スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団』-キックアスより面白い
Scott Pilgrim vs. the World

これ実は何ヶ月も前に観てたんだけど、そん時書くの面倒くさくて放置してましたが、すっげえ面白いです。『キックアス』は寝ちゃったのに、こっちはもう、ワクワクドキドキで観ちゃいました。

Scott Prilgrim
Produced: 2010
Director: Edgar Wright
Writing Credits: Michael Bacall, Edgar Wright, Bryan Lee O'Malley
Cast:
Scott Pilgrim: Michael Cera
Kim Pine: Alison Pill
Knives Chau: Ellen Wong
Stacy Pilgrim: Anna Kendrick
何がいいって、超死ぬほど馬鹿馬鹿しいプロットなのに、リアルだし泣かせるし、キャラは立ってるし、成長もあるという、良い映画のゴールデン・ルールが満たされている。主人公のスコット・ピルグリム(マイケル・セラの超ハマり役)は、別にイケメンでもないんだけど、結構いつも彼女がいて、しかもいや~な感じに振ったりするのよね。普通、「普通の男の子」キャラって言うと、女の子に翻弄されて、「可哀想に」ってタイプが多いけど、現実ではこの手の男の子でも、テキトーに女の子と付き合って、本気でなければポイと捨てたりするじゃん。

このトゥエンティ・サムシングに惚れてしまうのが、アジア系のフツーの高校生ナイヴス・チャウ(エレン・ウォング)。この、アジア系の女の子が自然に彼女候補に上がってくるのが、結構最近のアメリカっていうか、この話はカナダが舞台なんだけど、「北米」では、アジア系の女の子が白人の男の子と付き合っているのって結構普通になってきたなあ、っていうのが体現されていて興味深い。

そんだけ普通のことであるにも関わらず、スコットのバンドのメンバーが「ナイヴス・チャウ?どんな名前だよ」って言うのが、リアルで可笑しい。で、スコットのバンドのドラマーが女の子で、アリソン・ピルが演じているんだけど、これがまたその辺にごろごろいそうな感じでいいんだよな~。しかもスコットと昔付き合っていたという。女の子が当然のようにバンドをやるようになってからは、恋愛が終わったからってバンドを解散するってわけにもいかず、こういう関係って増えてきているからそれも面白い。

これは原作が漫画らしく、映画でも擬態語がテロップでマンガちっくに流れてきたりするのだけど、普通だと私はこういうの馬鹿っぽくて嫌いなのだけど、この映画は結構ハマってて面白いの。

で、スコットがナイヴスちゃんとと付き合っているにも関わらず、パーティで見かけた女の子に本気で惚れてしまう。で、その娘のことばかり考えてて、ナイヴスちゃんに「アイ・ラブ・ユー」って言われてぞわ~っときたり、なんかこの頃の恋愛ってこういうの良くあって、切ないなあって思わされる。なんかさ、こういう忘れていた感情をストレートに思い出させてくれる映画ってのは、やっぱりキャラ描写とかが上手いんだと思うのよ。それにその描き方がまたマンガちっくで笑えるんだけど、同時にきちんとその切なさも表現しているという、なんともきちんと作られている映画だなあって感じがするの。

きちんとしていると言えば、スコットは、本気で惚れた娘の「邪悪な元カレ」たちを倒さないと彼女と一緒になれない、っていう設定で、元カレたちとの戦いのシーンがすっごい多いんだけど、これがいいんだよ!こんなアホみたいな設定なのに、アクション・シーン、めちゃくちゃ真面目にやってんの。マーシャルアーツもきちんとやってるし、もの壊したりとかいうダイナミックさとか。特にマイケル・セラって、この子すごい運動神経いいんじゃないかと思った。

でも、勝ち方が超マンガで、パンチして月まで飛んで行っちゃったりとか、馬鹿馬鹿しいことこの上ないのがまた爽やかでいいんだな。

それと、最近の映画の特徴で、ヴィーガン・レフェレンスとかも出てくる。

で、彼氏を取られたくないナイヴスちゃんは、すっごいマーシャルアーツ上手いんだけど悪役になってしまい、「あーやっぱり白人じゃないと悪役にされるのか」と思ったら、最後、成長して終わるってのが泣かせる。あとバンドも、有名になるってどういうことか、とかそういうのが描かれていて、なんだか考えさせられたり。

超おススメです!
スポンサーサイト
オススメですっ! | コメント(3) | 【2011/02/28 01:44】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『スペル』-サム・ライミ・ワールド初体験
Drag Me to Hell

正直なところ、「これがすごいのか~」って感じでしたよ。確か、町山さんは「爆笑ホラーだけど、重いテーマが隠されている」って言ってたし、宇多丸さんも「結構いい」って言ってたと思うんですが(大絶賛はしてなかったはず)、私はこの手の映画は良く知らないし、『スパイダーマン』を除いたら、サム・ライミって初体験かも。

drag me to hell
Produced: 2009
Director: Sam Raimi
Writing Credits: Sam Raimi, Ivan Raimi
Cast:
Christine Brown: Alison Lohman
Clay Dalton: Justine Long
Sylvia Ganush: Lorna Raver
Shaun San Dena: Adriana Barraza
もっとさー、すっげー怖いのとか、ぶっちゃけ気持ち悪いのとかも期待してたのよ。なんかやたらと吐瀉物みたいのは出てくるのですが、特に本物っぽく見せようとしているのでもなく、漫画チックで、笑っちゃうけど怖くもキモくもなかった。主人公の女の子が血を吐くところなんか、口からどばー!っと出てきて、怖がるべきか、気持ち悪がるべきか、悩んでしまったよ。あと、襲ってくるおばあさんに、上から物を落として頭をかち割るんだけど、目がぐちゃっと飛び出てきて、主人公の女の子の顔にびちゃ!って張り付くとことか、一緒に観ていたDくんは「わー!ぎゃははは」って面白がってたけど、アタシは「ふーん」って。サム・ライミってどっちかっていうと男子系なのかなあ。あと、最後(ここからネタバレですので、気をつけてください)に、女の子が地獄に引き摺り込まれるところも、顔が変わっていくところがモロ漫画じゃん!!あそこ、怖いシーンじゃないの?!ギャグでやっているのか、本気なのか、計り知れない。

主人公の女の子がうっすらとブスなのとかも、計算なのかしら。なんか、「B級感」を出そう!ってがんばっているように見受けられた。あ、唯一「面白い!」って思ったのは、なんか霊媒師みたいなおばさんのとこで悪魔祓いしてもらうところ?ラミアって悪魔が乗り移って、空中に浮いたり、ここ結構見せ場っぽくて面白かったな。この霊媒師の役のアドリアナ・バラーザって人、いいなあ!って思って良く考えたら、『バベル』に出てたメキシコ人のおばさんだった。どっかで観たことあると思った。

あと、ラミアって、アイアン・メイデンの歌に出てくるんだよね。『Prodigal Son』って、『キラーズ』に入っているメイデン唯一のアコースティック・ソング(唯一だと思うのだが)が、ラミアに救いを求める歌詞なので、ラミアって天使かなんかと思っていたら、この映画ではすっごいパワフルなワル~い悪魔として描かれている。

町山さんが言うところの「重いテーマ」って、主人公の女の子が、自分の昇進のためにおばあさんの窮地を救ってあげなかったところなのかなあ。それって結構安っぽいモラルだな~と思ったんだけど。だって、救ってもらえなかったからって、呪いをかけるばあさんの方もどうよ、って思わん?それに呪いって、特殊技術じゃん!アタシがローンの返済待ってもらえなくても、呪いをかけたりできないよ!それとも町山さんお得意の、「実はこれはキリスト教ではなんちゃらです!」みたいな話が隠されているのかなあ。

まあ~どちらにしろ、私はこういうの見慣れないから何が面白いのかも全然わかんないし、ちょっと肩透かし。ジャスティン・ロングも冴えなかったしさ~。

Key Words
サム・ライミ アリソン・ローマン ジャスティン・ロング ローナ・レイヴァー アドリアナ・バラーザ
ホラー映画 | コメント(4) | 【2009/12/28 15:49】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『Smart People』-こういう映画キライ
Smart People

会社の映画友達に、「『Smart People』面白くなかったよ~」って言ったら、

「知らない。誰が出てるの?」と訊かれたので、

デニス・クエイドサラ・ジェシカ・パーカーエレン・ペイジ」と答えたら、

「そんなもん、借りんなよ!」って、やっぱりそうか~。

smart people
Produced: 2008
Director: Noam Murro
Writing Credits: Mark Poirier
Cast:
Lawrence: Dennis Quaid
Janet: Sarah Jessica Parker
Chuck: Thomas Haden Church
Vanessa: Ellen Page
James: Ashton Holmes
でもさ、エレン・ペイジはやっぱ、なんだかんだ言いながら期待していたのだがな。サラ・ジェシカ・パーカーは、女優と言うよりセレブだろ、とかなりバカにしていたのだが、正直言ってこの人が出ている映画を1本も観たことがないので、観もしないで偏見持つのもなんだかな、と思って。それにこんな老け顔で、全然キレイと思わないのになぜ美人セレブ扱いされているのか、その秘密も知りたかったし。

デニス・クエイドはまー、どーでも良かったんだけど、この人が人間嫌いで愛想悪くて、生徒のこと考えないし、他人のこと頭悪いとバカにしている、あす・ほーるな主人公、大学教授のローレンスを演じています。

高校生の娘・バネッサ(エレン・ペイジ)と、大学生の息子ジェームス(アシュトン・ホームス)がいるんだけど、バネッサは父親似で勉強ばかりし、他人をバカにするので友達もなく。ジェームスは、ただひたすら父親と疎遠。

そこへ、いい年してまともな仕事にも就けない、住むところもないローレンスの弟、チャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)が転がり込んでくる。

偶然にもこの映画をノア・バームバック監督・脚本の『マーゴット・ウェディング』とバック・トゥ・バックで観たんだけど、このローレンスってお父さん、同じくノア・バームバックが監督・脚本した『イカとクジラ』のどーしょもないお父さんにそっくりだな。大学教授で、他人をバカにしていて、そのくせ本を出そうとしてもどこの出版社にも断られる。この映画では娘がお父さんそっくりだけど、『イカ』では長男が、やっぱりお父さんに認められたくて、お父さんそっくりに他人を批判したりこき下ろしたりする。『イカ』からパクったんじゃねーか?

徹底的に『イカ』と違うのは、このお父さんがどーしょうもないのに、原因と対策があるところかな。原因=奥さんに先立たれたから。対策=新しい恋をして、子供ができたら、瞬く間にいい人になった。

つまんない話だよなー。『イカ』が面白かったのは、あのお父さんが本当にどーしょうもなくて、子供たちはそれにいいように振り回されて、最後に長男が「ああ、これはどうにもならない、自分でがんばっていくしかないんだ」と気が付いた、らしいけど、本当にどうにかなるかもわからない、ぶっちゃけ小さい弟なんか、あのままちょっとオカシイ人になってしまうかもしれない、というところにリアリティがあったからなんだよね。

こっちはさ、ローレンスが最後、いい人になっちゃうんだよね。最初は、教えている大学のクラスで生徒の名前を覚える気がないので、名札をつけさせるのだけど、子供ができてからは、きちんと出席を取るようになる、とかさ。

それとか、ローレンスのしょーもない弟のチャックが実はアーティスト・タイプで、金も家もないような生活をしているのは自由奔放だからであって、実はすごく頭がいいという設定になっていて、そのチャックが、高校生らしく悪いこともせず、父親から認められたいがために勉強ばかりしているバネッサに「人生を楽しむことを教える」というのがまたあきれる。バネッサが勉強しているのにわざとくだらない映画とかかけて、マリファナを吸わせて、バーに連れて行って酔っ払わせたり。

私こういう映画、ご都合主義でつまらないと思うんだけど、それよりも許せないのって、バネッサみたいな子を変えようとするところなんだよね。「高校生らしい」とか誰が決めるの?バネッサの人生が楽しくない、って、誰が判断するの?勉強するよりマリファナやってパーティ三昧している高校生の方が人生楽しんでるとは限らないじゃん。

ローレンスもそうなんだよね。『イカ』のお父さんがエキセントリックだったのは、文学だのなんだの教えてる大学教授だからちょっと変わってるんだけどさ、ローレンスは奥さんが亡くなったせいで傷ついて、寂しかったんだと。性善説なわけですよね。人間悪い人はいない、みんな良い人だ。ただ、辛いことがあったりすると、悪い人になってしまうけれども、幸せになれば、良い人になれるんだ。

そうだと思う?

私は賛成できないなあ。こじつけとしか思えない。しかも新しく恋をして、子供ができたら人が変わるという・・・・。つか、恋とか子供で人が変わるってことを本当に信じているか、目の当たりにした人が、「そうなんだよ!」って言ってる映画だったら説得力あると思うんだけど、この映画は、「恋」とか「子供」とか「家族」がまあだいたい一般的な人にウケるから、という理由でしかないと思う。だから登場人物にも説得力ないし。

私、こういう映画はキライだ。人間に対して洞察がないんだったら、人間描かないで欲しいよ。洞察してこういうのになっちゃうんだったら、映画作る才能ないんだと思うし。もしくは、「一般の人が面白がるのはこの程度」って思うのだったら、客をナメてるし。どう転んでもキライだ!

エレン・ペイジの出演作品一覧

映画 デニス・クエイド サラ・ジェシカ・パーカー エレン・ペイジ トーマス・ヘイデン・チャーチ
日本未公開映画 | コメント(2) | 【2008/10/12 23:34】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
クライブ・オーウェンがすんごいセクシーなの!『すべてはその朝始まった』
Derailed

グッド・ガール』でジェイク・ジレンホールと浮気しちゃったジェニファー・アニストン、今回はクライブ・オーウェンと不倫。ワタクシのお気に入りばっか食ってんじゃねーよこのSlut!と怒っちゃうところなんですが、私、ジェニファー・アニストン好きなんで許しちゃいます。

ジェニファー・アニストンって、顔が可愛いし、身体もスゲーきれいじゃーん。アンジェリーナ・ジョリーよりよっぽどセクシーだと思うんだけど、なんでイマイチ人気出ないのか、この映画を観るとなんとなくその理由がわかった気がした。

derailed.jpg
dvd 発売は9月21日
CAST & CREDITS
Produced: 2005
Directed by: Mikael Hafstron
Writing credits: Stuart Beattie, James Siegel
Cast:
Charles: Clive Owen
Lucinda: Jennifer Aniston
Winston: RZA
なんかね、おばさんくさい時があるんだよ。ミョーに落ち着いているというかさ・・・。クライブ・オーウェンのズボンを脱がすシーンでのあのテキパキとした手の動きが、不倫してると言うより看護婦さんのようだったし、はだけたブラウスからブラが見えててすごいセクシーな格好で、頭に銃を突きつけられたときの怯えた顔が、どっかのおばさんがマリリン・マンソン見て「なんなの、あの子はっ」と言ってるような顔で、セクシーとは程遠い。

そこへ行くと、クライブ・オーウェンは、いいねえ。匂ってますよ、プンプンと!一見、幸せそうな結婚生活、しかし夫婦仲は冷めていて、ティーン・エイジャーの1人娘は重度の糖尿病。仕事もちょっぴり上手く行かない。いろんな心配、いろんな苦悩。いいなー哀愁だなー。浮気してぇなぁこういう男と!!

だいたい、設定がいいじゃない。シカゴの郊外に住んでいるチャーリー(クライブ・オーウェン)は、電車でシティまで毎朝通っていて、その電車の中でルシンダ(ジェニファー・アニストン)に出会う。二人はお互いの娘の写真を見せ合い、ランチの約束をし、次はデイナー、次は飲みに行く・・・。ディナーの席で、お互い携帯を取り出し、自分の妻/夫に「今日、残業で遅くなるから・・・」と電話をかけるとき、もう二人ともホルモンがどっくんどっくん出っ放しという感じ!!

だけど「さー、はりきってヤリましょー!」という感じじゃなくて、そこはやっぱりお互い悪いことしてるというのはわかっていて、「どうしようかな・・・」と思っているんだけど、それがまた余計にやらしい妄想を掻きたて、さらにホルモン大放出となり、とうとうホテルへ行ってしまうのだ!

いやー、そんでさー、さっき言ったルシンダがチャーリーのズボンを脱がすシーンなんだけど、二人はベッドに倒れこみ、濃厚にまさぐり合い、ルシンダが上になり、下にすすーっと下がって行く・・・するとチャーリーは、「あ、い、いかん、そそんなことをしてはっ」といわんばかりにがばっと起き上がって、ルシンダにキスする・・・。か、可愛い~!ルシンダも、私と同じように思ったようで、目で「リラックスして・・・」とたしなめ、看護婦さんのような色気ない手つきでズボンを脱がし始めるのだが・・・・・。

クライブ・オーウェンは、ヴィゴ・モーテンセンと一緒で、観れば観るほど好きになって行くタイプの男だね。最初、『クローサー』で観たときはなんとも思わなかったけど(まあ役柄も役柄だったし)、『インサイド・マン』で観た時は少しかっこいいと思った。で、この『すべてはその朝始まった』ではもー蹂躙してくださいって感じです。

彼とジェニファー・アニストン、両方とも好演しているんだけど、もう1人良かったのは、RZA。この人は『コーヒー&シガレッツ』でもいい味だしてたけど、この映画では、チャーリーが勤める大企業でメイル・マンとして働いているウィンストンを演じている。チャーリーとは軽口を叩き合うような仲で、ヒジョーに重要な役どころなのだか、ネタバレになっちゃうので言わない。

ストーリーは、単なる浮気モノではなく、スリラーなんだよね。ま、RZAが絡んでくるというあたりで、勘のいい人はこれがクライム・スリラーだってことは、想像つくかもしれないけど。でもはっきり言ってワタクシにとっては、前半30分の浮気シーンが後半のスリラーを上回っちゃったね!【04/15/06】

Related Article
■クライブ・オーウェンの映画偉人伝
■RZAの映画偉人伝

Key Words 映画 クライブ・オーウェン すべてはその朝始まった RZA

クライブ・オーウェンのDVD
シン・シティ』にも出てるんだよね。なんか印象薄いけど。
★☆今から見たい映画☆★ | コメント(7) | 【2006/06/22 00:13】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。