮な吸血鬼に変化しちゃう」っていう設定が、単にグロい、スプラッター的な生き物を見せたいだけじゃない、ちゃんと伏線になってたりしてなかなかブリリアント。

(それにしても、こういう設定とか、あと、義兄弟の約束を血で交わす、とかいう時に、ナイフで手のひらを切る描写って多いけど、手ってしょっちゅう使うところなのに、なんでだろ?色々不便だし、感染とかし安くなると思わん?)

あと、人工血液を開発して一儲けしたい大企業は、みんな人間に戻っちゃったら儲けられないので、なんとしてもそれは阻止しようとする。これは、完治する薬を作る科学は進んでいるのに、金儲けのために人を病気にして置くような、現代のいわゆる大企業の「お金儲けのためなら何でもアリ」みたいな体質を表現していますよね。

やっぱ、さすがイー様よ。スプラッター・ヴァンパイアもんでもそれなりに内容のある映画に出るね~。でもアレだよね、この手の映画って結構いいもの多いよね。多いっていうか、『28週間後』なんて、思ってたより全然クオリティ高かったし、『28日後・・・』もすごいクオリティ高かったし。

オススメですっ!
スポンサーサイト
★おすすめ映画★ | コメント(5) | 【2010/06/05 03:27】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『THIS IS IT』-舞台裏とMJの人柄が興味深い
This Is It

宇多丸さんとか、西寺郷太さんとかが、「ミュージシャンとしてのマイケルが観れてオススメです!」みたいなこと言っていたので、すごく興味ありました。この手の、歌って踊れてカリスマがある人って、裏に仕掛け人がいて本人は操り人形ってケースもすっごく多いので、マイケル・ジャクソンも、才能のあるミュージシャンでありアーティストである、ってのはあまり意識したことなかったし。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 2009
Director: Kenny Ortega
リハで指示出したり、バンドの人たちと曲のことについてディスカッションする姿見ると、「ああ~やっぱ本当に才能ある人だったんだなあ」と思う。私がバンドやってた頃、レコードとか聴いては「なんでこんな曲が創れるんだろう、こういう発想ってどっから出てくるんだろう」っていっつも思ってたのだけど、まず「こういう発想がわからない」っていう時点で、私って音楽の才能全くない、と思ったのね。

だからマイケルが口ベースでベースの人に指示出しているところとか、バックの音楽より先に歌って、楽器がマイケルについてくるところとか観ると、マイケルはやっぱ音楽わかってるんだな~と思った。宇多丸さんとかはミュージシャンだから、「あれって、ボクらもリハでやってること」って親近感を感じたみたいだけど、アタシ的にはああいうリハのシーンを見るって、「わー、すごいな~」って思う。別にマイケルじゃなくてもね。

あと、マイケルって、「こうこう、こういうところが気に入らないんだよ」ってミュージシャンに言う時、言い方に気を使ってて、「with love, with love」って必ず最後につけるんだよね。自分が雇ってるんだから「こうしろよ!」みたいんじゃなくて、すっごい気を使っているところが偉いなあ、っていうか、この人って、小さい時からスーパースターだったわけじゃん?一度でも「スーパースターのエゴ」みたいになったことあったのかしら?と思ったね。最初はエゴイストだったけど、大人になるにつれて色々学んで、現在のようにおだやかにになったのか、元々こういう人だったのか。はたまた、カメラが回っていたからなのか。

この映画の監督にもなってるケニー・オルテガさんって人、この人は、このショウのディレクターって肩書きになっているようなんだけど、ショウのディレクターってこういう仕事なのか!ってなんか面白かった。マイケルが、客席に伸びていくゴンドラに試乗するとき、いきなり音楽も入れてリハしようとするんだけど、オルテガさんが、

「セーフティ・ファーストで。まずは、何もしないでただ乗ってみて」

っていうと、マイケルが「いや、音楽も入れよう」みたいにちょっとゴネるんだけど、説得して、「安全第一で、まずは試乗だけしよう、サンキュー、マイケル」って言ったりとか、モニターの音だか、イヤホンの音だかが「こんな風に聞こえるのはイヤだ」かなんかマイケルが言うと、オルテガさんが担当の人に

「何々さん、なんちゃらはどうなってる?」で、また別の人に「こっちのなんちゃらは?」って、コーディネートして、「マイケル、こうこうこうなっているから、大丈夫だ、どう?」って言ってマイケルがOK出すと、「オッケー。じゃあ、どこから始めたいですか?」ってマイケルに聞いて、マイケルが「こっから」って言うと、みんなに、「じゃあ、どこそこから演奏始めてください」みたいに周りに指示を出す、って感じで、通訳というか、みんなのまとめ役というか、ディレクターって文字どおり「指示する人」って意味なんだなあ~と深~く実感。アーティストとして音楽とかダンスとかもわかってないとダメなんだろうけど、それよりこの「まとめ役」としての才能が大事なんだろうな~なんて思って観てました。

便宜上、オルテガさんとかが「マイケル」って呼んでるみたいに書いたけど、みんな「MJ」って呼ぶんだよね、本当は。これって「マイケル」って「太郎さん」みたいにたくさんいるからかなあ。実はうちの会社にも「MJ」っていて、それは「マーク」って名前のヤツが二人いるので、あとからきた「マーク」は、名前と苗字の頭文字を取ってMJって呼ばれてる(ってか、アタシが呼び始めたって説もあるんだけど、思い出せない)。

あと、冒頭にショウのダンサー達がカメラに向かってマイケルに対する思いを語るシーンがあるんだけど、「マイケルに向かって語ってください」って言われているらしく、「今日のボクがあるのは、あなたの踊りを観たからなんです・・・」とか言ってるんだけど、言いながら、もしくは言おうとして、感極まってむせちゃったりしてる子もいて、すんごいファンなんだなと思った。一人女の子が、「小さい時『スリラー』を見て、『すっげえかっこいい』と思った」って言ってて、そういう流れでダンス始めて~、っていうんだったら、大きくなってマイケルと同じステージに上がるってのは、すんごい感慨深いんだろうなあ。

このダンサーくんたちが踊っているところは、練習のシーンも含めてすっごい良かったなあ。マイケルがどんなにうまく踊っても、もう「マイケルが上手いに決まってんじゃん」ってのもあるし、また、マイケルのスタイルって固まっているっていうか、あんまり感動しないんだけど、若い子たちは、躍動感があってすごいエネルギーがあって良かった。それに、自分もエアロビクスとかやるようになってから、ああいうダンサーたちが軽々やっていることが実はどんだけ大変かって身体でわかるようになったので、余計に感心してしまった。

でも、マイケル・ジャクソンも50歳過ぎてるんでしょ?若いよね~!なんか、今や年齢ってなに?って感じだよね。すっごい痩せてるし、中年太りなんか全くしてなさそう。跳んだり跳ねたりっていうダンスしていたわけじゃないけど、あそこまで体型を保っているって言うだけですごい。何食って生きてるんだろう、マジで。

で、まあ興味深かったんですけど、最後まで観れなかった。オリアンティだっけ?この娘がすごいカッコいいって聞いてたんで、それも観たいと思ってたんだけど、この娘が出てきた後のEarth Song?だかなんかになったら途端に退屈になって、止めちゃったよ。

オリアンティがフィーチャーされているのは『Beat It』に違いない、と思ったらやっぱりそうで、エディ・ヴァンヘイレンのソロを弾くのかよって思ったら本当に弾いてて、すっごいやるじゃん!カッコいいじゃん!って思った。で、『Black & White』でも、マイケルにくっついて歩いてて、「ああ~この曲もあったか」みたいな。

でも、話題になってた「もっと高い音!ここは君が輝くところ」って場面、マイケルが「あー!」って言うと、オリアンティが「きぃきぃ~ん」って弾く、掛け合いなんだけど、オリアンティ、マイケルが出してる音と違う音出してて、マイケルの方がオリアンティに合わせてるんだけど、そういうもん?普通、ボーカルの出した音そのまま弾けるものなんじゃないの?なんかここがちょっと「??」って思ったけど、まあ私はギター弾けないからなんとも言えませんが。

だからまあ感想としては、面白かったけどそれほどでもなかったかなあ。ファンで、曲とかもっと知っていればすっごいいいのかもしれないけど、超流行ってた80年代以降のマイケルなんか全然知らない私にとっては、ちょっと長過ぎるフィルムだった。ライブのシーンも、限りなく本番に近いのだろうけど所詮リハだし、いや、ファンじゃない私にとってはリハの方が舞台裏が見れて面白いか。もしマイケルが生きてこのショウをやって、ものすごい話題になってライブのDVDが出ても、多分借りて観ようなんて思わないだろうからなあ。
ドキュメンタリー映画 | コメント(2) | 【2010/01/29 05:29】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。